人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

東アジアのめんどくさい国々

安倍さんが靖国に参拝したのは正直驚きました。
中韓に比べて外交的優位に立っていると思っていたので、自ら中韓に資する行為をするとは。
結局日本の二世政治家も韓国の二世政治家と同レベルだということでしょう。

それにしても戦後70年近くたってすでに戦争経験者もだいぶ減ってきているのに、いまだに揉めているこの進歩のなさは何なのでしょう。
どうでもよい小さな島でもめることの愚かさをいつまでたっても学習しない人たちは何なのでしょう。
自分の思想や信条がありそれをただ追及するというこの幼稚さにはあきれ返るばかりです。
どんな物事でも自分とは立場の異なる他人がおり、それを無視しては何もできないし自分が交渉を有利に進めていく道筋も立ちません。
国でも会社でもそれは変わりません。
これから中国が国力を増す一方で日本は国力を落としていくというのに合理的な戦略を立てることができない政治家しか選べないことは不幸なことです。
自分は悪くなく他人が悪いという発想を政治家やメディアはそろそろ捨てるべきでしょう。
右翼や左翼は責任を持たない存在なのでそれでよいのかもしれませんが、政治家やメディアは日本と国際社会に対して責任を負った存在であるはずです。
そして少なくとも東アジアでは経済的にも政治的にも日本が最も豊かで進んでいる以上は、日本が冷徹な戦略を取りつつも大人の対応を取らないといけないし、アセアンやEU、アメリカもそれを望んでいるのではないでしょうか。

それにしても最近思うのは社会階層間の壁です。
上から目線になってしまいますが平均より恵まれた社会的場所で生きてきたせいか嫌韓などというような知性のたりない人にほとんど出会ったことがありません。
それなりに自分に自信があり余裕がある人たちは自分の存在を日本というイメージに過度に依存するようなことはないのでしょう。
一方で大学や仕事、海外旅行などで中流層以上の中国人や韓国人と出会い、彼らに親近感も持っています。
日本の嫌韓とかいう人のほうが身近にいない分よっぽど遠い存在です。
中国人や韓国人の中流層にしてもデモなどをする人には嫌悪感を抱き、日本の中流層に親近感を持っているのではないでしょうか。
現在では国家間の対立よりは日中韓の中流層と国に精神的な依存をしている層との対立のほうが大きいのではないでしょうか。
そして得てして中流層は政治的な力を持つことは少ないです。

中国のことはあまり分からないので想像ですが、中国の中流層はまだまだ大きくなっていくのではないでしょうか。
そうすると理性的に行動できる人が増えていきそうです。
ただしそうなったらそうなったで共産党による独裁も揺らぐ可能性があるので社会が不安定になってしまうのかもしれませんが。
心配なのは日本と韓国です。
これから両国はおそらく中国とは反対に中流層が減っていくでしょう。
日本のここ数年の愚かしい馬鹿騒ぎはやはり中流層が減り、社会的な安定を失いつつあるからなのではないでしょうか。
韓国でも中流層が減っているという記事をよく見かけます。

いやはや心配です。
これだけ地球が小さくなったというのに世界に目を向けられないのは何とも情けないしもったいないものです。
平凡な意見しか言えませんが、ビジネスや文化、観光、留学など交流する機会を地道に広げていくことしかないように思えます。
それにより多様な視点を獲得して物事を多面的に見ることができるようになります。
少なくともネットで拾った意見などを無批判に信じるようなことはなくなるでしょう。
また結局は豊かさと安定を持つ社会では他者への攻撃が少ないように思えます。
現在の日中韓のメディアとネットユーザーがどうしようもなく低レベルなのは格差や経済の先行きなどの不安も大きく影響しているでしょう。

世界各地には国や民族間の対立、紛争がいまだにあります。
いつまでたっても争いばかりで解決能力を持たない国々が残念ながら多数を占めます。
そして気が付けば東アジアも日本、中国、韓国、北朝鮮と面倒な国が揃っています。
特に日本、中国、韓国は世界有数の国力を持つ国ですし、日本と韓国は民主主義的価値を共有する国です。
そんな国が揃う地域が不安定なのは世界にとって迷惑この上ないでしょう。
一番まともそうな国の首相がわざわざ問題をややこしくするのでは、今回アメリカが珍しく強い口調で抗議したのもわかります。

