人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

騙されたという奴は再び騙される

最近、川田稔の「昭和陸軍全史 満州事変」と百田尚樹の「永遠の0」を読みました。
かなり久しぶりに第二次大戦時の本を読んだように思います。
両方とも面白かったです。

この2冊を読んでいて伊丹万作(伊丹十三の父)の書いたエッセイを思い出しました。

戦中は国民一丸で戦争に突き進んでおきながら、戦後には皆が騙されていたのだと言い始めている。
新聞や軍が騙したのか。
しかし新聞や軍もまた誰かに騙されたと言うのだろう。
そうすると一体だれが騙したのか。
結局は国民全員が騙し、騙されていたのだろう。
国民の大部分が思考力、批判的精神、信念を欠如しており独立した精神を持っていなかったのであり、自分自身もそうであった。

というような内容です。

戦後の目覚ましい復興はある意味騙されたと言える国民だったからではないでしょうか。
自己を持たない分、変わり身が早く一気に民主主義と経済に突っ走ることができたのでしょう。

しかし伊丹が述べるように騙されたと平気で言える人は恐らくこれからも何度でも騙されるだろうし、すでに再び騙されているのだと思います。
騙されたときにそこで真摯な反省ができない人間は他者に思考を委ねるような人なのですから当たり前のことです。
戦争で犠牲になった一般の兵隊や国民の困難を強調して、その裏返しとして新聞社や軍隊の上層部が無能だった、彼らに騙されたという構図が多すぎるように思います。
愚かな戦争の中で真摯に生きた人々がいたとしても騙されたものが自らそれを引き受けることがないと再び騙されるのだと思います。
騙される人がいなければ騙すことなんてできません。

何も日本に限ったことでもないし、戦争に限ったことでもありません。
どこの国でもいつの時代でも心地良い言葉や勇ましい言葉に踊らされ、うまくいかないとなると騙されたという人は多くいます。

イラク戦争では当初アメリカの世論は圧倒的に支持をしていましたが、今では過半数が間違った戦争だったとしています。
イラクは不安定化し、イラク人、アメリカ人は多数の犠牲者と経済的な損失を被っています。
あるはずの大量破壊兵器もなく騙されたと思っている国民は多いことでしょう。
原発についても安全神話が嘘だったのだ、私たちは騙されていたという人の多いこと。
安全神話を言わされるほうも、言わせるほうもそんなもの有り得ないことは暗黙の了解だったはずなのに、突然騙されていたことになってしまいました。

マルチ商法や銀行、詐欺に騙されたなどという事も同じです。
騙されたという人は自分の思考能力や責任能力の欠如を示しているのです。
そんな人は何度でも騙されます。

そして騙されるということも悪なのだと思います。
騙されたことの責任を真摯に引き受けることができないことはもっと悪なのだと思います。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/05/30 12:08 ] 社会 | TB(0) | CM(6)
厳密に言えば、何が真実かというのを見極めるのは
難しいことですし、極論すれば、全知(全能)の存在など
存在しないでしょうね。

人間にできることは、あらゆる情報・真実めいたものから
おぼろげな視界をたよりに
自分たちの権利・自由・幸福追求権などを確保する程度でしょうか。

ただ36億年の生命史のなかでは、平均値的にも
現在が、一番おりこうさんだとは思いますけど。
[ 2015/06/05 08:07 ] [ 編集 ]
>ssさん

>厳密に言えば、何が真実かというのを見極めるのは難しいことですし

だから人生をそれなりに面白く感じられると思うのですけどね。


>ただ36億年の生命史のなかでは、平均値的にも
>現在が、一番おりこうさんだとは思いますけど。

私もそう思います。
私の親の世代より私の世代のほうが賢いし、さらには私より下の世代のほうがもっと賢いと思います。

ただ先進国に限ってはそろそろ頭打ちだろうなとは思います。
教育環境などがほぼ整ったのでここからはそんなに変わらないように思います。
[ 2015/06/05 23:00 ] [ 編集 ]
36億年の生命史を振り返ると
争いの根底にあるのは

(総合的な)力に相応した資源の再配分

に尽きると思います。

長期的には、各国の総合力は徐々に上がり
(離合集散を繰り返しつつ)
より拮抗した状態へ向かい、いわゆる平和的な状態へと向かっていく
ような気はしますが、おばかな?一部の人間によって人類が滅亡する可能性も否定できません。

ただ滅亡することで、新たな生命進化も促されますから
まあ、それなりに命はつながっていくかもしれません。

しかし、それなりにおおよその想像がつく未来
ゆえのつまらなさはありますが・・・

命って・・・まあ、そんなもんでしょうね。。。
[ 2015/06/07 09:05 ] [ 編集 ]
>ssさん


どのような方向に向かっているかは私にはわかりませんが、自分が死ぬまでにも色んな事が起こるのだろうと楽しみです。

何とかあと50年ぐらい生きることができれば国際関係や宗教の問題、ボーダレス化とその反動、生命操作の進歩など色んなものが見れるのだろうと思います。

いつかは人類が滅亡するときが来るはずでその時を見たくてたまらないので天国があればいいのになと思ってしまいます。
人類が滅亡しても天国があれば滅亡したことにはならないのですが。
[ 2015/06/07 22:49 ] [ 編集 ]
騙される人間ももっとかしこくならないとね。
オレオレ詐欺なんかも一回やられた人間が何度も繰り返し被害にあうそうです。
心理的防御がなってないから何度もターゲットに。。。
お上が悪い、もっと守ってくれないとっていうのはちょっと無理がありますから、個人がもっとしっかりしないとね。
[ 2015/06/22 00:48 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん


騙されたことをきっかけに自分の頭で考えることと他人に依存しないことを学ぶことができればいいのですけどね。
学ばなければ同じことを繰り返すだけですよね。

それにしても日本はお上に頼る人と自立している人の差が大きすぎますね。
[ 2015/06/22 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方