人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

人生は日々の積み重ねだといまさら思う

40歳を超えるとその人の歩んできた人生がはっきりとあらわれるなと最近よく思います。
学生時代の同級生でまじめに努力を積み重ねるタイプの人間は少々賢いような人より充実した人生を送っていることが多いようです。
1年の努力では変わらなくても20年の努力となると努力しない人との差は相当なものになります。

私の昔の会社で同期にそれ程優秀ではないが前向きに努力するタイプの人間がいたのですが、彼は今や同期の出世頭になっています。
一方で一番優秀とされていた同期は言い訳をしたり人に責任を転嫁するようなタイプでプライドと出世意欲はありましたが出世レースに遅れています。
仕事はチームでするものなので周りの信頼を日々得ていくことが出世に重要なのでしょう。
私がこれまでに会った信頼できる上司も他人に責任転嫁しない人たちでした。

人生は日々の積み重ねと言いますが、良い意味でも悪い意味でも言えると思います。
何らかの目標に向かって努力を積み重ねる人は努力した分のものを得ていくでしょう。
しかし努力を怠り、他人に責任転嫁し続けると人生で得られるものなどあるはずがありません。

知性や知識は日々の積み重ねで特に大きな差が出ます。
ネットの断片的であやふやな知識で人格が出来上がっている人はネット右翼だけではないでしょう。
それどころか大半の人は知識の蓄積がないまま週刊紙よりひどいレベルのニュースやブログをそのまま消化しているようです。
知識の蓄積がないと情報の妥当性を評価することができません。
本を読んで体系的に学んできた人とネットで情報を正しく消化することができずに知識を蓄積してきた人では数年で大きな差がでます。
ネットで拾った知識で話をされると面倒なのでスルーするようにしていますが、実際はこのような人たちが多数で政治や社会を動かしているのだと思います。
紙媒体だけの頃から情報の受け手は変わらないのでしょうが、拡散による影響が格段に上がったので社会的な影響力も上がっています。
日本死ねとかいう単に腹立ちを発散しただけのブログが政策に影響を与えたのは私には驚きでしたし、あの程度のことで政治が簡単に影響を受けていいのかと疑問に思いました。
(日本死ねというのは日本語として自然なのだろうかというほうが私は気になっているのですが)

共産主義的な人であれば日々悪を糾弾し続けています。
これを数年繰り返すと正しい自分が悪人を叩き潰すことが人生の意義と信じ込んでしまうでしょう。
そこにはより良い社会を目指すという考えはすでになくなっています。
右翼的な人であれば中国や韓国に罵詈雑言を浴びせたり日本の誇りを訴え続けます。
これが繰り返されると他国の陰謀論を簡単に信じ込んだり、もっと行けば人種間の優劣を当然と思うようになるかもしれません。
どちらにしても社会を単純化して善悪、敵味方に分けてしまいそのような日々を過ごしていると他の知識や現実は認識すらできなくなります。
ある日目覚めるというタイプも多いので転向少なくないのでしょうが精神構造は変わりません。

アーリーリタイアも日々の蓄積の上に達成されるものです。
20年ほどを社会的には少数派の生き方をして節約や資産運用に励みます。
そうすると自分は少数派という考えが前面に現れてくる人が増えます。
少数派というのは見方を考えれば特別な存在ということでそこから社畜だの、子供は負債だのと馬鹿にするような人も出てくるかもしれません。
あるいは日々節約に励んでいる人間は良かれ悪しかれお金へのこだわりが強い人間になります。
アーリーリタイア派には怒られそうな考え方ですが、私はお金にあざとい人間にはなりたくありませんし、つまらないプライドも持っていたいほうです。
例えば店でクーポンを出すなんてことは恥ずかしいことだと思っています。
女性と食事をするときには必ず多めに払いますし、体育会の後輩であればいまだに全額おごりです。

人生を振り返って私自身は努力が足りなかったなあと最近少し後悔するようなってきました。
これまでは人生に大方満足でしたが、もっと努力をすべきだったのではないかと思うようになっています。
これまでで得た人生の満足度は努力した分を超えるものではなかったです。
特に大学受験を真面目にやっておけばと思っています。
10代の頭が柔軟な時期に目いっぱい勉強しておかないのはもったいなかったです。
もっといい大学を目指す努力もすべきでした。
私の人生で学歴は必要なかったですが、いい大学にはそれだけ刺激を与えてくれる人が多いからです。
研究者の友人と話をすると自分の知らないことを教えてもらえるし、学問を楽しむ姿勢には刺激を受けます。
サラリーマンで刺激を受ける人は多くはいませんでした。

部活ももう少し頑張って上を目指せばよかったと思っています。
仕事も一時期は相当頑張っていたのですが、頑張らない時期との差がありすぎました。
目いっぱい頑張って30代半ばにリタイアすれば良かったかなと思っています。

