人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

働かざる者食うべからず

働かざる者食うべからずという言葉があります。
おそらくこの言葉は一般的に受け入れられていることと思います。

人間は生物であり外界からエネルギーを取り入れないと生存できません。
食料を確保し、料理して食べることは生存そのものです。
これは働くということであり根源的には生存と同一です。
なので働くことを拒否するのは生存を拒否することになります。

しかしある程度社会が発展して分業が進んでくると生存に必要な作業と労働は分離します。
元々は食料を確保するための作業はすべて労働ですが、現代社会ではスーパーに買い物に行くことは労働と見なされることは少ないです。
夫や子供の世話としての主婦業やヘルパーが労働とみなされるのは社会/他者のための作業だからです。
労働が嫌いだから社会の余剰分をよこせという人もスーパーへ買い物に行くのも料理するのも労働だから私以外の誰かがすべきだという人は少ないでしょう。
労働が生存のための作業から社会のための作業となり、その対価を使って生活するようになるのです。
しかしこれは社会が複雑化して生きるための作業が分業により複雑化しているだけです。

このように働くということは自分の生存を確保することです。
本来生物として自ら行うべきという感覚があるから働かざる者食うべからずという言葉は受け入れられやすいのでしょう。

一方で働かなくても食べていいと社会にみなされるものもいます。
動物でも大抵の赤ちゃんは働かずに親や仲間に育てられます。
では働かなくてもいいものはどうやって決まるのでしょうか。

それは社会の生産の余剰の大きさによって決まるのではないでしょうか。
そこから働かなくてよい人の人数が決まり、社会の価値による優先度で割り振られていくのだと思います。
決して弱者の意味を問うたり働くことの意味を問うて決まるのではないと思います。
社会で許容できる範囲が決まりそれに合わせた道徳的価値観が形成される側面が大きいのです。
道徳的価値の変化も影響を及ぼしはしますが、社会的余剰の制限下にあるのではないでしょうか。
そうでないと社会システムが維持できなくなります。

以下の3つの指標で決まるのだと思います。

1、社会の生産量
経済が発展すると生産量が上昇するのでそれだけ豊かになり余剰も発生します。
生産量が高い現代社会、あるいは先進国は実際に子供や高齢者や失業者など働かない人がかなりいます。
特に顕著なのは子供でしょう。
10歳で労働させられる国と22歳になってようやく労働に参加する国の差は豊かさの差です。

2、働く人の消費量
例え生産量が多くても消費量が多いと余剰は少ないですし、生産量が低くても消費量が少ないと余剰は大きくなります。
途上国で失業者が多い場合でも成り立つのも消費量が少ないからだと言えます。
ただしこの場合は家族内での再分配となることが多いです。

そうすると生産量-働く人の消費量=余剰となります。
(単純化して投資は0とします)
そして余剰/一人当たりの消費量=働かなくてよい人の数となります。
実際には一人当たりの消費量は平均的な消費量を割り引いたものとなるでしょう。
単純化していますが考えとしてはあってるのではないかと思います。


3、働かなくてよいとされる人の優先度
働かなくてよい人の人数が求められると、ではだれが働かなくてよいのかという優先度が必要です。
一般的に考えられるのは子供、障害や病気を抱える人、高齢者の優先度が高くなります。
特に将来の働き手である子供は優先度が高いですが、昔は間引きの習慣があったように働かない=死ということもありました。
文化や豊かさの度合いなどによってこの優先度はかなり異なるでしょう。

では働かなければいけないとされるのに働かない人はどうなるのでしょうか。
社会の余剰がない以上は家族などの集団が面倒を見ることになります。
すなわちその集団が平均的な消費量以下の生活をしたり、平均的な労働量以上の労働をすることになります。
しかしこれらは個別の問題であり現在の社会が定義する働かなくてよいひととはなりません。


現在は働かない人への風当たりが強くなっています。
それはこのままでは現在の生活レベルを維持できないと感じる人が増えているからです。
なぜなら生産量がそれほど上昇していないにも関わらず消費量が増えているからです。
長寿社会になり医療や介護費が上昇し一人当たりの消費量が増加してきています。
教育費や日常の生活費なども以前と比べると上昇しました。
そうすると働かない人をこれ以上増やすと一人当たりの消費量が維持できません。
そのため働かない人を減らす方向へと価値観が形成されていきます。

では働かなくてよい人が多い社会にするにはどうするべきでしょうか。
現在の生産量は十分なので働きたくない人は働かなくてよいのだというひとがいます。
それはかなり無理があると思います。
なぜなら現在の生活レベルに不満を持っている人が多いからです。
消費税を少し上げるだけでも家計が苦しくなり不満を持つ人が多いのに働かない人のために負担を増やすのは難しいでしょう。

あるいは金持ちからとればよいという人がいます。
実際にお金持ちから取ることができてお金持ちも納得して変わらず働いてくれたとしても難しいでしょう。
この場合は働く低・中所得層の負担軽減に向けられるでしょう。
すでに現状維持が難しくなっているので働かなくてよい人を増やす方向にはいかないと思います。
格差是正は支持しても働かなくてよい人を増やすことを支持する人は少ないでしょう。

それでは働かなくてよい人が増える社会とはどのような社会でしょうか。
皆が高い生産性でよく働き、さらに一人当たりの消費が少ない社会です。
例えば日本の高度成長期は当てはまるのではないでしょうか。
この頃は企業は週休1日で長時間労働で皆が働いていました。
また現在ほどモノにあふれておらず高齢化率は低く、平均寿命も10年ほど短い時代ですので消費も現在よりは少ない時代でした。
調べたことはありませんが、この時代は働かない人、あるいは公務員などで実際は働かない人はたくさんいたのではないかとにらんでいます。


