人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

財政再建はもうあきらめたのか

何だか政府はもう財政再建をあきらめたような感じになってきました。
政府がお金を使えば経済成長できるし、税収も増大して財政赤字も何とかなると言いだしています。

いつか来た道で、バラ色の未来を想定して失敗を繰り返してきたのに再び同じ轍を踏みつつあります。
今まで何度も経済成長に失敗してきたのにどうして今回はうまく行くと言えるのか不思議です。
国の借金の膨張はバブル崩壊後に特にひどくなっています。
バブル崩壊後に借金を膨らませて経済対策などを行っても大した成長ではありませんでした。
今度はうまくやれるという根拠がよく分かりません。

年金問題でもそうですが、とりあえず政府はバラ色の未来を描いて問題を先送りします。
今回も潜在成長率を上回る成長率を想定し、税収弾性値を引き上げたりといつものことながら数字をいじっています。
バブル崩壊後の金融の後始末の決断が遅れたときのように問題を先送りしてうまく行くことはありません。

残念ながら超がつく金融緩和をしても実質成長率は低空飛行です。
この程度の景気回復なら通常の景気循環の範囲内なのではないかとも思います。
日銀が国債を大量に買って、株やリートまで買っている状態が健全な状態であるはずがありません。
特に株価が2万円をこえていても日銀が株を買い続けるのはバブルを誘発しないか心配です。

来年は技術的に80兆円もの国債を買うのが難しくなってくると言われています。
もし物価上昇が2%に近づくようなことがあれば出口戦略も意識されることでしょう。
緩和が大きければ大きいほどその巻き戻しも大きくなります。

物価が上がったときに果たしてうまく金利を抑え続けることができるのでしょうか。
短期間であれば可能でしょうが、長期間にわたって抑える必要があります。
仮に金融抑圧に成功したとしても当然国民の購買力はそれだけ低下します。
いずれにしろ問題を先送りするとその分国民生活への影響は大きくなります。

素人考えですが、日本の財政はそう簡単には破綻しないと思っています。
経常収支が黒字の間は理屈では民間から国へと資金を移動させることが可能です。
日本はまだ世界一の債権国なので当分は大丈夫でしょう。
またいよいよとなれば強烈な歳出削減と増税をするでしょう。
ギリシャ人は簡単に根を上げましたが、日本人は意外と我慢するかもしれません。
太平洋戦争を我慢した国民性はまだまだ残っているのではないでしょうか。

私自身の生活については楽観的です。
あと何とか10年持ってくれればもう50歳を超えています。
そこまで行けば残りの人生は貧しい引きこもり生活でも満足です。
消費税が40%ぐらいになっても、資産が三分の一ぐらいになっても何とかなるでしょう。
もし財政破たんが国内の資金移動で賄えるとするなら生活レベルが昭和に戻るくらいに考えればいいのだと思います。
別に高度な医療を受けたいとも思いません。

それにしてもそろそろ国家が主役の時代は終わらないものでしょうか。
成熟した経済で国家が主導する経済なんてうまく行くようには思えません。
国の借金が膨らむということはそれだけ国家が資金を使っているということです。
現在私の家の近所で当初予算を大幅にオーバーして運営も赤字決定の箱モノが作られています。
区役所の増えていく退職者の天下り先を作るためだなんて噂が流れていますが、少なくとも区民は望んでいないでしょう。
国立競技場もそうですが、こんなことができるのは国が使う資金が多すぎるのです。
それでも東京に来て大阪よりは大分ましだなあと思っているのですが。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/07/05 12:01 ] 社会 | TB(0) | CM(10)
はじめまして。
財政再建といっても、20年前ならともかく、今となっては一年に1兆円ずつ返済しても(金利を考慮しなくても)1000年かかるほど債務が膨れ上がっているわけですし、そもそも返済どころか赤字体質が解消してないしで、インフレしかハードランディングを回避する道は残されていないわけですからね。また、数字をいじってでも消費者心理を冷え込ませるのを回避しようと政府が試みるのは、全体最適解として真実を正面から告げるよりマシだと思います。だいいち、ほとんどの人は真実など直視したくないでしょう。多数が好むことが即ち正義です。民主主義的ですね。
私も昔は財政の不均衡を増税と歳出削減で正すべきだと強く考えていましたが、歳をとったせいですかね、もうあまり興味なくなりました。
[ 2015/07/06 17:08 ] [ 編集 ]
>nekokutiさん

はじめまして。
20年前なら何とかなったのでしょうね。
じわじわ来るのかハードランディングをするのかは分かりませんが、ソフトランディングはもう難しいのでしょうね。
年を取ると残り時間が少なくなるのでその分破たんリスクが小さくなりますからね。
私も自分の生活への影響は気にしなくなりつつあり、経済学的な実験としてどうなるのかという興味になっています。
[ 2015/07/06 23:35 ] [ 編集 ]
私も日本の財政がどうでもよくなってきました。
もはや自浄作用のないこの国にはどうすることもできず、延命治療を施しながらどこまでもつか、という段階に入ってると思います。
これでも若い頃は、ああしたほうがいい、こう効率化すれば、なんて話していたんですけどね。日本の国家運営は民主主義がダメになったらこうなる、みたいな例になっていますね。
大阪都構想の否決もがっかりする反面、やっぱりね、という受け止め方でしたから。
[ 2015/07/08 23:11 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

