人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

私の資産運用について、もうちょっと詳細に

前回はなんか記事を書くのが面倒くさくて適当に書き過ぎてしまいました。
資産運用について書き直してみます。

まず最初に断っておくと私は資産運用に興味がなく知識もありません。
世の中には資産運用に関する有名な本がたくさんあると思いますが、私が読んだのはブックオフでななめ読みした3冊ぐらいです。
アセットアロケーション分析とかよく分かりません。
経済構造なんて5年もすれば全く変わるんだから、過去のデータから中長期の予測なんて当てにならないんじゃないかなどと思っています。

じゃあ、どう考えているかというと、将来の円安に備えて外国資産は持っておいたほうがいいんじゃないの、相対的に日本より外国のほうが成長するだろうから外国の株は持っておいたほうがいいんじゃないのというぐらいです。

経済政策や、業界、個別企業などについては興味があり、ビジネス誌やマネー誌、四季報などはよく読んでいるので詳しいほうだと思います。

ではリタイア前のポートフォリオです。
目指していたポートフォリオは以下で、日本株は個別投資で他はインデックス投資です。

1、3か月程度の生活費のキャッシュ
2、日本株 35%
3、先進国株 45%
4、新興国株 15%
5、先進国リート 5%

考え方としては
若いうちはリスクを積極的に取り、国内外の株の成長の果実を得る。
定期収入があるので安全資産は3か月程度の生活費のキャッシュで十分。
もしリーマンショック並みのことが起こった場合でも定期収入があるのでのんびり回復を待てばよい。
若いときは長期的な円安リスクを考えて円資産は4割以下に抑えておく。
マンションを所有しているのでリートは海外だけにしておく。

では実際にはリタイア前のポートフォリオはどうだったかというと

1、3か月程度の生活費のキャッシュ
2、日本株 60%
3、先進国株 27%
4、新興国株 10%
5、先進国リート 3%

目指すポートフォリオと全く違います。
守らないなんだったら何のためのポートフォリオなんだよと思いますが・・・。
日本株の個別株投資をしているとあれもこれも買いたいとなってしまうのです。
日本株投資の利益がかなり順調だったこともあって結局目指すポートフォリオにたどり着くことなくリタイアしてしまいました。
まあ、それぐらい適当だということです。

ではリタイア後に当面目指す目指すポートフォリオは

1、キャッシュ、変動国債 8%
2、日本株 32%
3、先進国株 45%
4、新興国株 12%
5、先進国リート 3%

定期収入がなくなるのでキャッシュを増やしています。すでに用意済みです。
キャッシュフローが赤字の時はキャッシュを取り崩すのではなく多すぎる日本株を減らし、キャッシュフローが黒字の時は外国資産に投資して目指すポートフォリオに近づけていきます。
なので日本株は銘柄の入れ替えはしていますが、資金の追加はしていません。
リーマンショック並みの暴落が来た場合はキャッシュフローの赤字は安全資産から賄い株価の回復を待ちます。

また年齢が上がるにつれて円資産の割合を増やしていきます。
60歳50%、70歳60%、そこから65%までという感じです。
余命が少なくなるとともに円安リスクが徐々に減ると考えるからですが、突然円が暴落することもあると思うので65%ぐらいの円資産になればあとは維持するつもりです。
またキャッシュも年齢とともに徐々に増やして株の暴落リスクに対する備えを増やします。

以上が私が何となく思っている投資方針です。
他の投資家のポートフォリオなどは参考にしていません。
どの程度正しいのかどうかも当然よく分かりません。
ただリスク許容度だけは常に意識しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/06/17 12:20 ] 資産運用 | TB(0) | CM(4)

リタイア後の資産運用と生活費

今月でバイトが終了する予定でしたが、結局1か月の休みをもらってから再度働きます。
引き続き週3日1日6時間の労働です。
少し労働に時間がとられ過ぎですが、居心地が良く仕事も苦にもならないのでもう少し続けることにしました。

リタイア前に予定した資産運用と生活費の予定は以下でした。
住宅ローン、社会保障、税金関連を除いた生活費は18万円。
キャッシュインは日本株からのインカムゲインその他が手取で18万円。
生活費以外のキャッシュフローの赤字分は日本株からの取り崩していき、これを円資産が4割になるまで続ける。
円資産が4割にまでなると今度は70歳で円資産が6割になるように取り崩していく。
バイトをしている間にキャッシュフローが黒字になった場合はその分を外国資産のインデックス投資に回す。

バイトをする前の実際の生活費は17万円ほどでした。
最初は生活費を抑えていましたが途中から予算内であれば好きなだけ使うようにしました。
リタイア前に用意したキャッシュで賄えたので日本株の取り崩しはしていません。

バイトを始めてからはバイトの収入が月平均で35万ほどでインカムゲインを合わせると53万ほど。
想定以上のバイト収入となり、バイト先でよく飲みに行ったりして生活費は23万円ほどに上昇。
キャッシュフローの黒字分は外国株のインデックス投資に回しています。

やはりバイトが想定の3倍以上になったのが大きいです。
当初は普通のバイトを考えていましたが、誘いがあったために普通の仕事をしています。
仕事内容は正社員と変わらないです。
とは言え、調整ごとなどに巻き込まれないし、面倒な会議もないので楽です。
どれぐらい続けるかは迷っています。
首になるのが一番何も考えなくていいのですが。

投資に費やす時間は意識的に減らしています。
休みの日にストックボイスはあまり見ないようにしていますし、株価のチェックは1日1回だけにしています。
日経新聞やビジネス誌、マネー誌には目を通すようにしています。

リタイア時期を延ばしたおかげで資産にはかなり余裕ができています。
住宅ローンもあと2年です。
リタイア時期を延ばした分若いときの時間を失っていますが、金銭的な余裕は漠然とした不安感を抑えてくれるのも事実です。
かなり安全圏に入っているので生活費は無理に抑えないようにし、投資に費やす時間も抑えて生活を楽しむつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/06/10 16:22 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(7)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方