働かざる者食うべからず。
逆説的ですがこれこそが働かない人が存在することが許される社会に必要なのではないでしょうか。
生産量が増えることは余剰に直結します。

そしてシンプルライフ。
多少税金が上がったところでシンプルライフであれば十分暮らしていけるので働く人たちの不満も軽減されます。
すなわち働かない人にお金が回りやすくなります。

この二つの価値観を教育などで広めることが重要です。
そして周りの人にはたくさん働いてもらって自分はこっそり働かないようにするのです。

個人は所与として与えられた条件で生き抜く知恵を身に着けるしかありません。
文句を垂れていたところで何も解決しないし、自分と社会との価値観の距離が大きくなり負のスパイラルに陥っていくだけです。


追記

働くことの意味などのあるべき論ではなくこのような下部構造の視点からの研究はないのでしょうか。
産業革命あたりから労働人口、GDPの配分の割合、家庭の消費性向、生活保護者、浮浪者の数などから厳密な研究を誰かにして欲しいです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/04/26 19:18 ] 雑感 | TB(1) | CM(10)
働かざる者食うべからずってもともとは不労所得で荒稼ぎする資産家達を戒める慣用句だそうですね。
今では他人をこき使うための大義名分になってるようにも思えますが。
[ 2014/04/26 19:57 ] [ 編集 ]
>yamyasさん

元々は新約聖書の言葉からきていますが、様々な時代や人でそれぞれの立場から使われますね。

このような話は経済、社会構造から語られることがあまりないので記事にしてみました。
[ 2014/04/27 00:09 ] [ 編集 ]
まさに私のブログのテーマですね。働かざるもの食うべからずではなくて、一日作さざれば一日食らわずですが…。いっぱい食べたい人は働いてください、私はそんなに働かないからそんなに食べないことを選びましたという。

おっしゃるとおり、社会が(その消費量に対して)十分に豊かであれば、生産量を上げるために人が働かなくてもいいはずなんですよね。新エネルギーの開発が進めば近い将来にあるいは・・・と夢想することもあります。

不勉強にしてそのような研究があるかどうかは知らないのですが、あったら読んでみたいですね。
[ 2014/04/27 07:35 ] [ 編集 ]
大量消費(物語消費)社会に絶望したっ!
足らぬ足らぬは工夫が足らぬっ。
[ 2014/04/27 12:28 ] [ 編集 ]
ソローの言葉
ソロー「忙しさにこれで十分ということはない。蟻も忙しいのだ。問題は、何にそんなに忙しいのかということである。」

「金のために働く人間を雇うな。その仕事を愛するがゆえに働く人間を雇え。」

「人間は自ら作りだした道具の道具になってしまった。」

「大多数の人間は、静かな絶望の生活を送っている。」

ソロー語録 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4892570605
[ 2014/04/27 12:41 ] [ 編集 ]
>成為さん

産業革命ぐらいから現代までは科学技術の進化がダイレクトに生活の向上に結びついてきましたからね。
もう少し労働時間の減少のほうに向かえば良かったのだとは思いますが。

しかしこれからは資源の有限性の壁やサービス業の生産性の向上の難しさなどで簡単にはいかないんでしょうね。

エネルギーのブレイクスルーは当分来ないかもしれませんが、例えば自動車やバスの自動運転が普及するだけでも色々と変るのかも。


>糸色 望さん

本当に何にそんなに忙しいんでしょうね。
私もずっと忙しい人生を送ってきたので人に言えないのですが。
[ 2014/04/28 00:40 ] [ 編集 ]
今は食糧を作るために働かなくても食える社会
産業の人口比ですが、19世紀以前はどんな国でも人口の8割から9割は農業従事者でした。それだけの労働力を振り向けなければ全体の口を満たせなかったということでしょう。今は先進国の第一次産業従事者は5%以下です。農業に必要な肥料、農薬、機械、燃料を生産することも必要ですので農業に必要な労働力はもう少し上がるでしょうが、今は農業生産を直接しなくても食べれる社会になったということです。

あとはエネルギーでしょう。化石燃料に替わるエネルギー(核融合とか)が実用化されれば働かなくても生活できる社会により近づけるのではないでしょうか。
消費が上がりすぎて地球の環境がやばくなったらその次の課題はどうやって宇宙に出ていくかという問題がでてくるでしょう。
[ 2014/05/01 09:15 ] [ 編集 ]
>ケンぺスさん

3時間労働ぐらいなら100年後ぐらいには達成されるかもしれませんね。。
その頃には現在の先進国のように人口減少期に入って資源や環境の問題は解消しているようにも思えます。

ただ働かなくなったとしても結局人間は何らかの活動をせざるを得ないでしょう。
そして最終的には少なくなった仕事を皆で取り合うのではないかと思います。
やりたいことを自分で見つけるより与えられた仕事をするほうが簡単ですし充実感を得ることができますから。
[ 2014/05/02 01:04 ] [ 編集 ]
深いですね~
そんなこと考えもしませんでした。世間の余剰と働かない人の関係何て。
でもよく読むと、なるほど~と思わせられました。
すごい文章力です。逆立ちしてもまねできません(逆立ちは出来ません。笑)
[ 2014/05/19 11:17 ] [ 編集 ]
>ひでさん

ありがとうございます。

私はどちらかというと政治や経済の構造が社会の価値観を形成するのではないかという考え方です。

「働かざる者食うべからず」についてはよく語られているのに、マクロの視点で語られることがあまりないなあと思い記事にしてみました。
[ 2014/05/19 23:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人類は社会的価値を優先
人類以外の動物は目の前の餌や異性にかぶりつきますが、人類はそうではない。人類の身
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方