人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイアして何をするのか

私の周りの人は私が数年以内にリタイアする予定であることを大抵知っています。
黙っていられない性格なので言いふらしているからです。

リタイアすることに対して特に何かの意見を言われることはほとんどありません。
自分の好きなように生きるのが基本という考えの人が私の周りには多いように思います。
もちろん仕事なんてやってられねえと思っている人は羨ましがります。

ただ中には若いのにリタイアしてどうするんだと言う人もいます。
これまでに言われたのは2人だけですが。
ちなみに1人は会社経営、もう1人はアメリカの投資銀行の幹部です。
稼ぎまくって仕事が充実しているのでしょう。

ではリタイアして何をしたいのでしょう。
優先順位が高い順に並べると

1、推理小説、冒険小説、ハードボイルド、SF小説を心行くまで読みたい。
2、哲学や宗教学、経済学、生物学、天文学などの本を心行くまで読みたい。
3、ワイルドライフや地球ドラマチック、コズミックフロントなど自然系の番組を心行くまで見たい。
4、テレビゲームをしたい。
5、ボーっとする時間を確保したい。
6、毎日図書館で日経新聞とビジネス誌や科学誌などの雑誌を一冊読みたい。
7、漫画喫茶に毎週通って漫画を読みたい。
8、理科系の勉強を中学生レベルからやり直したい。
9、国内旅行をしたい。
10、美術館や博物館に行きたい。

これらは仕事を辞めないとできないことではありません。
なのでこれらのことをするためにリタイアするという感覚はありません。
そうではなく仕事をしているよりこれらのことをしているほうが圧倒的に楽しいからリタイアしたいのです。

仕事を辞めてゲームなんてくだらないことをしてどうすんねんと言われたことがあります。
ゲームがくだらないことであることは認めますが、私にとっては仕事をしているよりはよっぽど楽しいというだけのことです。
でも私は羨ましいです。
お金があるのに本を読む時間やほかのことをする時間を削ってまでも仕事をすることを選択するということはそれだけ仕事が楽しいことなのですから。
それでいて収入が得られるなんてすばらしいことです。

私がリタイアしたい理由は仕事が嫌というよりは楽しいと思える時間をもっと増やしたいからです。
40年の人生で色々と経験してきて一番つまらなかったのは仕事で一番つらかったのは集団生活です。
スポーツに打ち込んでいたときは練習が辛かったですがそれでもうまくなる喜びや勝つ喜びがありました。
受験勉強なんて仕事と同じくらいつまらなかったですがそれでも知る喜びは少しはあったし、基礎的な学力を身につけたことは人生にプラスになっていると思います。
今ではもっと真面目に勉強しておけばよかったと思っています。
本を読んだりバックパッカーはもちろん楽しくてたまりませんでした。

しかし仕事だけはずっとつまらなかったです。
もちろん仕事から得られたこともあります。
社会で仕事をして様々な人のおかげで社会が成り立っていることを理解できたようにも思います。
仕事で成果を上げて評価されるのも単純に嬉しいです。
しかし得られたもののほとんどはお金のように思います。
小説が構築する世界の面白さや、哲学が思考する世界の深さに比べれば仕事でしていることは何ともつまらないもののように思えてしまいます。

残りの人生は楽しくない時間をできるだけ少なくして、楽しい時間をできるだけ多くして日々を生きたい。
リタイアしたい理由はただそれだけのことです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/05/16 19:49 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(15)
初めまして。
いつも更新楽しみにしています。文章を見る限りかなり知的な方でしょうね。
価値観や人生観が自分と瓜二つでかなり共感を覚えます。
リタイアしてからのことを考えると涎が出ますね(笑)
私はまだ24歳の若僧ですがアーリーリタイアを目標にせっせと貯金しています。
[ 2015/05/16 22:38 ] [ 編集 ]
私もリタイアする理由は仕事より楽しいことにどっぷりハマりたいからというのがありますね。
もちろん単に仕事がつまらない、イヤだという感情もあります。
あと早起きとか通勤電車は果てしなくイヤですw
ゲームは攻略サイトをみながらバカみたいにやりこむという壮大な無駄がいいですね。
お金との相談になりますが、また大学にいって勉強っていうのもいいなって思います。
[ 2015/05/17 00:43 ] [ 編集 ]
>nさん

