人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2014年2月のお奨め本

2014年2月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・赤朽葉家の伝説 (桜庭 一樹)

山陰地方で長年製鉄業を家業として紅緑村に君臨してきた赤朽葉家。
辺境の人に置き去りにされ村の若夫婦に育てられた万葉は長じて赤朽葉家の大奥様のタツに請われて赤朽葉家に嫁ぎます。
万葉は幼いころから幻視をして、赤朽葉家に嫁いでからも何度か未来を幻視して千里眼奥様と呼ばれるようになります。
万葉は長女毛毬を産みますが、毛毬は奔放な人生を歩みます。
そして毛毬は瞳子を産むことになります。
祖母や母とは違い赤朽葉家を守るような存在にはなれそうにもない、あまりにも普通の女性である瞳子が語り手となって万葉に始まる、毛毬、瞳子の女三代の話が語られます。

小さなエピソードを重ねていくタイプの大河小説です。
このような手法がうまくいくと豊饒な世界が形成されていくから不思議です。
特に万葉という魅力的な主人公には引き込まれていきました。
ただ万葉が魅力的過ぎて、二代目の毛毬になると豊饒な世界性が薄れたように感じます。
そして最後の瞳子まで行くとあまりに現代的で普通の女性になります。
戦後昭和史と絡めていることもあって時代性を表しているのでしょうが、ファンタジー性が強い小説なので万葉の世界を継承したほうが良かったのではないかと思います。

とは言えエンターテイメント性を持つこの豊饒な世界は十分に楽しめます。
大河小説、年代記ものが好きな人にはお薦めです。




・シナプスが人格をつくる 脳細胞から自己の総体へ(ジョセフ・ルドゥー)

近年の脳神経科学の研究成果からシナプスの構造を解説しています。
認知と情動とモティべーションの側面からシナプスはどのような働きをするのかを述べています。
歴史的にどのような実験がなされ、知見がどのように変化してきたかまでかなり詳細な解説となっており、読みごたえがあります。
特にシナプスの可塑性について著者は何度も強調しており、この可塑性こそが記憶、学習、恐怖などのシステムの基礎となっており、それが人格の形成へと繋がっていくものとしています。

興味深かったのはワーキングメモリーの働きと情動の働きです。
ワーキングメモリーは何らかの作業をするために一時的に情報を置く場所です。
情報を引き出してワーキングメモリーに置くのですが、情報を引き出す回路に障害があるとその情報を利用できなくなります。
例えば過去に出会った危険な状態を学習として利用できなくなります。
このワーキングメモリーこそ人の意識を形成するのでしょうか。

情動システムは必ずしも意識上に現れるものではなく、無意識下でも動作します。
実際に人種差別的傾向がある人物に意識できないレベルで黒人の写真を見せると情動システムが作動するという実験があるそうです。
嫌悪を意識上で感じるのではなく、先に無意識下で嫌悪を感じているのなら人種差別とは物理的な脳神経の問題なのでしょうか。
もちろんシナプスが可塑性であるのなら、意識上で嫌悪を感じたことが回路を形成しからとも言えるのですが。

それにしても脳神経科学の本を読むと人間の行動すべては物理的なものであるのではないかと思ってしまいます。
犯罪や怠け者、精神的な病気などすべてが脳神経の問題であるとしたら治療対象となってしまうのではないかとどうしても考えてしまいます。
専門家は遺伝子決定論的な考えは否定します。
しかしたとえ遺伝子より環境の原因が強くても起こっているとが脳の中の物理的現象であるのなら、それは治療対象になるのではないでしょうか。

数百年後ぐらいには脳神経科学や分子生物学が社会をどのように変えるのか見てみたいものです。




・制服捜査 (佐々木譲)

札幌で長年刑事だった川久保は道警不祥事を受けた大異動により農村の駐在となります。
事件などほとんど起きそうにない田舎ですが、一つ一つの事件を通して閉鎖的で犯罪を隠そうとする社会構造と向き合い職務を地道にはたしていきます。

田舎で起きる事件なので派手さはないものの川久保が駐在として果たす役割をきちんと行う姿が淡々と地味に描かれています。
個々の事件の解決もあいまいに終わるものが多く、鮮やかな推理で犯罪者が捕まえられて裁かれるというようなものではありません。
しかし地味ながらもこの味わい深い渋さが良い味を出しています。
操作は刑事がするのであって駐在である川久保はあくまで刑事への協力や通常の駐在としての業務から事件の解決に努力しています。
村の閉鎖的な体質と向き合い村社会との距離感に苦労しつつも、駐在として村の治安維持と事件の解決に努力する様は地域の荒涼感と相まってハードボイルドな雰囲気を醸し出していると思います。

警察小説が好きで派手さのない地味なタイプの小説も好きならお薦めです。

関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/03/16 15:02 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方