人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

またまたリタイア後に住む場所について

リタイア後に住む場所について何度か記事にしましたが、最近は東京に住み続ける気持ちになりつつあります。
マンションを買って10年がたちましたが、もうここから動くのが面倒になってしまいました。
引っ越しに絡む手続きごとや準備を考えるだけで億劫になってしまいます。
これも年のせいでしょうか。
もともとは4年で引越すつもりだったのですが。

リタイアを考え始めたころは海外しか考えていませんでした。
図書館がないという最大のデメリットがありましたが、それ以上に生活費の安さと海外に住みたいという気持ちが優っていました。
好きな国であるネパールと便利なタイを拠点にしてたまに別の国へ旅行するつもりでした。

しかし円安の定着、自分の資産が増えてきたこと、海外への情熱が無くなってきたことから日本の地方都市を考えるようになりました。
福岡や神戸、寒くなければ札幌などは住みやすそうですし、東京のマンションを貸せば生活費の足しにできます。
もう海外は住まなくてもたまに旅行で行けば良いぐらいのものになりました。

そしてこの数か月賃貸サイトでバーチャル部屋探しにもすっかり飽きてもう東京でいいかなと思っています。
私のマンションの家賃は85000円なので空室リスクなどを考えても60000円ぐらいの収入になります。
地方で40000円程度の賃貸であれば月の生活費を20000円ぐらい上乗せできます。
20000円は結構大きいですが、まあいいかと思っています。
結局は地方も旅行で行けば十分かなと思うようになりました。


そしてだんだん自分にとって東京にいるメリットのほうが多いように思えてきました。

何より引っ越しという面倒がなくなる。
旅行や帰省での交通の便が非常に良い。
東京、銀座、秋葉原など自転車ですぐに行けるし、終電を逃しても徒歩でも帰れる。
博物館や美術館なども充実。
百貨店が多く、スイーツ系の店なども無数にある。
もちろんレストランなどもたくさんある。
友人との飲み会は関西以外では東京なので常に出席できる。
もし大学での研究会や講演会に再び参加したくなった場合には東京には大学が沢山あり、研究者の友人もいる。
マンションに自分で住むので空室リスクなどを心配する必要がないし、分譲マンションは賃貸より設備が充実している。
徒歩10分以内に店や施設すべてが揃っているし、特に大きめの図書館が徒歩1分なので自分の部屋のように使える。

東京の図書館が貧弱なのが困りものですが、実家で過ごす時間を増やすので大阪で借りれば問題なさそうです。
何だか東京に住み続けることの言い訳のような感じになりました。
もちろんまだまだどうなるかは分かりません。

とりあえず言えるのは私は40歳を過ぎてヘタレ街道まっしぐらいという感じになってきました。
フットワークが軽すぎる人生だと思ってきましたが、最近は動かない人生になりつつあります。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/06/29 12:40 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(5)
こんにちは。また来てしまいました。
らいくむさんのブログは週一更新なのでしょうか。

東京は手の届く距離になんでもありますから、文化的な刺激が必要ということでしたら、老後も東京が良いでしょうね。
私のように人ごみが苦手、スーパーや病院が近所にあればよい、というのでなければ、東京に住み続けるのが良いでしょうね。

引っ越しだけでもかなりの労力ですしね。

ここひと月、リタイヤについて自分なりに色々考えているのですが、私は今の仕事の環境から早く抜け出したくて仕方がなく、リタイア生活に大きな憧れはあるのですが、辞めたら辞めたで別の仕事をしたくなるんじゃないかな、という気がしています。自分は結構ない物ねだりする人間なので。。
それでも、将来について真面目に考えたり調べたりして、今、なぜかとても充実しているような気がします。

また、どんなコメントにも真摯に答えられるらいくむさん、素敵だと思いました。私なら、コメントを削除して、なかったことにしちゃいますもん。
[ 2014/06/29 14:07 ] [ 編集 ]
私も東京に生活拠点があれば、
特に動こうとは思わないだろうなあ・・・・・・。
無いのに移り住もうとまでは思いませんけど、
やはり魅力がありますよ。
[ 2014/06/29 19:19 ] [ 編集 ]
>Bonheurさん

こんにちわ。
そうです。週に一回土曜か日曜に更新しています。

やっぱり東京ですかね。
親の介護などで実家に帰る可能性はありますが。
私は人ごみは意外と耐性があります。
インドの駅の凄まじい人ごみでインド人に交じって一夜を明かすとか平気です。

>辞めたら辞めたで別の仕事をしたくなるんじゃないかな

これは良いことではないでしょうか。
仕事をすること自体はとてもいいことだと思いますし、何かをまた始めたいと思うことはポジティブです。

>将来について真面目に考えたり調べたりして

未来のことを前向きに考えられるとやはり楽しくなるのだと思います。
それに計画を立てるのって何でも楽しいです。
私の場合は計画だけになることが多々ありますが。

>どんなコメントにも真摯に答えられるらいくむさん

初めてだったのできちんと返したつもりですが、何度も来るとさすがに面倒になると思います。
ただ気を付けないとどうしても上から目線でコメントを返してしまいます。

>mushoku2006さん

>やはり魅力がありますよ。

確かにそうですねえ。
魅力的です。

関東の生活はもう15年近くになるのでこっちに根差した感じもありますしね。

現在住んでいるところに来るまではそれなりに引っ越しをしていてそれが楽しかったんですが・・・
もし持家でなければ家賃の高さから逃げ出すのでしょうけど。
家の維持費だけだとその安さで機会費用を無視してしまいます。
[ 2014/06/29 23:10 ] [ 編集 ]
私も、少し前までは田舎暮らしを考えていたのですが、
親が認知症となり、病気になり手術をしてその後自立不可能で老人ホームに入り、その一部始終を見ながら、田舎止めようかなと、現在は東京暮らしを続けようと考えています。

らいくむさんもおっしゃられていますが、面倒なことが嫌になりつつあることと、大変便利だと言うことが大きいですね。
買いもの、医療機関、公共機関が直ぐ近くなので。
親の老人ホームも頑張れば歩いていけますし。
親が大変だったとき、田舎だったらと思うと、ちょっと怖くなりました。

生活のための費用(住居費や食費)がかかるのが、困りものですが、車がいらないのでプラスマイナスゼロと考えています。

将来は、自分の考えが変わるかもしれませんが。
[ 2014/06/30 11:36 ] [ 編集 ]
>いろいろでセカンドライフさん

東京でシニアがマンションを買って引越してきているのはそういうことなんでしょうね。
自動車もいらずコンパクトなマンションであれば老後の生活は東京近辺だとかなり楽だと思います。

ただ問題は私が高齢になったときには東京の高齢者サービスの供給が追い付かないのではないかということです。
これから東京の高齢化はすさまじいでしょうからね。
[ 2014/06/30 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方