はじめまして。

>価値観や人生観が自分と瓜二つでかなり共感を覚えます。
ありがとうございます。
私もリタイア系のブログを読んでいると似たような人がいるんだなあといつも思っています。

24歳でリタイア計画を立てているのでしたらかなり早くリタイアできそうですね。
ぜひ実現してください。
[ 2015/05/17 00:46 ] [ 編集 ]
ゲームは下らないクソゲーばかりじゃないですよ。現実に得るものはないですが、世界最先端のゲームエンジンとかエンターテイメントとは何か徹底的に考え抜かれた思想とか膨大なデータ量で構築された仮想世界とかに触れるだけで充実感があります。日本メーカーは完全に落ちぶれましたが、これからはゲームが世界の技術を引っ張る時代だと思います。
[ 2015/05/17 00:55 ] [ 編集 ]
仕事をやめてどうするねん、という人に仕事ばかりしてどうするねん、といってみたいなあ。「仕事」の内容はともかくとして組織改革しないと仕事はどんどんつまらないものになっていくような気がします。日本の組織はどこも同じようなものですからね><
[ 2015/05/17 08:52 ] [ 編集 ]
そしがやは、リタイアしましたが、ほんとうによかったと思います。
無論、仕事をしていたときも自分の好きなことはできたのですが、リタイアして好きなことに集中できて、うれしいですね。
仕事を離れて、ストレスがかなり減ったことも大きいです。
仕事で得られたこともありますが、やはりそしがやの場合は、失ったものの方が多かったです。
経済的に許せば、もっと早くリタイアしたかったですね。
[ 2015/05/17 10:52 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

>仕事より楽しいことにどっぷりハマりたいから
こういうシンプルな理由なんですよね。

>あと早起きとか通勤電車は果てしなくイヤですw
私も極端に苦手です。
さいわい新卒で入った会社以外では最長乗車時間20分ですが、現在がそうです。
しんどいです。

大学に再度入る人も珍しくなくなりましたね。
費用を抑えたいなら放送大学、カルチャーセンターや公開講座でも本格的なところもありますしね。

>yamyasさん

私は漫画やゲームには20年ほど触れていませんが、結構すごい作品がありそうなのでリタイアしたら触れたいと思っています。
yamyasさんが紹介されたゲームのリストもメモってあります。

>徹底的に考え抜かれた思想とか膨大なデータ量で構築された仮想世界とかに触れるだけで充実感があります
そう言われるとむっちゃ楽しみです。

自分が何事かをなすのではなく、小説やゲームなど受動的なことをすること自体がくだらないという意味です。
それはあくまで生活のちょっとした息抜きであり暇つぶしであるということでしょうね。
私の基準は楽しいかどうかなのでどうでもいいのですが。

>クロスパールさん

>仕事ばかりしてどうするねん、といってみたい
毎日ぶらぶらしているよりはよっぽどいいと言われました。
充実しているという人もたくさんいるでしょうからね。

これからは会社や社会、個人が仕事を面白くさせる仕組みを作る努力が必要なのではないかなと思います。
付加価値を生産する作業だけに集中できるようにするだけで少しは面白さが出てくるように思うんですけどね。
ベンチャー企業には社員が仕事を楽しむことを企業の存在理由としてそれを目指しているところがたまにありますね。
テンションが高そうで私はついて行けそうにないですけど。

>そしがやさん

リタイアに合う体質だったということですね。
自分のやりたいことに集中して時間を費やせているのは羨ましいです。

リタイアしてもやることが無かったり、覇気が無くなってしまう人はリタイアに向いていないのだと思いますが、定年後無気力になる人が多くいると聞くと不思議でなりません。
[ 2015/05/17 11:55 ] [ 編集 ]
らいくむさんのやりたいことリストを拝見して、これが実現できたら本当に楽しいのだろうな、とうらやましく思いました。
職場に来た新入社員を見て、同じ年齢のころのの自分を思い出しましたが、当時から職場というものが嫌でたまりませんでした。特に嫌がらせやいじめがあったわけではないのですが、同僚に気を遣うこと、仕事への責任感・プレッシャー、通勤電車、どれも苦手で、「長く社会人を続けると慣れるのかな」と思っていましたが、20年近く働いても慣れませんでした…
自分自身が飽きっぽく、転職も数回しているので、リタイア後に飽きないように工夫しないといけないなと思いました。
自分語りが長く、失礼しました。
[ 2015/05/17 19:39 ] [ 編集 ]
>ぼぬーるさん

