人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

女性の働く権利

安倍政権になってから女性の社会進出や子育て支援が重視されるようになりつつあります。
本格的な労働力人口の減少に備えて高齢者や女性の労働参加を促さなければならないですし、出生率も団塊ジュニアの駆け込み出産がなくなれば減少しそうです。
そろそろ実質的な男女平等社会が到来してほしいですし、そのほうがより豊かな社会になると思っています。

先日都議会でのセクハラ発言が非難されました。
地方議会という一般社会と比較してモラルが期待されない場所でセクハラは駄目なことであるということが認識されるようになったことは素晴らしいことだと思います。
地方議会でセクハラが駄目と認識されているということは一般社会では大部分で駄目と認識されていることでしょう。
こういうことが起こるということはもしかすると安倍政権の成果かもしれません。
私は安倍政権に全体としては否定的ですが、しつこく女性の社会進出を言ってくれているのは評価しています。
しつこく繰り返すことで実質的なものもついてきてくれるでしょう。

しかし私には女性の社会進出と子育て支援が少子化や労働力の供給の面から言われていることにはかなり違和感を感じます。
女性が子供を産む権利や機会が均等なもとで労働参加をする権利は人権の中でも最も基本的な権利だと思います。
労働力の供給が過多であろうが不足であろうが、性別に関係なく能力で雇用されるべきことは当然の権利であり資本主義の原則です。
女性が子供を産みやすい社会環境を整えるのは少子化など関係なく最も基本的な人間の権利と言ってよいはずです。
社会に大きな悪影響を与えるのでもない限り個人の自由な選択は現代社会の最も重要な権利です。
なぜ労働力不足や少子化が問題になってからようやくそれと結びつけて女性の労働や子育ての環境を整えるという機運が高まるのか不思議です。

女性の社会進出と少子化が両立するかなどという議論はする必要もないことです。
労働機会が女性にも平等に与えられることと、子育てのしやすい環境を整えることはどちらも基本的権利にかかわることなので、その結果出生率が下がろうが上がろうが別問題です。
もし女性の社会進出が少子化を促進するものと分かれば女性が仕事をする権利を取り上げようとする声が高まらないか心配です。

個人より社会を優先し、個人が社会のためにある社会は恐ろしい社会です。
そのような社会は結局は特定のグループのための社会でしかないからです。
全体主義や共産主義の社会を見ればよく分かります。
あくまで社会のためではなく個人の選択権として子供を産むことや働く環境を整えるべきなのではないかと思います。

アーリーリタイアについても同じことが言えます。
働くか働かないかは個人の選択の問題でしかありません。
リタイアした人やニートの人に対して皆が働かなくなったら現在の生活水準を保てなくなるという批判的な声があります。
これも個人が社会のため(正確には特定のグループのため)に存在しているという発想です。
あり得ないことだと思いますが、皆が自給自足の生き方を望めばそれはそれでよいはずです。
働くことによって社会参加を実感したり、水準の高い生活をする自由と働かないことによって貧乏生活をする自由は両方とも同じだけ意味のある生活であり、同じだけ権利が認めらるべき生活でしょう。
個人の選択に関わることをどちらかが良いというのは決められないことだと思います。。

女性が専業主婦か、外で働くべきかの議論は下らないし意味のないことです。
働いている人間が働かない人間をGDPがどうのこうのという批判は下らないことです。
同様に働いていない人間が働いている人間を社畜などという馬鹿にした発言も低レベルです。
どちらかを強制されることなく好きなほうを自由に選択できる社会が進んだ社会なのだと思います。
もちろん自由な選択が許されているこということは自己責任もそれだけ求められます。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/07/27 13:25 ] 社会 | TB(0) | CM(2)
内容に同意します。
他人に迷惑をかけないで義務を全うしている個人の生き方や個人の幸せに、国や社会や他人が口を出すのは間違っていると思います。

ただ、

労働力の供給が過多であろうが不足であろうが、性別に関係なく能力で雇用されるべきことは当然の権利であり資本主義の原則です。

この部分に関しては企業が企業の考えで選択する権利を無視しているのではないかと感じます。
[ 2014/09/04 18:44 ] [ 編集 ]
>ななしさん

>労働力の供給が過多であろうが不足であろうが、性別に関係なく能力で雇用されるべきことは当然の権利であり資本主義の原則です。

すいません。文章がよくないですね。
労働力が不足しているときだけ女性の雇用を促進するのではなく、いつでも女性にも男性と同等の機会を与えるべきという意味で書きました。

ただ企業が戦略として男性だけ、女性だけを雇用する自由はある程度認める必要はあると思います。
職種の問題やダイバーシティの維持などもあるでしょうし。
その場合でもあくまで合理的な説明ができるときだけに限らないと、ほとんどは現在のように実際は男性の既得権益維持になってしまうのではないかと思っています。
[ 2014/09/04 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方