私見ですが、ヨーロッパの戦後の国家関係が安定しているのは長い長い戦争の歴史を経験してるからではないでしょうか。
戦争とその戦後処理を繰り返すことによって関係を安定させる方法を学んできたのだと思います。
そのような歴史を経て第一次大戦の戦後処理でドイツを追いつめてしまったことの反省が第二次大戦後の安定につながっているように思えます。
一方で東アジアでは中国というスーパーパワーがあったこともありヨーロッパと比べてそれほど戦争を経験していません。
ヨーロッパと比べて戦後処理の約束事というものが慣習化できなかったのではないでしょうか。
そして20世紀にはいるころから東アジアの枠組みをひっくり返すような戦争が起こり、戦後処理の方法を学ぶ前に第二次大戦とその終結を迎えてしまったのだと思います。

今後も不毛な争いは続くのでしょうが、あまり世界からめんどくさい連中だなと思われないように自制してほしいものです。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/12/28 11:53 ] 社会 | TB(0) | CM(5)
最近の傾向
including Japanというわけですね。

私の周りにもほとんどいないですね、そういう人。香港で働いている友人は中国人大嫌いですが、それはちょっと観点が違うようですし。

同じように個人的に知っている中国人韓国人に悪いイメージはほとんどないです。

最近やたらと日本は凄い、日本はクールだという記事が目につくのも、外を見たくない人が多くなってきている一つの現れかもしれません。周りが火事になっているのに見えないからといってなくなったことにはならないのに。
[ 2013/12/28 13:33 ] [ 編集 ]
中国人の印象
東京では、外食屋やコンビニは中国人が接客するというのはもう日常の光景です。私は東京で仕事をしていて仕事上でも中国人に接することがよくあります。その経験から受けた印象なんですが、彼らはことごとく日本語を流暢に操ります。翻って中国語を話せる日本人がどれほどいるでしょうか。その一点をとっても中国人には感心させられます。加えて中国人とは実に仕事の話ができます。損得に敏感で契約もきっちり守ります。日本にいる中国人は契約を守ることが日本で信頼を得る一番の方法なのだと自覚してる人が多いです。
 ただしプライベートを教えるのは怖い。自分が独身であるかを知りたがり、独身であれば恋人を紹介するといってくる中国人にずいぶん会いました。どうにかして日本での滞在資格を得ようという意図が強烈です。外国への浸透力も恐るべきものがあると思いました。

あと日本にいる中国人の特徴として感じることは、政治の話に決して立ち入りません。そんな話になってもそれは国のことだからとお茶を濁します。愛国心があるのかなと首をかしげることもあります。
彼らから受けるのは、彼らにとって一番大事なのは家族(一族)、次が同郷の人、その次が故国です。中国人からは欧米人ほど愛国心を持っている印象はいままで受けたことがありません。
[ 2013/12/28 16:02 ] [ 編集 ]
>成為さん

確かに日本はすごいというような本や記事はよく見かけますね。
あとよく思うのですが、例えば韓国より優れている日本の産業などをさも自分の自慢のように言って韓国を揶揄することを不思議に思います。
あなたはどれだけ日本の優れた産業に貢献しているのですかと聞いてみたいです。

>ケンぺスさん

私も同じような印象を持っています。
広大な国でずっと不安定だった国では、当然愛国心よりは家族や同郷のつながりのほうが信頼できるんでしょうね。

中国人の優秀さには確かに舌を巻きます。
ぬるま湯につかっている私などとは本気度が全く違います。
中国人やそれにインド人にはすさまじく優秀な人がいますが、どうして国としてはあまりうまくいかないのか不思議です。
やはり日本のように平均的な人のレベルの高さが必要なのでしょうか。
[ 2013/12/28 23:27 ] [ 編集 ]
嫌韓、嫌中を考える
私自身韓国人や中国人が好きかと問われれば、…となります。理由は彼らの社会の常識が自分の嫌悪感に触れる部分があるからです。自身が接する中国人や韓国人に対してはは概ね問題ないですし、親近感がありますが。

