人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

サカナクションってさかなクンじゃなかったの?

大晦日の夜は毎度のことながら見たいテレビもなくチャンネルを切り替え続けていました。
すると紅白でサカナクションが出場していました。

えっ、サカナクションってさかなクンじゃなかったの?
そうです。私はサカナクションを長い間さかなクンのことだと思っていたのです。

ネット上で何度か「サカナクション」という単語を目にして、歌手かバンドであることは知っていました。
そこで脳内ではさかなクンの歌手名としてカタカナにしたのだろうということで知識がストックされました。
もちろん「ショ」が何となく余分だなとは思っていたのですが、それが当然の疑問であることと認識されずしたがって調べてみようという発想は起こりませんでした。
自分の興味のないことだったので思考がそこで停止してしまっていたのです。

年を取ると流行りの歌手が分からなくなる人が多いと思います。
私はジュディマリぐらいまで分かりますが、それ以降はほとんど分かりません。

歌手だけでなく社会の様々なことにますます興味を持たなくなっています。
芸能界のことから環境問題、悲惨な事件、外国で起こっている出来事、知り合いの生死など。

でもこれは自分にとっては良いことです。
年を取るとそれだけ残りの人生が少なくなるということです。
限りある時間を自分にとって重要性を持たないことに意識を向けるのは時間と労力の無駄です。
年を取ると本能が時間の重要性を感じ取って無駄な時間を過ごさないようにしてくれているのかもしれません。

子供のころは友人との話について行くためにドラマを見たり、ゲームをしたり、漫画を読んだ覚えがあります。
大学生のころは女の子にモテようとして流行りのものやデートスポットの知識を仕入れていたものです。
そのころは友人との関係を円滑にすることや彼女を喜ばせることのためにそれはそれで意味のあることだったのでしょう。
私の人生にとって友人も彼女も大事だったのですから。

また人権や環境問題のことを知ることは人として大事なことだと思っていました。
自分は恵まれた生活をしているけれどそうでない人が世界にはたくさんいることを忘れてはいけないし、自分でできることはしなければいけないとも思っていました。
これも意識高い若者としてのイメージの消費は心地良いものだったのでしょう。

しかし年を取ってくると本当はそんなものに興味はあまりなかったのだと気づきます。
自分に興味を持ってもらいたかったり、無難に生活を送りたかったり、自分は優れていると思いたかっただけです。
年とともに自然と興味が向くのは自分にとって本当に面白いことだけになってきました。

自分にとって面白いことや大事なことしか興味がなくなる。
これこそ老人力ではないでしょうか。
きれる老人のように他者への依存心を高めるのでなく、様々な見栄やしがらみから逃れて自分が面白いと思えることだけを大切にするようになる。
年を取ることも悪くないのかもしれません。

それにしてもサカナクションをさかなクンのことだと思っていたのはちょっとひどいようで、会社の若い子たちに爆笑されてしまいました。
勘違いしていたのは絶対に私だけじゃないと思うのですが。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/01/18 01:22 ] 人生 | TB(0) | CM(2)
とま
面白い話ですね。

でも笑い話は楽しいことなのでいいことですよ。
(私も笑いました)

大人になり一通りの経験をし一巡すると自然と取捨選択するようになっているのでしょうね。

よく老人になると子供にかえると言いますけど
老人=会社から離れ、子どもが巣立ちった後という
なんのしがらみもない状態になると自分の興味のあるものしか
関心を示さないのは当然なことです。

しかし老人になる前であっても皆同じ共通の話題や経験を持つ必要もなく、それが個性ということであり、いいことではないのでしょうか。(もちろん常識とかは必要ですけど)
[ 2014/01/19 12:55 ] [ 編集 ]
>とまさん

そうですね。
一通りの経験をしたことがやはり大きいのだと思います。
あとは社会人となると人間関係が希薄になったことでしょうか。

>老人になる前であっても皆同じ共通の話題や経験を持つ必要もなく
本当はそうなのでしょうけど、若い人は周りについていけないことが不安なのでしょうね。
私もそうだったのだと思います。

自分にとって意味のないことをもっともっと排除して行けたらなあと思います。
[ 2014/01/19 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方