人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

船戸与一さん死去

最近メディアで接することの多かった有名人が次々と亡くなっている印象があります。
自分がそれだけ長く生きているということでしょう。

最近の高齢者は元気で80歳ぐらいになっても活動的な人が多いため突然亡くなる印象があります。
愛川欽也も最近までテレビに出ていたし、去年亡くなった蟹江敬三もぎりぎりまで俳優を続けていました。
政治家も亡くなる直前まで政治活動をしている人が多いです。
最近企業の経営陣が若くなってきていますが、70歳を超えても現役の経営者もたくさんいます。

さすがに学者では70歳を超えてレベルの高い仕事をしている人はほとんどいないでしょう。
学生時代に丸山眞男の教えを受けた教授と話していて、とっくに丸山は亡くなっているものだと思って話して怒られたことがあります。
丸山は1996年に82歳で亡くなっています。
レヴィ・ストロースも亡くなったときには、まだ生きていたのかとびっくりしました。
2009年に100歳で亡くなっています。
二人とも高齢になってから生産的な仕事は当然していないので遠い過去の人というイメージを持っていました。

そして船戸与一が今月に71歳で亡くなりました。
2007年から刊行が始った「満州国演義」を今年9巻で完結を迎えたばかりでした。
絶筆とならなかったのはファンにとっても嬉しいことでしょう。
しかしもう少し生きて執筆をつづけて欲しかったです。

私は高校、大学時代はエンターテイメント小説では船戸与一が一番好きでした。
彼が描く冒険小説は若かりし私には日常の退屈さ、将来待ち受けている退屈な人生から目を背けることができる世界でした。
一番のお気に入りだった「猛き箱舟」です。
小説を読み返すことはほとんどないのですが「猛き箱舟」だけは5回は読んでいるはずです。
他には「蝦夷地別件」、「砂のクロニクル」が好きな作品です。

彼の描く物語の魅力は壮大な叙事詩だと思います。
男や民族の誇りや暴力といったものが描かれるのですが、全体としては語り継がれる物語を紡いでいるように感じます。
この叙事詩という感覚は他の冒険小説作家からは感じられないものです。
森詠や北方健三、逢坂剛なども海外を舞台にしたものを書いていますが、船戸のスケールの大きさとは比べ物になりません。

夢中だった船戸の小説ですが、1990年代後半からはそれほど面白いと思わなくなりました。
「蝦夷地別件」を最後に叙事詩のようなスケールの大きさが無くなってきたように思えたのです。
直木賞を取った「虹の谷の五月」も私には特に面白く思えませんでした。
時代の状況もあったのでしょう。
冷静が終了してハードな冒険小説の舞台が無くなっていたのかもしれません。
冷戦に翻弄される民族といった存在が発するエネルギーが薄まり、グローバル化で皆が同じ生活に憧れるような世界になっていくのですから。

しかし最近は再び世界が動いているようにも思えます。
イラク、シリア、イエメン、アフガニスタンの混乱、ウクライナ問題など虐げられた者の負の感情が歴史に再び現れてきたのかもしれません。
船戸には現在の世界状況を炙り出すような冒険小説を書いて欲しかったと思います。

ご冥福をお祈りします。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/04/25 12:29 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方