人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2015年1月のお奨め本

2015年1月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・厭魅の如き憑くもの (三津田 信三)

カカシ様への信仰が残る一方で厭魅の存在に恐れる神々櫛村。
神々櫛村では憑きもの筋である谺呀治家は黒の家とされ差別を受けつつも村で一番の地主として力を持ち、一方で白の家とされる神櫛家は谺呀治家に次ぐ地主として対立関係にあります。
紗霧は谺呀治家に生まれ巫女である祖母とともに憑座(霊を受け入れ入る役割)として憑き物祓いをしています。
やがて紗霧の周りでカカシ様の祟りのようにも見える連続殺人事件が起こります。
刀城言耶は紗霧の幼馴染で村の因習を嫌う神櫛家の漣三郎とともに事件の真相に迫ります。
各章で刀城言耶の取材ノート、紗霧の日記、漣三郎の記述録が入れ替わり物語が進んでいきます。

神々櫛村のカカシ様信仰がこれでもかと濃く深く語られます。
このような怖さを楽しめる舞台設定はやはり昭和初期しかありません。
現代の合理主義が農村にも侵入しつつもまだ村人が怪奇を恐れ因習に従っているところでこそ怖さがよりリアルになるのだと思います。
本書の半分は殺人事件というよりは神々櫛村の怪異、憑きもの、蛇神信仰、神隠しの歴史が語られます。
ここに殺人事件が結びついたときは得体のしれない恐怖が生まれ、そしてまさに憑きものが落ちるような感覚になります。

最後の謎解きがばたばたとしていてどうかなという印象が残ってしまいました。
ためにためたわりには急展開すぎました。
しかしある仕掛けにあっと驚かされ、まさに何とも言えない気味の悪さを残してくれます。
この仕掛けを考えついたのは脱帽です。



・心を生みだす遺伝子 (ゲアリー・マーカス)

遺伝子が人の体や脳にどのような影響を与えているかを分かり易く解説してくれます。
タイトルとは内容がずれていると思います。
心そのものと遺伝子の関係ではなく、遺伝子と環境がひとにどのように影響を与えるのかという本です。

ゲノムを地図のように考えたり、1つの遺伝子を病気や頭の良さなどと結び付けてしまうような人はまだまだいると思います。
しかし著者の言葉を借りると遺伝子は単なる大まかなレシピであってひとのあらゆる運命を決めるものではありません。
かと言って大まかなレシピと言えどそのレシピから全く違うものにはなりません。
結局、遺伝子が用意した大雑把な仕組みが環境と相互作用していくことになります。
クローン人間を考えると分かり易いでしょう。
クローン人間は同じ人間ができるわけではありません。
遺伝子が全く同じであっても最初に与えられるレシピが同じだけであり、一卵性双生児と変わりません。
似てはいても別人です。

内容自体は平易で遺伝子や分子生物学の本をよく読んでいる人にとっては基本的なことしか書かれていないので物足りないかもしれません。
私も物足りなく感じましたが、遺伝子にまつわる生得と学習の問題や遺伝子の果たす役割が非常にうまく書かれており今一度知識や考え方の整理ができると思います。




・偽りの街 (フィリップ カー)

ナチス政権下のベルリン。
失踪人、特に突然消え去るユダヤ人を探す探偵のグンターに鉄鋼王からの依頼が舞い込みます。
鉄鋼王の依頼で殺害された娘夫婦が所有していた首飾りを探し出すグンターでしたが、事件はもっと大きな真相を見せ始めます。

ナチス政権下のベルリンというハードボイルドにぴったりな街が舞台です。
ユダヤ人への迫害が激しくなり、ゲシュタポが強大な権力を振るっています。
一方ではヒトラーの無理な政策に矛盾が見え隠れもしつつあります。
このような独裁による恐怖や閉塞感が支配する街でタフな探偵はハードボイルド好きにはたまらない設定でしょう。

推理小説ではなくハードボイルドなので真相自体は特別驚くようなことではなく、ニヒルでタフな探偵が閉塞感満載のベルリンで危険な真実に近づいていくさまを楽しむ小説です。
好き嫌いが分かれるかもしれませんが、古典的なハードボイルドが好きな人におすすめです。

関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/02/15 11:56 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方