人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

海外旅行と危険

港に停泊している船は安全である。
しかし、船は港に停泊するために造られたわけではない。


私の好きな名言なのですが、いったい誰が言ったのかと調べたところグレース・ホッパーという女性でした。
彼女はかなり凄い人で、アメリカで女性初の数学の博士号を取得して計算機科学者として大きな業績を上げたそうです。
海軍にも勤めて准将にまで昇進し彼女の名を冠した駆逐艦もあるそうです。

海外旅行は当然のことながらある程度の危険を伴います。
日本ほど治安が良く、食べ物やインフラなどの安全が徹底している国はそうはないでしょう。
特に西アジアやアフリカ、南米などは治安が良くないところが多く旅行者狙いの犯罪も多いです。
バスなどの交通事故も多く危険な病気などもあります。

ある程度の危険があってもやはり海外には行く価値があると思います。
登山と一緒で危険があってもそこに魅力的なものがあると人はひきつけられます。
全ては自己責任でリスクを負うことになりますが、そのリスクを承知で海外旅行に出かけるのです。

人がリスクを背負って何らかの失敗をしたときには毎回のように自己責任だと言いたがる人がいます。
港に停泊したままの船にいる人は外界に向けて旅に出た船が羨ましくて仕方がないのでしょう。
海外旅行に限らず、起業でも転職でもアーリーリタイアでもリスクを承知で何かをしてみるというのは素晴らしいことです。
自己責任という言葉は何かの決断があるからこそで、何の決断もできない人は責任を取る自己さえ確立できないのです。

先日ネパールでトレッキング中に天候の悪化で日本人が二人亡くなりました。
私がエベレストをトレッキングした時も高山病でフランス人が亡くなっていました。
日本に帰国して2か月後にはエベレストトレッキングのスタート地点へ飛ぶ飛行機が墜落して日本人大学生が亡くなっています。
また学生時代にエジプトのルクソールの有名な神殿を訪れたのですが、帰国して3か月後にそこを訪れた日本人ツアーの10人ほどがイスラム過激派の銃の乱射により亡くなっていました。
私自身は海外での危険はスペインで浮浪者に囲まれて財布を取られたことと、エベレストトレッキング中に道に迷ったぐらいです。

バックパッカーであれば程度はそれぞれでしょうが、何らかの危険な目にあったことがあると思います。
大抵の人はネタになる程度の危険な目にあうだけですが、少しの運の悪さや自分の不注意で取り返しのつなかないことになることもよくあります。
旅行中に亡くなったり行方不明になったという話は学生時代によく聞きました。
日本の大学や海外の安宿によく行方不明の日本人を探すビラが貼ってあるのも何度か見かけました。

しかし結果から語ったところで意味はありません。
リスクがあってもそこに何かがあると思うなら周りの意見など聞かずに行ってみるべきだと思います。
もちろん無謀はだめできちんと知識を持ち対策を取る必要はあります。
リスクを背負うから得られることはたくさんあり、人がリスクを背負える期間なんてせいぜい80年ほどのことです。
リスクを取ることを恐れてばかりいる人より、リスクを背負って何かをする人が多いほうが世の中は面白いです。
40歳を超えてすっかり年よりじみた私は港に停泊したままの船でよいですが、若い人には外界へと旅立つ船であってほしいものです。

下の画像はエベレストトレッキングのルートです。
端っこを歩いても崩れるんじゃないかとビビりながら歩きました。
日本であれば補修するまでは通行止めでしょう。

P1010268.jpg
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/10/25 16:37 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(2)
私も20代前半から海外に沢山いきました。もっともそれほど危険な目にあったわけではありません。せいぜいロスのダウンタウンで浮浪者にからまれそうになったりとか、警官に職質を受けたとか、ロンドンで怪しい男に暗い公園に連れて行かれそうになったことくらいかな、もちろん断って引き返しましたが。
治安極悪なアフリカや南米、政情不安な国には行ったことがないので、サバイバルというほどでもないですね。
若い人にはどんどんリスクを取って欲しいですね。
逆にユダヤ人の家庭はけっこう若い時に世界中を放浪させると聞いたことがあります、日本でも露店で宝石売ってるのとかは大抵彼らだとか。
たくましいですね。
[ 2014/10/25 23:52 ] [ 編集 ]
>招き猫の右手さん

私もサバイバルというほどの経験はありません。
ヨルダンに行ったときはイラクに行くという危ない人に何人か会いました。
生きて帰ったきたのかどうか。

ユダヤ人は華僑のように世界中にネットワークがありどこでもバックパッカーがアルバイトできる仕組みがありますね。

イスラエル人は兵役を終えてバックパッカーをする人が多いです。
イスラエルの兵役は精神を病むのでバックパッカーをする人が多いとイスラエル人に聞いたことがあります。
いつ殺されるかわからないし、子供にも銃を向けるようなことをしていればそうなりますよね。
[ 2014/10/26 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方