どこの国も似たようなものなのでしょうけどね。
大阪もそうですけど既得権益層がそのまま権力に直結する仕組みが崩壊しない限り変わらなそうですね。
崩壊するのは本当にインフレや財政破たんの時でしょうけど。
でも私は安倍政権による政策の最終的な結末が非常に楽しみになってきています。
[ 2015/07/09 00:40 ] [ 編集 ]
どこの国も似たようなものって何ですかそれ?
日本政府が国民を安心させる為に流してるデマですよ。
信じちゃってるんですね。
お大事に。
[ 2015/07/10 00:23 ] [ 編集 ]
>わたしさん

うーん。
悪口や批判は構わないのですがもう少し意味するところが伝わるようなコメントにして頂けたらと。

これでは2ちゃんやヤフー掲示板などに生息してそうな痛い人だなとしか思ってもらえないですよ。
[ 2015/07/10 23:53 ] [ 編集 ]
じゃあ「どこの国も似たようなもの」っていう考えの出所は何ですか?
まさか世界中廻って見て来た訳じゃ無いでしょう?
ネットで良く見るからじゃないんでしょうか?
ネットで良く見る理由は、日本政府が国民を安心させる為にネットにいっぱい「どこの国も似たようなもの」って書いてるからです。
わたしもバイトで書いてもした。
どこの国も似たようなものなんかじゃありませんよ。
世界中廻って見て来た人が教えてやってんのに。
間違いを指摘されると攻撃されたと感じちゃって、指摘した人を否定するっていう性質は凄く損ですよ。
一生間違いを直せないわけですから。
[ 2015/07/11 02:16 ] [ 編集 ]
>わたしさん

うーん。ですから頭に浮かんだことをそのまま言葉にするのではなく、相手に伝わる言葉に変換しないとこちらとしては何が言いたいのか分からないですよ。
間違いを指摘されると私は嬉しいのですが、その内容が伝わっていないので何を指摘されているか分からないわけです。

>どこの国も似たようなものって何ですかそれ?

どこの国も似たようなものの内容を一体どのようにとらえていますか。
私は前のコメントの「自浄作用のない国・・」を受けたつもりですが、この内容では漠然としすぎていて一体どんなデマを信じているとされているのか分かりません。

じゃあ財政再建のことかというとこれは私は相当悲観的と言っているのですから安心させるためのデマを信じてないわけですし、そもそも日本が他国より財政状態が悪いとされているのは一般的なことですし。

私はいったいどんな種類のデマを信じているんだろう?となりますよね。

私はリタイア関連と経済ニュースぐらいしか見ないのでそのデマというものがどんなものかよく知らないので、日本政府がネットに書き込ませている内容を教えてもらえますか。

>わたしもバイトで書いてもした。

これはものすごく興味があります。
一体日本政府はどのぐらいの予算を使って国民を安心させるためのデマを書かせていて、どの程度の効果があるのか、わかる範囲、言える範囲でよいので教えていただけませんか。
バイトということは機密保持誓約とかはやっぱりあるのですか。
政策の効果、費用対効果はどうなのか無茶苦茶興味があります。

>世界中廻って見て来た人が教えてやってんのに。

素晴らしいですね。
世界中廻って教えてやれるということは相当な人物ですね。
私なんぞは東京中廻っていますが、東京のことが分かったなんてとても言えないです。
もちろん外国はせいぜいバックパッカーをしてきただけなのでとてもじゃないけど人に教えられるなんて域には達していないです。
そこまでの人物であればできれば日本政府のデマを流すバイトよりは日本のために何らかの活動をして頂きたいものです。
日本の損失ですから。
[ 2015/07/11 18:12 ] [ 編集 ]
ブログ拝見しております。
深いです。やはり、能力のある方ほど、先が読めてしまうものなのかと感じております。。

参考までに教えていただきたいのですが
振り返ってみて、やはり若いうちは仕事を頑張り、早期退職で35から40歳くらいでセミリタイアというのが理想ということでしょうか?
[ 2015/07/12 19:24 ] [ 編集 ]
>ぶんさん

仕事がよほど嫌でなければ若いうちは仕事を頑張ったほうが良いと思います。
仕事でないと得られない経験は沢山ありますし、頑張れば収入も上がりますから。
そして仕事への興味や気力がなくなるころで、残りの人生の時間も気になる40歳でリタイアがベストだと思います。
早期退職制度があればいうことありませんね。

何より大切なのは20代から資産形成を始めることだと思います。
私は30半ばからだったのでそこそこ収入があったのにかなり遅れてしまいました。
[ 2015/07/13 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方