人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

あまりにも想定通りに進むアベノミクス

経済予測というのは非常に難しいもので中々当たりません。
経済に影響を与える条件が無数にあり、その時々によってどのような要因が重要であるか変化するからです。
便宜的に直近の条件から想定して経済を予測することになりますが、大抵予想外のことが起こり経済に影響を与えます。
経済学者やエコノミストが予測を外すのは当たり前のことですし、当たったところで予測した理由とは全く別のことが重要であることも多いものです。
予測を外したエコノミストを馬鹿にする人がいますが、プロ野球の順位予測のように条件が限られたものでも当たらないのに経済全体の予測など簡単に当たるはずもありません。

しかしアベノミクスの予測についてはオーソドックスな考え方の経済学者やエコノミストが予測した通りに進んでいるように思えます。

ベースマネーを無理やり増やしたところでストックはそれほど積み上がらない。
実質利率が少々下がったところで現在の日本の状況では投資がそれほど増えることはない。
円安方向へのきっかけとなり、輸出企業の業績改善は進むだろうが、当然その他の企業は円安にダメージを受ける。
円安によるコストプッシュインフレはそれなりに起こるにしてもインフレがそれほどは進まないだろうし2%を2年で達成するは難しいだろう。
財政出動はGDPを押し上げるだろうが一過性であるし、さらなる財政悪化となる。
インフレが進んだ場合に賃金の上昇はそれに追いつくことはない。
国債市場が機能不全に陥り、実質的な財政ファイナンスに見られかねない。
結局頼みは財政出動とアメリカ経済の回復となるが、肝心の潜在成長率は中々上がらないだろう。

ほぼ当たったと言ってよいでしょう。
想定外だったのは輸出がここまで伸び悩んでしまったこと、供給制約が出てきたことぐらいではないでしょうか。
7-9月期のGDPは数字ほどは悪くないにしても、やはりこれまで全体としてはそれほど経済成長しておらず、為替の変化などによる国内での富の移転が起きているだけかもしれません。
アベノミクスをしなくても結果はほとんど変わらず、ただ日銀のバランスシートを危険なほど膨らましただけかもしれません。

私はアベノミクスは愚かな政策だという考えは変わっていません。
しかし円安、株高へ動くきっかけとはなったでしょうし、何より雰囲気が一変したことだけは評価に値すると思っています。
このときに一気に社会保障改革や労働市場改革などを進めてほしかったのですが、第三の矢が放たれることはありませんでした。
そして黒田バズーカによる気合もそろそろ限界が来ています。
黒田さんのサプライズと言いますが無茶なことをするからサプライズなのです。
気付けば増税もできず歳出のカットもできず借金を重ね国債市場を破壊し、株まで日銀が大量に買っています。
もう出口戦略どころか緩和縮小を口にすることもできないでしょう。

バブル崩壊後から莫大な借金を積み重ね財政出動をして、日銀も緩和政策に突き進みました。
しかし効果があったとはとても言えません。
それでもまだまだ投入量が足りないとばかりに無茶な緩和政策と財政出動を繰り返してきた結果が現在の状況です。
あと100万円を投資すれば勝てると言っているギャンブラーと変わりません。
残っているのはこれまで手を付けてこなかった社会保障の抜本改革などしかないのですが、何故かいまだに本気で取り組むことはないようです。

効果的な経済政策を実行するのは難しいことです。
しかし金融政策は経済システムの安定のためであってそれだけで経済成長するものではないことがはっきりしています。
経済成長するには人口の増加、生産性の向上、イノベーションによる新規市場の開拓しかありません。
そろそろばら撒きと壮大な夢物語ばかりに頼らないで、地道に痛みを受け入れつつ改革を進めてほしいものです。

それにしても次の選挙ではいったい誰に投票すればよいのでしょうか。
私には政策を支持できる政党がないので毎回まともそうな若手に投票しているのですが、今回も選ぶのが難しそうです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/11/29 18:01 ] 社会 | TB(0) | CM(10)
マイナス成長の要因
経済が悪化したのは消費税を上げたからでは。あと補正予算の分が去年と比べてかなりマイナスになってますので今年は悪くなるなと思ったら案の定。
[ 2014/11/29 22:05 ] [ 編集 ]
>ケンぺスさん

増税の影響はそろそろ無くなっているのではないでしょうか。
今後の民間消費は実質賃金や将来不安などが影響してくるでしょう。
もしインフレ率が2%で安定すれば消費税増税の比ではないでしょうね。

カンフル剤は持続可能ではないですしね。
すでに金利ではなく供給制約からのクラウディングアウトが発生しているとしたらなおさらですね。
[ 2014/11/30 00:37 ] [ 編集 ]
大企業は海外、世界中で儲けてます。
そこから以前のように川下に降りてくる仕事はないでしょう。
既に日本は輸出産業主体ではなく内需主体の経済構造のはずです。
内需向けの雇用は少子化高齢化でどこも人手不足にも関わらず
生産性が著しく低いために給料は上がらない。
驚くことに長期バカンスを楽しむあのフランスよりも
相当低いらしい。このことにもっと日本人はショックを感じて
生産性を上げて自由に使える時間とお金を作ることに地道に
取り組み、需要を盛り上げるしか方法はないと思うのですが。
[ 2014/12/01 09:56 ] [ 編集 ]
>YMさん

