人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2016年12月のお奨め本

2016年12月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・ヒトラー(イアン・カーショー)

現在のところヒトラーの伝記では決定版ともいえる本です。
ヒトラーの権力とは何だったのか、どのようにしてヒトラーが絶対的な権力を持つに至ったかを解明しようとしています。

圧巻の内容とボリュームです。
ヒトラーの思想が育まれた背景、ナチスがいかにして権力を握ったか、ヒトラーが絶対的な権力を維持できたのはなぜか。
幼少期から最後に自殺するまでを最新の資料を掘り起こして詳細に描いています。

ナチスは権力を握るまでは単なる泡沫政党でその過激な思想もそれ程支持を受けていたわけではありません。
しかし大恐慌などの社会経済的情勢や保守派の政治家、軍部、そしてドイツ国民が様々な思惑から好戦的な人種主義者にその運命を託することになります。
ヒトラーはドイツ国民を途方もない賭けに巻き込み、国内外で悲惨な状態を引き起こしていきます。
敗北が決定的になったときには降伏ではなくドイツ国民とともに滅びることを望み、いたずらに破壊と殺戮の期間を延ばすことになります。
そして最後までヒトラーはユダヤ人とボルシェビキを絶滅させることが与えられた使命と考えていました。

それにしてもなんて人間は愚かで残虐なんだと考えさせられてしまいます。
そしてその本質はほとんど変わっていなのだろうと思います。
ヒトラーの後にもソ連や中国、カンボジア、旧ユーゴなど中東など同じようなことが何度も起きたのは必然なのでしょうか。

ナチス、ヒトラーに興味がある人には必読の本でしょう。
ただしもの凄いページ数なので気合が必要です。
このような素晴らしい本を書いた著者と翻訳した訳者に感謝したくなります。
ちなみに翻訳は7年かかっているそうです。
いったい7年かかった翻訳のギャラはいくらぐらいなのでしょうか。




・英米哲学史講義 (一ノ瀬 正樹)

英米に絞って経験論から分析哲学までの流れを解説しています。
主なトピックとして経験論、功利主義、論理実証主義、プラグマティズム、論理学、確率に関する哲学など。

経験論以降英米哲学がどのような道を歩んだのかを解説してくれている本はあまりないのではないでしょうか。
前半は分かりやすい内容ですが、最後の数章は内容が難しくなります。
論理学や確率が絡み推論や意思決定の話になると初学者には厳しいものがあります。
以前記事で触れたベイズの定理の哲学的な問題についても解説があります。
最後の数章はもう少し丁寧な解説が欲しかったですが、経験論から分析哲学までの流れをつかむにはとても良い本です。

日本では大陸系の哲学に関する本が多いですが、英米系の哲学に関する本ももっと増えてほしいものです。




・弁護士の血 (スティーヴ・キャヴァナー)

元は詐欺師でもあったニューヨークの弁護士エディーはロシアンマフィアのボスに爆弾の入ったベストで裁判所に入れと脅されます。
重要な証人を殺害して無罪になるためです。
娘も誘拐され絶体絶命になったエディーは娘を助けるために自分のあらゆる能力を使ってマフィアに対抗します。

いつ娘が殺されるかもしれない、自分も爆弾で殺されるかもしれないという緊迫した展開がスリリングで楽しいです。
法廷での駆け引きも面白いし、アクションシーンもいいアクセントになっています。
特にエディーが反撃に出るところは爽快です。

設定としてはありきたりなのですが、読者を楽しませてくれる一級のエンターテイメントです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/01/15 12:10 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(4)

今年の目標は国内旅行に行くこと

去年はリタイアして時間があったにも関わらずついに一度も旅行しませんでした。
以前以下のような記事を書きましたが、驚くほど旅行に行きたいと思っていません。
リタイアしても行きたいところがない

ネットで観光地の写真を見ると行ってみたいなあと思わないでもないのですが、そこまで行くのは疲れるなあで終わってしまいます。
自然や建物なんてネットで十分じゃないかと思ってしまいます。
もちろん生でみるのとネットやテレビで見るのは印象が全く違って生で見るほうが感動するにきまってます。
でもネットではベストポジションから見れるし全体も細かいところもゆっくり見れるしなどとも思ってしまうのです。

若者が旅行に出かけなくなった理由の一つにネットやテレビで十分観光地を楽しめることがあると思います。
ある程度知識があるものを見たところでそれ程感動しないと思います。
私が初めてピラミッドを見たときは全く感動しませんでした。
テレビと一緒でしたから。
私が人生で一番感動した遺跡はべトラ遺跡ですが、ここはほとんど写真を見たことなく行ったのが理由だと思います。

PS4のVRが発売されましたが、これからVRが進化して観光ソフトもレベルアップしていつかは現実と変わらなくなることでしょう。
そうすると視覚や聴覚からの情報は現地に行かずとも同レベルの情報を取得できることになります。
それであればわざわざ旅行に行く必要はなくなるのではないでしょうか。

現地の食事であればそこにいかないと食べることはできません。
北海道グルメの写真を見ると現地で海の幸を食べたいなあと思うので食べ物は旅に出る原動力として残っています。
しかし当然東京でも美味しい寿司や海鮮丼を食べることができます。
北海道のほうが美味しいのかもしれませんが、東京の美味しいところとどれほど違うのかとも思います。
外国料理も現地でこそというのがありますが、東京でも各国料理がそれなりに楽しめます。
そうなるとわざわざ労力をかけてまでは面倒くさいなあということになります。

このわざわざというのが問題なのです。
昔はお気に入りの店でエッグタルトを食べるためだけでもマカオに行く原動力となっていました。
しかし年を取ると労力をかけるハードルが無茶苦茶高くなっているような気がします。
東京で現地の7割ぐらいの満足度の海鮮丼を食べられるなら、ネットで観光スポットの6割ぐらいの情報が得られるのならわざわざ行かなくていいやと思うようになっています。

サハラ砂漠のオアシス地帯を数時間歩いたり、20日以上エベレストをトレッキングしたり、途上国でボロボロの夜行バスに揺られたりした若いころの活力が懐かしいと思いつつも、今現在は面倒な気持ちが強いので若い頃の活力を取り戻したいとさえ思いません。

でもさすがにここまで億劫がっていてもいかんなとちょっと反省しています。
これからは短期間でも1年に1回ぐらいは旅行に行こうと思います。
でも飛行機で3時間も乗るのは嫌なので海外に行く気は起きません。
なので今年は北海道のどこかにでも行こうと思います。
別に無理していく必要もないのですけどね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/01/07 16:51 ] 雑感 | TB(-) | CM(3)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方