彼らの常識には、一族親戚の金は自分の金であるという意識があります。例えば、ニートの叔父が私を訪ねて「お前は高い給料貰ってるんだから俺に毎月5万円ほど生活費をくれ」と言われたら、そのようなことをいう前に仕事を見つけるべきだと断るでしょう。また断っても世間的に非難されることは日本ではありません。しかし中国や韓国で私のような態度を示したら、私は人でなしだと世間的に非難されます。ニートの子供を養っている親は日本でも多いでしょうが、彼らの社会はそれが一族単位に敷衍されいる感じなのです。

ここで中国、韓国におけるニートの叔父の言い分を忖度すれば、「俺は貧乏だが、俺の子孫に優秀な子供が出て成功すればお前の子孫が困窮した時に援助するからいいではないか」という感じでしょうか。ここにあるのは、返済期限のある債権債務の関係ではありません。一族単位で所得を還元しようという福祉といっていい発想です。日本人にも地域や家族親戚関係の濃淡はあれ確かにこういう意識はあります。
ただ、韓国人、中国人の社会ではこの意識がことのほか強く、まず自分でなんとかして自立するよう努力するのが前提だという私の持ってる意識からすると違和感をぬぐえません。

数年前尼崎で在日韓国人のおばさんが徒党を組んで、日本人の親戚の家に転がり込んで散々たかった挙句その親戚の財産を奪って自殺させるという事件がありました。勿論韓国でこんなことをやっても非難されるのは間違いありませんが、彼らの常識からするとあり得ることだと私は思いました。

彼らの常識を非常識だというつもりはありません。一族単位で続く時間の中で相互に扶助しようという構造は、国の援助が期待できない社会では結構合理的な仕組みだと思いますし、それが人の道ではないかと言われれば納得できなくもないです。ただ、このような常識に予備知識もなくいきなり遭遇すると戸惑う日本人は多いのです。そしてこういう経験をしてしまった人は韓国人にものすごい嫌悪感を抱きます。そういう日本人にもいくらか会ったことがあります。

外国人と付き合うには、その社会がどのような歴史と背景を持ち、そこからどのような常識を持っているのかを理解した上でつきあい方を決める必要があり、そこから共感できる部分とできない部分をはっきり区別してつきあう必要があると常々考えています。それをしないと関係が険悪になるばかりです。
もっとも靖国の問題は、こんな外国人とのつきあい云々とは全く次元の違う話だと思いますが。
[ 2013/12/29 12:47 ] [ 編集 ]
>ケンペスさん

おっしゃる通り一族の出世頭にたかったりするのは国家システムとの関係が大きく、民族性とは関係ないでしょうね。
戦前の日本も似たようなものだったでしょうし。
またそういう点では中東やアフリカは中国などとは比ではないように思います。
むしろ日本や欧米諸国の自立の感覚のほうが世界的にはマイノリティではないでしょうか。

相手の国の歴史や背景を理解するのは結構難しいことだと思います。
そんなことに興味のない人がほとんどではないでしょうか。
嫌悪感を持ったからといって相手を全否定してはいけないし、同じ属性を持つ集団全てを敵視してはいけないし、当然人として許されない態度をとってもいけないのではないかと思います。
それは外国人とか日本人とか関係ないことです。
この現代人としての基本的態度を身につけることができていない人が多いんだと思うんですよね。

私自身は歴史的関係や背景など気にして外国人と付き合ったことはなく、自分とは感覚が違うなと思うぐらいですね。
外国人に限らず自分とは異なる部分を持っていて当たり前ですし。

全世界共通で守らなければならないルールを破っていると感じた時には嫌悪感を持ちます。
例えば、カンボジアでは児童売春が多くプノンペンを歩くとよく誘われますが、その時はさすがに激しい憤りを感じますし、相手の人間性を否定します。
しかしぼったくりバイタクぐらいであれば腹は立つし喧嘩にもなりますが、相手の人間性を否定まではせず、後で仲良くなったりもします。
ぼったくりにはぼったくりの論理がありますからね。
[ 2013/12/30 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方