サービス産業の生産性が低いのはよく言われますね。
大企業が少ないので資本や改善の集積が起きにくく生産性の向上につながりくいのでしょうね。

しかし国家支出の規模、金融業の占める割合の違いなどがあって国際比較は難しいでしょうし、単に消費者が得しているということもあります。

消費者が受けている過剰サービスを減らすだけでも結構インパクトがあるんじゃないかと私は思っていますが、なぜ日本人は少しでも多くのサービスを求めようとするのでしょうね。
[ 2014/12/02 00:03 ] [ 編集 ]
構造的なデフレ要因がなかなかなくなりませんね。
基本的に少子高齢化で内需も減っていくのだろうから、デフレ圧力は強いでしょうね、しかし移民を入れることはできない国柄だし、、、八方塞ですね。
社会保障改革はしなくてはいけませんが、一番選挙に行く老人の反感を買うことはできないから、これも難しいでしょう。
本当どうなるんだが。
[ 2014/12/02 01:03 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

少子高齢化でも撤退戦をうまくやればよいと思うんですよね。
付加価値のある土地だけで経済活動をすれば生産性は上がり、規模の経済も維持できると思います。
例えば農業であれば収益性の高いところだけで集約化するのですからかなり生産性が上がるはずです。
価値を生まないインフラや土地を切り捨てていくことができるかどうかが肝だと思います。

>一番選挙に行く老人の反感を買うことはできない

若者が選挙に行かないということは若者が老人の借金の肩代わりを許容しているということなので文句は言えないですね。
若者がどうしてこんなにも自己犠牲の精神を持っているのか不思議です。
[ 2014/12/02 23:54 ] [ 編集 ]
デフレって、年金受給者、エリートサラリーマン、小金持ちにしてみれば良いのですが、失業者にとっては最悪なのではないのですか?デフレのダメなところは、敗者復活ができないことです。金融緩和で実質賃金が下落しているって言うけど、失業者にしてみれば、給与の価値が目減りしようが、就職しやすい環境になっているだけ、デフレよりもはるかにましです。
[ 2014/12/03 00:44 ] [ 編集 ]
>ななしさん

恐らく物価と失業の関係を理解されていないと思います。
大学で定番となっているマクロ経済や金融論の教科書を何冊か読んでみてください。
理論をある程度理解できると理論と現実の乖離の問題など興味深い問題が次々と出てきて経済学にはまっていくと思いますよ。
[ 2014/12/04 00:01 ] [ 編集 ]
何がどう理解していないというのかわかりませんけど、失業率が改善しているっていうのは、金融緩和のおかげではないのですか?民主党・白川日銀時代と比べれば、はるかにマシだと思いますけど
[ 2014/12/04 21:58 ] [ 編集 ]
>ななしさん

うーん。基礎的な経済的知識があれば前のコメントのようなことを書くことは有り得ないと思うのですが。

金融緩和が失業率につながるプロセスを説明できますか。
これらはとても遠い関係で簡単に結びつくものではありませんよ。
失業率は労働人口やその構成の変化、海外、特にアメリカ経済の好不調、政府支出、投資や消費需要の変化、将来の不確実性、復興需要、その他もろもろに関係があります。

金融緩和が実質利子率を低下させて投資を増やして雇用に結びついたということですか、円安になって輸出企業が雇用を増やしたということですか?
もしそうなら寄与度などから本当にそのように説明できますか。

また民主党時代と比較するときいったい何を比較しているのですか。
失業率を比較しているのですか、もしそうならバブル時代はもっと良かったのですか。
その場合はバブル期の政策>安倍政権の政策>民主党政権の政策ということですか。

また白川総裁時代は金融緩和はしていなかったのですか。
さらに白川総裁の前は金融緩和をしていなかったのですか。
以前の金融緩和と黒田総裁の金融緩和とは何が異なっているのですか。
現状を別の要因で説明はできないですか。

ちなみに私も白川総裁には批判的です。
マーケットのコミュニケーションが不味かったのではないかと思いますし、政府の圧力で緩和策を推進しすぎたためです。
植田和夫らの研究である程度緩和策の効果は総括できていたはずです。
それでも黒田総裁と比較するとはるかにましだと思っていますが。

あとはこのような疑問を常にもって学者などのプロの本で勉強してください。
基礎的な経済学を勉強してから現状分析的な本や経済誌を読んでいると分かるようになってきますよ。

自分が知らないことがあるのは楽しいことですよ。
私は物理や宇宙の知識がないので、早くリタイアして高校の参考書をひっぱり出して数学と物理の勉強をしたくてたまりません。
経済学も大学院レベルになると高度な数学が必要になりますし。
[ 2014/12/05 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方