人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

個人情報駄々洩れ時代

Facebookのいいねボタンを押すとアカウント情報がFacebookに送られていることが以前に話題になっていました。
たまたま見ていたサイトに関連する広告がそのあとしつこく表示されるというのは誰もが経験したことがあると思います。

ネット上での個人の様々な行動は情報として集積され広告のマッチングなどに利用されています。
現在では誰もがスマホを持つ時代ですが、決済、メッセンジャー、カメラ、GPS、利用するアプリなどから得られる情報はもの凄いでしょう。

特にグーグルは恐ろしいほどの個人情報を集積しており、自分に関連する情報をグーグルのサイトからダウンロードするととてつもない量になると言います。

私が怖いと思うのはグーグルマップのロケーション履歴です。
私はOFFにしていますが、アップデートのせいなのか何度か知らない間にONになっていた経験があります。
この機能に普通の人は恐ろしさを感じないのでしょうか。
その人の日常生活での行先をグーグルにすべて把握されてしまいます。
地図情報を合わせると勤務先、営業先、飲み屋、ホテル、退社時間、帰省先、病院などほとんどその人の行動が筒抜けになります。
奥さんがこっそり夫のスマホのグーグルマップのロケーション履歴をONにしておけば行動はすべてばれてしまいます。
これらは離婚時に何らかの証拠として認められるのでしょうか?
近い将来は緯度、経度だけでなく高さも把握できるそうですが、訪れた家や店もほぼ正確に把握できる時も間近でしょう。

またgmailの内容はメールの拡張ソフトを開発している業者などが見ることができるという記事も何度か見たことがあります。
あくまで開発のためであり厳しい規約を守ったうえでという建前がありますが、目的外利用なんて簡単におきそうですし、そもそも開発のためと言えど他人のメールを読むことが許されていいのか疑問です。

まちにはあらゆる場所に監視カメラもありますし、そもそも現代社会ではプライバシーが成り立たないのかもしれません。
中国人が個人情報に無頓着なのはそもそもすでに個人情報なんて政府に筒抜けと分かっているからと聞いたことがあります。
中国では監視社会が急速に進んでいようです。
ウイグル地区の監視カメラ網やウィーチャットの監視などはまさしく昔イメージされた監視社会でしょう。
科学技術の進歩で監視国家が可能となり、それを堂々と行う政府は今後も増えていくでしょう。
強権国家が増えつつある時代なので余計に怖いです。

私自身は今のところ個人情報が把握されることをそれほど気にしていません。
(さすがにグーグルマップにロケーション履歴を把握されるのは嫌ですが)
利便性を引き換えにしていると割り切っています。
しかし気にしている人は結構いると思います。
通販は必ず代引きにしている人は相当数いるでしょう。
それでも通販を代引きにしたりクレジットカードやポイントカードを持たない人もスマホやネットをするでしょうし、そもそも代引きでも買い物をした店には情報が渡るので大した効果がないように思いますが。

AIが進化すると収集した情報から意味のある情報を抜き出す技術は飛躍的に進歩しそうです。
遺伝子情報のような個人情報の深化もアマゾンエコーのような個人情報取得の手段の多様化も進んでいます。
相手がよく分からないという前提で商売や交友がなされる時代から、相手のことを深く分析されていることが前提の商売や交友がなされる時代に変わりつつあるのかもしれません。
消費以外にも結婚相手や取引相手、採用などマッチングが必要なあらゆる場面で利用可能でしょう。
あるいは敵対する相手を追い込むためにも。
技術的にはすでに可能でしょうが、それを利用できるのは政府やグーグル、アマゾン、Facebookなどの情報を集める力があるところだけなのでしょう。
やはり今後の社会は情報を集めたものが強者となりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/07/24 17:20 ] 雑感 | TB(-) | CM(4)

2018年6月のお奨め本

2018年6月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。


・時間の非実在性 (ジョン.エリス・マクタガート )

マクタガートの著名な論文「時間の非実在性」の永井均による日本語訳と詳しい注釈です。
これだけ有名な論文にもかかわらず初めての日本語訳です。
マクタガートのA、B、C系列という言葉はよく出てくるのでこの論文は読んでいたほうがいいと思います。
この論文への批判はかなりありますが、議論のたたき台として使われてきた論文ですし、その視点のユニークさはやはり面白いと思います。

訳者による注解は論文の解説というよりは自分の考えを述べる土台としていますが、この注解が面白かったです。
マクタガートは「いま」という捉えどころのなさに注目したのであり、訳者は「わたし」という比類のなさと同じ構造であると考えます。
何らかの主体を想定した時に議論は深い混迷の世界に入っていくようです。

他の時間論とは少し捉え方が違いましたが面白いです。





・西洋美術史入門 (池上 英洋)

初めて美術史に触れる人向けの入門書です。
中高生向けという感じなので易しいですし、すぐに読めます。

絵画をはじめとする美術は現在以上にメディアとしての役割が大きく、個人が趣味として美術を楽しむようになったのは近代に入ってからです。
それだけ過去の社会は美術と深く結びついており美術から歴史が見えてきます。
美術は文字を読めない庶民でも見ることができたので、文字による資料よりもよりその時代を映し出しているのかもしれません。

美術はどのような社会的背景があって描かれたのが、どうしてそのような様式で描かれたのか。
そのようなことを考えるのが美術史ですが、その意味で特に興味深かったのはオランダです。
周りの国の絶対王政ではなく共和国であった17世紀のオランダでは個人が美術を楽しむようになってきたそうです。
と言ってももちろん富裕な商人ですが、このことが描かれる対象、作品の技法や大きさなどに影響を与えたようです。
富裕な商人と言っても王様ではありませんから、資力も限られていますし、普通の家に飾るということ前提となり、近代の絵画の方向性に影響を与えたということでしょう。

美術史に興味を持った時の最初の本として最適だと思います。




・ザ・ポエット (マイクル コナリー)

記者のジャックは双子の兄で殺人課の刑事を亡くします。
最初は自殺として処理されますが、ジャックは殺人事件であることを突き止めます。
そして他州でも刑事による自殺のいくつかのケースで兄の事件と共通点があることを知ったジャックは兄を殺害した犯人を追い始めます。

ジャックとFBIの捜査過程がテンポよく展開するのを楽しむ本です。
ジャックの人物描写が若干退屈なのと結局犯行理由がよく分からないのが消化不良でしたが、読みだすと止まらないタイプの小説でした。
ハリーボッシュシリーズよりはエンターテイメント性が高いです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/07/08 17:31 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(0)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方