そして日々の読書ですが、この10年ぐらいで興味のある分野が増えすぎてつまみ食いのようになっています。
ある程度絞り込んで読まないと蓄積はされにくいため知識が深まっている実感があまりありません。
研究者のようにある分野で新しい発見や思想を提示するのではなく、人類が自然や社会、人生をどのように解釈するのかということを知りたいのなら知識を蓄積しつつそれを自分のものへと昇華するのみです。

残り40年ほどの人生ではhulu、ゲーム、ミステリー小説などはできるだけ控えめにして努力を怠らないようにすることが目標です。
そして死ぬ前には自分のレベルではこれぐらいまで来たら十分かなと言えるぐらいには世界を知れればいいなと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/12/10 14:50 ] 人生 | TB(-) | CM(7)

2016年11月のお奨め本

2016年11月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・責任と判断 (ハンナ・アレント)

ハンナ・アレントの遺稿集で道徳的な責任と判断に関わるものを集めたものです。
ナチスの行為に対して個人の責任はどのように問われのでしょうか。
国家的な犯罪は組織が行ったものであり個人はその命令に従ったものでしかないのでしょうか。
その場合は罪を軽減されるのでしょうか。
積極的に残虐行為には加担せずとも消極的には多くのドイツ国民が加担した罪はどうなのでしょう。
あるいはローマ教皇がナチスへの行為に見て見ぬふりをしたことに罪はあるのでしょうか。
それらを著者は裁判を紹介しながら問うていきます。
そして当たり前ですが法廷で裁かれるのは被告個人であり組織ではありません。

一方で何らかの行為をするときに人はどのようにして道徳的に判断するのでしょうか。
著者はドイツの人たちがいとも簡単にナチスの道徳を受け入れ、戦後は再びナチスの道徳を簡単に捨て去ったことに注目します。
宗教であれば道徳的な判断は命令ですが、そうでない場合は個々人は道徳は何によって立つべきなのでしょうか。
ソクラテス、カント、ニーチェなどに言及しながら道徳的な判断を下すときの良心について考えながら考えていきます。

講演や講義が主でアレントの本としては読みやすいと思います。
アレントの主著を読む場合には最初に入門として読むのが良いでしょう。




・ルイ・ボナパルトのブリュメール18日―初版 (カール・マルクス)

48年革命で7月王政が倒れナポレオン三世が皇帝になるまでの経緯を同時代にマルクスが論述したものです。
革命後にもその権力争いは激しいもので目まぐるしく主導権を握る党派が入れ替わります。
そして最後にはナポレオン三世がクーデタにより皇帝になるまでを細かく追っていきます。
当時の状況が分かりにくいと思いますが、人名や党派、年表および訳注がしっかりしているので確認しながら読むと問題ないと思います。
ジャーナリスティックに当時のフランスを描写するだけでなく、代議制の欠陥を鋭く突いているのが本書が評価を得てきた理由なのだと思います。
歴史は一度目は悲劇として二度目は喜劇として現れるという冒頭で有名な文章がありますが、叔父のナポレオン一世の歴史と対比しており、歴史の繰り返される構図に注意を促しています。
代議制の陥穽ともいえる代表するものと代表されるものの繋がりが無くなった時の社会の不安定さや進む方向性はその後の歴史が何度も表しています。

今回トランプさんが大統領となり改めて代議制の脆さを感じて再読してみましたが、やはり歴史に残る著作は人や社会の原理的なものをとらえているのだと感じました。
柄谷行人の解説は非常に充実しておりこちらも素晴らしいです。




・ナイトホークス (マイクル・コナリー)

ベトナムで地下トンネルの探査と破壊の兵士だったボッシュは帰還後に殺人課の刑事をしていました。
ある時かつての戦友の死体を発見しますが、やがてそれは銀行強盗事件と絡んでいることをつかみます。
ボッシュはFBIの女性捜査官と組み銀行強盗事件を追っていきます。

ありがちな刑事ものハードボイルドで、ベトナム帰りで夜は悪夢にうなされ、昼間は妥協を知らない一匹狼の刑事という設定と適度に重苦しい雰囲気を醸し出します。
私のようなハードボイルド好きはこれだけでOKです。
しかしそれだけではなく捜査の過程もしっかし描写しており手がかりを伝いながら犯人に迫っていくのはしっかりかけています。
ハードボイルド好きであればマイケル・コナリーの処女作として読んでおくべきでしょう。

ところでタイトルのナイトホークスとはホッパーという画家の代表作です。
絵にはあまり興味がないのですが、私はこの作品が結構好きです。
この作品の雰囲気をうまく伝えていると思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/12/04 18:16 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方