人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リキシャ

インドを旅行するとき、街中の移動にはリキシャをよく使います。
リキシャには手で引っ張るタイプ、自転車タイプ、三輪自動車タイプがあります。
私は自転車タイプでゆっくりと街中を見ながら移動するのが好きでした。

インドはタクシーやリキシャを利用すると大抵は喧嘩になります。
目的地に連れて行かずにマージンがもらえるホテルや土産物屋に連れていくことは日常茶飯事です。
深夜に貧民街へと連れていかれて、ここから脱出したかったら30ドルよこせと言われて支払った大学生もいました。
喧嘩しながらもようやく目的地に着いてもお前のために遠回りしたのだからと約束した値段以上を要求します。
勝手に別のホテルなどに連れて行ったのにもかかわらずです。
そこでまた喧嘩になって相手が折れても次はいきなり10ルピーじゃない10ドルだとか言い出します。

特にデリーの空港から市内への移動でタクシーを使うとほぼぼったくりにあいます。
私もものは試しと空港からタクシーを使ってみました。
すると今日はフェスティバルだからお前の行きたい地域は閉鎖されていると古典的なウソから始まり、インドは危ないからぼったく旅行代理店へ行こうと誘ってきます。
そこから色んなぼったくり旅行代理店を連れまわされるわ、わけのわからんおっさんに殴られるわで大変でした。
おっさんが殴ってくるというのは旅行者をビビらせてぼったくりツアーを契約させるためのストーリーの一部です。
最後はさすがに疲れてきたのでもう自分で行くわといい、金を払わずにそいつとは別れました。
たまたま地下鉄を見つけたのでそこからはスムーズに目的地に着きましたが、もちろん目的地とは遠く離れたところでした。
さらに地下鉄の駅へ行こうとしたら今日は休みだよと何人の人にも言われましたが、インドでは他にチケット売り場など休みだといってぼったくり旅行代理店に連れ込もうとする人が大勢います。

さて私がよく利用していたリキシャですが、本当に大変な仕事です。
駅に着くとたくさんのライバルと競って旅行者をゲットしようと殺到してきます。
旅行者は料金を交渉して、顔つきや話し方らから信頼できそうかを判断して決めます。
顔つきや話し方から判断するのは感ですが、結構これが当たります。
やはり人間の性格は顔などに出るもので、悪質な詐欺師たちの顔つきは大抵卑しいものです。

料金は私が訪れたときで1キロで20円弱ぐらいだったと思います。
しかもリキシャは競争が激しく客をとれる数はしれています。
インドの夏の暑い中汗だくになりながら必死にこいでも1キロたった20円です。
私も一度こがせてもらったことがありますが、かなりきついです。
もちろん提携先のホテルや土産物屋に連れて行きマージンも稼ごうとしますが、自転車タイプのリキシャはそれほどしつこくなかったように思います。

彼らは一度旅行者を捕まえると次の都市に移動するまでは独占しようとします。
旅行者側も一度利用すると安心して同じ人に頼むことが多いでしょう。
しかしこの独占というのも大変です。
目的地に連れていき客が帰ってくるのをずっと待っているのです。
いつ帰ってくるかもわからず、人がごった返しているところでずっと見逃さないように待たなければならないのです。
私はろくにインド人の顔の見分けがつきませんでしたが、彼らが遠くからアジア人の見分けがつくのか不思議でした。
それでも一度たりとも私を見逃したリキシャマンはいませんでした。
遠出をして6時間後ぐらいに戻ってきたときでさえいました。
その間は当然収入はないはずです。
また朝起きてホテルを出たときも必ず玄関の前にいて、今日はどこへ行くんだと聞いてきました。

観光地でよくあるのがリキシャがバイトを持ちかけてくることです
リキシャで土産物屋に連れて行くと10ルピーぐらいのマージンがもらえるので、5ルピーをやるから土産物屋に行ってくれというものです。
もちろん何も買う必要はありません。
私もやってみましたが、買う気もないのに土産物屋に行って店員の攻撃をかわしてたった10円しか稼げないのはきついです。
でも1時間で20円ぐらい稼げれば定食屋で夕飯が食べられるので、日本の800円のアルバイトと同じぐらいの価値です。

リキシャは大抵オーナーからリキシャを借りて1日10時間ぐらい働くそうです。
レンタル料が15ルピーぐらいで平均的な稼ぎが120ルピーぐらいなので1日の稼ぎは200円弱ぐらいだそうです。
インドと言えどぎりぎりの生活です。
リキシャとは喧嘩ばかりの毎日でしたが、親切な人に出会うと少しでも利用するようにしました。
ただつり銭ぐらいは用意して欲しいです。
毎回バナナなどを買ってつり銭を作るのが面倒でした。

日本にもあるような観光客向けではなく日常の交通でリキシャが使われている国はインドやその周辺国ぐらいではないかと思います。
リキシャは日本語が由来で明治時代にはアジアに多く輸出されました。
人力のリキシャはインドでも減りつつあるようですが、旅行者の勝手な願いとしてはリキシャ文化は残ってほしいなと思います。

riki1.jpg
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/05/10 14:51 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(2)
インド行ったことないから、行きたいでござる。

拙者は、横尾忠則先生のインドへ、を読んでインドに関心を持ったでござるよ。


管理人さんは、インド旅行中に、お腹壊さなかったでござるか?
[ 2014/05/14 01:23 ] [ 編集 ]
>糸色 望さん

もちろんお腹をこわしましたよ。
途上国では毎回ですね。
ひ弱な日本人が現地人と同じものを食べると一発でやられます。
正露丸なんて全く効かないので現地の気合の入った薬を毎回買います。
[ 2014/05/15 00:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方