昔はもっと色んなやりたいことを考えていたのですけどね。
世界80か国以上訪れるとか、47都道府県に住んで住民票を取るとか。
東海道を徒歩で歩くとか、88か所巡りを徒歩でするとか。

>同僚に気を遣うこと、仕事への責任感・プレッシャー、通勤電車

分かります。
私はこれらを軽減することばかり考えて仕事をしてきたように思います。
[ 2015/05/18 00:12 ] [ 編集 ]
リタイアしてやりたいことを見ると
ゆっくり流れる時間を増やしたいという感じですね。

何事もやってみなくちゃ分かりませんし
個人差も大きいと思いますから、いろいろやってみたらいいと思います。

僕の場合、数年前に平均週3日程度セミ仕事をするというセミリタイア生活に入りました。そのときは、数年で完全リタイア予定でした。

しかし数年経つと、やりたいこともほぼやり尽くし
飽きもあり、やりたいテンッションも下がりぎみです。物足りないだけならまだしも、たまに「ヒマ死」してしまうのでは(大げさではなく)と思うことすらあります。
よって僕の場合は、セミリタイア(セミ仕事)が
今のところは合っているようです。
だらだら過ごした日(たまにはいい)とそれなりに充実した日では
酒の味がまるで違う感じです。

自営である程度マイペースで仕事ができるという幸運で特殊なケースなので、万人にお勧めできるライフスタイルではないですし

加齢的能力的限界などもあるため
仕事なしでも充実した日々をもう少し増やせるよう試行錯誤中です。

いずれにしても日々気分は変化しますし、今後はどうなるか分かりませんが、どちらも自由に選べる環境などは、なるべく維持したいといったところです。
[ 2015/05/18 11:28 ] [ 編集 ]
>ssさん

>やりたいこともほぼやり尽くし飽きもあり、やりたいテンッションも下がりぎみです。物足りないだけならまだしも、たまに「ヒマ死」してしまうのでは(大げさではなく)と思うことすらあります。

私の場合は残りの50年程度の時間ではやっておきたいことをやり尽せないことは分かっているのでたぶん暇にはならないだろうなとは思っています。
万一生活に飽きてしまったら日本語教師やバックパッカー、トレッキングなどをしようとは思っていますが。

>だらだら過ごした日(たまにはいい)とそれなりに充実した日では酒の味がまるで違う感じです。

おそらく自分に理想的な生活にたどり着いたのではないでしょうか。

>仕事なしでも充実した日々をもう少し増やせるよう試行錯誤中です。
私は日々の生活に充実などを求めないですし、そういう人がリタイアを目指すようにも思います。
ただただ穏やかに楽しく暮らせれば十分というようなタイプですかね。
学生時代、スケジュールを常に埋めている友人がいましたが、私は2週間に1回でもスケジュールがあると憂鬱になるタイプでした。
[ 2015/05/18 23:57 ] [ 編集 ]
今まで仕事で楽しみを見つけられなかったのは残念でしたね。
経験を積みながらお金ももらえて楽しい!ってなれば最高ですから。。。

でもこれからの人生いろいろあるでしょうから楽しみながらいろいろ経験できるといいですね。
[ 2015/05/19 16:40 ] [ 編集 ]
>さいらさん

性格的なものだから仕方がないですね。
でもそれなりに恵まれた仕事をしてきたのでこれまでの会社には感謝の気持ちはあります。

リタイア後は生活をもっと楽しみたいです。
[ 2015/05/20 00:00 ] [ 編集 ]
孤独についてはどうお考えですか?一人でできる事ばかりだと孤独になっていくと思うのですが。仕事では他人とかかわるので、完全に孤独の状態にはならないですが。

自分の場合、孤独がそれなり(かなり)に大きな問題です。

府立中央図書館、自分も昔よく行ってました、良い図書館ですよね。



[ 2015/05/27 22:13 ] [ 編集 ]
>そらさん

私は孤独好きですが、どの程度の孤独がよいかはまだ分かりません。
経験上は月に1度ぐらい他人としゃべるのがいいと思っています。
友人と飲み入ったりなどで月に一度はしゃべる機会があるので問題ないだろうと思っています。
孤独が実は合わないと思った場合はバイト、バックパッカーの復活、昔していたスポーツをする、日本語教師のボランティアなどを考えています。

府立図書館みたいな図書館が東京にもあればよいのですが。
[ 2015/05/28 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方