人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

今年の夏休み

今年の夏休みは海外に行きませんでした。
実家へ帰ってだらだらと過ごしていただけです。

ここ数年、親の世代の親戚などが相次いで亡くなっています。
私の両親は健康で元気ですが、そろそろ亡くなってもおかしくない年齢だと強く感じるようになりました。
これからはできるだけ実家に帰る機会を増やそうと思っています。

それにしても最近の老人は元気いっぱいです。
銀座を歩いていると老人の割合がかなり増えているように思えます。
セブンとスズキの両鈴木会長は80歳を超えてまだ一線で活躍しています。
政治家とは違って老害ではないでしょう。
世界一周クルーズの平均年齢は70歳を超えるらしいです。
資産と時間を持て余しているとはいえ70歳を超えて数か月のクルーズに行くというのがすごいです。
クルーズ船のサービス仕様は70歳をターゲットにしているのでしょうね。

私の両親も元気いっぱいで趣味に打ち込んだり、孫と遊んだりしています。
母親は60代後半ですが、あちこちに友人と食事に行ったり旅行をしています。
絵画教室と英会話教室に行き、さらには若者顔負けのゲーマーです。
PS4はまだ買っていなかったですが。
若いころからスポーツ万能の父親もゴルフの練習を欠かさず月に数回はラウンドに出ているようです。
ジムへも毎日通って体を鍛えています。
100メートル走をすると私は確実に負けるでしょう。

私の両親は団塊の世代よりは少し上になりますが、この世代は何事にも貪欲なのでしょうか。
私はもういつ死んでも悔いはないと思っているのに、両親は自分たちが老いや死が近づいていることを認めたくないと言っています。
もっともっと人生を楽しんで最低でもひ孫ができるまでは死ねないそうです。

一方で大学や高校の友人と飲みに行ったときに、二人が重い病気を経験していることを知りました。
私の世代でも一歩一歩人生の終わりに近づいているということです。
男性の健康寿命は70歳だそうですが、これを平均寿命までどこまで近づけるかは特に独身者にとっては切実だと思います。
できるだけ兄弟には迷惑をかけたくないし、先に兄弟が亡くなっていたり介護を必要としている可能性も高いです。
健康だけには気を付けようと思ってはいるのですが、ついつい不摂生な生活をしてしまっています。

ということで何もしない夏休みでした。
夏休みには何か有意義なことをしなければいけないと昔は思っていたのですが、今は全くそんなことを思わなくなりました。
生まれたからには有意義な、人とは違った人生を送りたいとも思っていましたが、これも全く思わなくなったことと一緒のことですね。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/09/07 11:44 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
男性の健康寿命は70歳ということは、平均寿命との差は10年ですね。
もっとも、40歳時点での単身男性の平均余命は30年ということなんで、それにあてはまる人の健康寿命は60歳ぐらいかも?と思ったりもしますw
[ 2014/10/21 11:45 ] [ 編集 ]
>ひでさん

そうなんですよね。
平均寿命との健康寿命の差の10年は独身にとっては心配の種です。

おそらく単身男性の場合は生活が荒れていたり自殺が多いのだと思います。
普通に生きていればさすがに健康寿命が60歳ということはないと思いますが。

ぽっくり死ねるのならいいのですけどね。
奈良県にぽっくり死ねるというぽっくり寺があるので御参りしておくのがいいのかも。
[ 2014/10/21 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方