人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

どんどん社会に興味がなくなっていく

先週は旅行に出かけていましてブログを休みました。
今後旅行にちょくちょく出かけるつもりでブログが休みの週は旅行に出かけているということです。

私は社会ネタをよくブログのネタにしています。
けれど私はほとんど社会のことには興味がありません。
ネタが思いつかないときに書きやすいネタに逃げているだけです。
書いていることは本心ですが、強く何らかの感情を抱いているわけではないです。
私が興味があるのは現在の金融緩和や財政政策の帰結、科学技術の発展がどこまで社会生活を変えるかぐらいです。
格差の問題、原発、憲法改正、現在の社会主義的な政策、政府による賃上げ要求や働き方などの国民生活への干渉、様々な利権に関わる問題など、ほとんど興味がありません。

理由の一つは社会というのは結局個人の情動的なものの集合を反映しているだけのように思えるし、議論がそれほど発展的でないし質が低く知的な刺激を受けないからです。
研究者の研究でさえ、情動に流れているような議論や、根拠が薄弱な議論が見受けられます。
社会学全般に言えますが、根拠や論理を大事にした議論より評論のようなものが多いのではないでしょうか。
国難突破とか口に出したら赤面しそうなことについてどれだけの人が興味を持てるのでしょうか。

次には私が年を取ってきたせいか、自分が逃げ切れるという意識が出てきており、また次世代への責任感が薄れているということです。
そのためか社会なんてどうでもよくなってきており、自分には関係ないものになりつつあります。
私は政治でも経済でも日本は悪い方向に進んでいるのではないかと思います。
しかし、私自身は人生の半ばをこえたのでこれから少々社会状況が悪くなっても仕方がないと思うようになっています。
また子供がいないためか次世代に引き継ぐ社会に興味を持たなくなっています。
政治や経済が悪い方向に向かっているとは思えど、世界経済は当分成長しますし、イノベーションも進んでいくと思っているので総合的には社会は今後も少しずつ良くなっていくとは思っているのですが。

そして一番の理由は何よりも今の生活が楽しくて他のことはどうでもいいと思っていることです。
自分の人生がうまくいっていないときは社会への興味が強かったと思います。
特に20代の頃は社会の非合理や不正などに怒りを普通の若者並みには持っていたと思います。
うまくいかないということは社会にも何かしらの原因があると考えるのではないでしょうか。
たとえそれが自分のうまくいかないことと関係がなくても、そういう非合理な社会の存在そのものが自分の状況を癒してくれるたり、理由付けたりしてくれるように感じます。

けれど今の私は自分の人生にほとんど不満がなく、毎日が楽しいです。
社会のことや他人のことには興味を向ける時間が勿体ないと考えています。
世の中には学問の楽しみ、物語の楽しみ、美味しいものを食べる楽しみ、自然や街の中に身を置く楽しみと楽しいことばかりです。
社会にどれだけ問題があろうと現代の日本社会はポジティブなところが圧倒的に多いと感じられます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/10/29 16:33 ] 雑感 | TB(-) | CM(6)

この20年で日本は豊かになったと思う

現在の景気回復はいざなぎ景気をこえてきているそうです。
確かに緩やかながら景気回復は進み、現在はかなり景気がいい状態だと思います。
とはいえ、国際社会は権威主義的な国が目立ってきていますし、日本の将来に対する不安は増すばかりですが。

バブル崩壊後の失われた20年とか、収入は下がるばかりだとか言いますが、私はこの20年ぐらいで日本は豊かになったと思います。
実質GDPは20年で15%以上上がっています。
経済が成熟しており高齢化も進む先進国にしてはまずまずではないでしょうか。
個人的な実感としても20年前と比較すると生活が豊かになったと思います。

民間の平均給与は1997年で467万、2016年で421万円です。
おれの給料は上がらないとかいう人がいますが、確かに平均では50万弱下がっています。
しかし下がった分の多くは高齢者や女性の非正規社員が増えていることがかなり影響が出ています。
実際に給与所得者数は1割増えているのに労働投入総量は横ばいと言われています。
そうすると実質は横ばい程度と考えてもよいと思います。

給料がほぼ横ばいと仮定すると物価はどうでしょうか。
これはあらゆるものが下がった印象があります。
明らかに下がった印象があるものは、家具、家電、パソコン、通信費、旅行代、衣服と言ったところです。
家具や家電やパソコンは毎年買うものではないですが、かなり値下がりしたのでインパクトは大きいでしょう。
旅行もLCCのおかげでかなり安上がりになりました。
衣服も今ではユニクロ以外にも良質なものを安価で提供する企業が相当増えました。
これらは商品の質も上がっているものも多いで金額換算するとかなりのものになるのではないでしょうか。
これだけ安く買えるようになり給与もそれほど下がっていないのならやはり豊かになったと言えるでしょう。

一方で俺はこの20年間で生活が豊かになったとは実感できないという人も多くいるでしょう。

一つには所得の分布が変わってきているということです。
例えば企業の40代以降の男性サラリーマンは収入が減っており、代わりに高齢者や女性の非正規雇用の収入が増えているでしょう。
そうすると男性サラリーマンは景気が回復していない、給料が上がらないと嘆くことになるでしょう。
しかしこれはそれまでの男性サラリーマンの給料が高すぎただけです。
給料は生産する付加価値で決まるはずなのでより正しい姿になってきてると言えます。
現在のように非正規労働者の給料が上がり、正社員の給料が抑えられること自体は良いのですが、消費にはつながりにくいかもっしれません。
正社員は給料が上がらないので消費を控え、非正規はもともと給料が低いので少々上がったところで消費にはあまり回らないと推測されます。

次に20年間で世帯数が2割以上増加しているということです。
ということは世帯あたりの収入は減っているということです。
高齢者も若者も単身世帯が増えているのでしょうが、複数で生活したほうが生活費は抑えられます。
3世代の同居であれば祖父母は年金、両親は共働きというようなケースも多かったでしょうし、DINKSであれば当然生活は楽です。

子供がいる家庭であれば教育費の増大もあるかもしれません。
本来高等教育はそれに見合う優秀な学生しか行くべきでないし、教育効果もないはずです。
行く意味がない学生が増えたことによって教育費の増大と4年間の機会損失はかなりのものになっているのではないでしょうか。
高等教育の無償化とか奨学金の拡充とかバカみたいなことを言う前に、大学という無駄な消費をなくすことによって家計を支援すべきだと思います。

社会保険料や税金の負担が上がり手取りが減っていることも豊かさを実感できない理由です。
社会保険料の負担はずっと上がってきました、会社負担分も考えると相当上がっています。
2000年からは介護保険も導入されています。
また消費税も97年以前は3%だったので5%の増税となっています。
ただし、20年前は所得税率と住民税率が現在より高かったのでその分は相殺されます。

1人暮らしか、男性か女性か、働いている業界などによって違いはありますが、日本は順調に豊かになってきたと思います。
物質的な豊かさだけでなく働く環境は良くなっていますし、多様な価値観、生き方が認められるようになっています。
願わくば今後も豊かになってほしいものですが、自民党や希望の党のように市場主義や効率的な経済に興味の無い政党ばかりではそろそろやばいんじゃないかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/10/14 12:31 ] 社会 | TB(-) | CM(7)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方