人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

残された人生が多くないと気づくとき

小学校の頃は自分の人生は有限だと考えることはありませんでした。
高校生の頃は死というものを意識し始めてはいましたが、少なくとも老衰や病気で死ぬのは遠い未来のことだと思っていました。
30歳になっても自分の時間が限られているとを考えることはありませんでした。
まだまだ気力も体力も充実していてこの状態が少なくとも50歳ぐらいまでは続くと疑っていませんでした。

40歳を超えた今は自分に残された時間の有限性を強く感じています。
老化をはっきりと感じ始めているからだと思います。
老眼が始まり、体力が低下しているのを実感するようになってしまいました。
特に好奇心がなくなってきています。
私はそれなりに活動的な人間だったと思います。
それが今ではバックパッカーにすら興味を失いつつあり、外国旅行がきつくなった後の計画として考えていた全国47都道府県で暮らす計画や、日本の海岸線を歩いて一周する計画など全てもうどうでもいい気分になっています。
東京のこの居心地のいい部屋でのんびり平穏無事な生活の老後でよいと思っています。

余命1年と告げられて残りの人生をどう過ごすかというような小説などがあります。
どのように生きることが価値ある人生かと人生で初めて問います。
しかし生まれたときに余命が80年とすでに告げられているわけです。
本来は1つ年を取るごとに余命が1年少なくなるのですから常に自分の残り時間を考えなければなりません。
にも関わらず大抵の人は残り時間が少なくなってから、突然に実はあなたの人生は有限だったのだよと言われることになります。
その時になって初めて自分の残りの人生について考えることになるのです。

私の場合も老いを感じ始めてようやく人生の有限性について考え始めることができたと思います。
しかし残念ながら自分の人生を価値あるものにするにはどうしたらいいのかは分からないですし、そもそも価値のある人生なんて求めていません。
小説などでは家族や社会に対して最後に何ができるか、自分が生きた証をどのように残すかなどと問います。
私はそのようなことは全く思いませんので結局は自分が楽しいと思えることだけに集中したいという答えしかありません。
あとはできうるなら100歳まで生きて世の中がどのように変わっていくかを傍観していたいと思っています。

世の人はいつごろから残された時間について考え始めるのでしょうか。
そんなことは考える必要もないぐらいにやりたいことをやる続けている人もいるかもしれませんが、大抵の人は何かを我慢してやりたくないことに時間を費やしているはずです。
人生が有限であることを実感として感じ考えられるのが早いほど後悔しない人生を送ることができるのだと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/06/28 20:10 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(10)
いろんな考え方がある
キリスト教やギリシャ哲学では、”魂の不滅”をうたいますね。
そして、キリスト教では、からだはいったん滅びても、いつか復活するだろうとも。
そして、神が自分に何を求めているかを考えながら毎日を生きているという人も世の中にはいます...


[ 2015/06/28 21:35 ] [ 編集 ]
>スイス鉄道のようにさん

輪廻や魂の不滅を信じている人にとっては人生の残り時間に対する考え方もまた違うのでしょうね。
またそういう人たちは日々の自分たちの生活が信仰の証なのかもしれませんね。
[ 2015/06/29 00:15 ] [ 編集 ]
私も40歳を超えてかなり考え始めました。
去年若干の体調不良もあり、これで辞めようと。
一旦は慰留されましたが、今年はもう貫きます。
自分の父親は62歳で逝ってますし、知り合いにも色んな話が出始めているし、有限性を感じずにはいられません。
[ 2015/06/29 23:52 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

60歳まではそれなりに元気でいられると思いますが、そこまでの残り時間を考えると40歳で残りの人生を考えたほうが良いですよね。
リタイアするにせよ、しないにせよ。

親や親の世代で亡くなる人がいると実感として感じられますね。
私も両親は健在ですが、おじが何人か亡くなったことが自分の残りの人生を考える一つのきっかけになりました。
[ 2015/06/30 00:30 ] [ 編集 ]
残りの人生を大いに感じます
はじめまして。今年51歳になる会社員です。ブログの内容に共感するところがあり、拝見させてもらってます。漠然とですが、55歳くらいでのリタイアを思い描いて準備を進めています。45歳のときに父が73歳で他界したことを契機として、人生の残り時間を強く意識するようになりました。健康年齢は男性が70歳。60歳で定年を迎えればそれまで10年しかない!事情が許せばいますぐにでもリタイアして、やりたいと思っていることをやりたいと毎日考えつつ、ストレスを抱えながら会社へ向かう生活にこれまた毎日矛盾というか疑問を感じています。ただ最近は、スイス鉄道のように さんがおっしゃっているように、魂と肉体は別で、意識として感じることはできないが、次の人生というものもあるのではないか?そのためには自分は何をしたいか?ということよりも何をするべきなのか?を考えるようになりました。(前世占いを受けたこともあり、その結果や巷の情報から、魂の世界があるのかもしれないと思うようになりました。)価値ある人生、という意味とは違いますが、お金を使うにしても、使う時期が遅くなれば自分にとっての価値が減る、よって、旅行など今できることはやっておく、という意識で過ごしています。このような内容をやりとりできる点、このブログはありがたいと感じます。今後ともがんばってください。
[ 2015/07/01 20:44 ] [ 編集 ]
>田舎の会社員さん

はじめまして。

確かに健康寿命を考えると60歳では遅すぎますよね。
何を犠牲にして何を取るかを決断できるのが早いほどよりよい人生を過ごせるのでしょうね。
面白くない時間を過ごしている焦りは私もそろそろ感じ始めています。

年を取ればとるほどお金も時間も価値が減るというのは私も実感しています。
ただ価値が変化しているのではないかなとも思っています。
年を取ってから始めた趣味にはまる人も多いようですし、私も興味の対象が変化してきたように感じています。

最近はリタイアを公言しているブログが増えてきて楽しいですね。
私も他の人のブログを参考にさせていただいています。
[ 2015/07/02 00:52 ] [ 編集 ]
いつ老化を感じるかって人によって全然違うんですね。
わたしは56ですが未だ老化は感じません。
貯金を作って、スイスとアメリカのリタイアメントプランに加入し、今年引退しました。
そんで今、放浪を楽しんでいます。(現在アメリカ合衆国)
行動力も全然衰えてませんね。
[ 2015/07/11 02:40 ] [ 編集 ]
>わたしさん

当然人によって違うでしょうね。
56で老化を感じないのは羨ましい限りです。
エベレストに行ったときに70歳をこえる高齢者が沢山いたのにびっくりしたことがあります。
私も60歳まではエベレスト以外にもカイラスやキリマンジャロに登り、その他の国でバックパッカーをと思っていたのですけどね。
今はほとんど興味ありません。
ただ知的好奇心だけは学者を目指していた頃より強いぐらいなのでなんとか退屈しなくてすみそうです。
[ 2015/07/11 18:19 ] [ 編集 ]
14歳ですが小学校高学年から死について意識し始め、最近は時間が有限だということ気づきました。今はとてもその事について不安です。なので40くらいならちょうどよいのでは。
[ 2015/12/28 18:57 ] [ 編集 ]
>ななしさん

えっ、14歳で時間の有限性を考えているのですか。
かなり早熟ですね。
哲学の世界へとはまっていくタイプかもしれませんね。
時間は有限だけどもそもそも時間とは何かなどと考え出すと大変だと思うのであまり考えないほうがいいと思います。
不安を別の方向に向けていくほうが無難かと思います。
私は趣味で時間論などを読んでいますが、できるだけ自分の問題とは距離を置くようにしています。
[ 2015/12/29 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方