人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

日本の選挙権の拡大と英国の国民投票

次回の参院選から参政権が18歳からになります。
シルバー民主主義に対抗するために若い人の投票が増えることは良いことなのでしょう。

選挙のために毎回思ってしまうのですが、投票するときは社会全体のことを考えるべきものではないでしょうか。
あるいは次世代のためにどのような社会を残すべきかを考えて投票すべきではないでしょうか。
政治が持つ権力はあまりにも大きく個々の利害を優先してしまうと望ましい社会からかけ離れてしまうからです。
しかし基本的に自分の利害のために人は投票します。
そのために医師会や郵便局、農協、公務員、労働組合などの特定階層の利害に絡む投票が多くなります。
選挙とはどのような社会を形成するかを決めるもので、自分の利害を優先すると全体の利益になりません。

そうすると参政権という権利はそれに相応しい人に与えられるべきもののように思います。
現代社会で求められている価値について理解できていない人やそもそも基本的な知識もない人に投票させても良いのでしょうか。
政治家のひどさがよく言われますが、それは有権者がそのような人物を選択しているだけのことです。
それは有権者のレベルがやはり参政権を得るに値しない人が多数だからではないでしょうか。
政治家の二世やタレントが簡単に議員になれてしまうのはやはりそういことでしょう。
それどころか山本太郎みたいなものまで国会議員になれてしまうのです。

そのような状態だと感情に訴える立候補者が増えるのは当たり前のことです。
金持ちや大企業、移民のやつらが私たちのものを盗んでいるからあいつらから取り返せと言うような論調が増えてきているように思います。
自分は悪くないという発想が出てくると他人が悪いということしか残りません。
そしてそんなことで問題が解決するはずがないということも理解できません。

世界的にも同様な傾向が起きています。
アメリカではトランプさんが大統領候補になり、ヨーロッパでは右翼系の政党が影響力を増しています。
そしてイギリスではまさかまさかのBrexitが国民投票で賛成多数となりました。

先進国経済が成熟化して低成長になった時に高成長時にはなかった不満が溢れてきます。
成長が十分でないと損しているという感情を持つ人が増えます。
その時には分かりやすい敵、欧米であれば移民への排他的な感情が生まれてしまいます。
そして私なら問題を解決するという政治家が支持を得るようになります。
トランプさんやイギリスのように移民を締め出せばよくなるとか、安倍さんのように異次元緩和をすれば経済は好転するなど言い出します。
当然常識的な知性で判断できる人はそんなことで良くならないと分かりますが、知性を備えていない人はそのような魔法を信じてしまいます。
面白いことにイギリスでも日本でも共通する言葉が使われました。
安倍さんの「日本を取り戻す」、イギリス独立党党首の「イギリスの独立」です。
自分たちのものであった国がどこかの敵に奪われていたと感じているのです。
しかし残念ながら昔のよき時代なんて今より悪い時代であったことが現実です。

日本では軽減税率や消費税増税の延期が世論調査では賛成多数を占めています。
その程度の人たちに投票権を与えてしまっていいのでしょうか。
経済政策のことを判断しようにも基本的な経済学や金融、ビジネス、グローバルな貿易システムを知らない人がほとんどでしょう。
基本的な知識を持ち自己の利害ではなく社会全体を考えられる人なんてどれだけいるのでしょうか。
せいぜい数パーセントでしょう。
それ以前に参政権を与えるに値する人をどうやって選別するのでしょうか。
せいぜいテストを課すぐらいしか思いつきません。
地方上級ぐらいのテストではしょぼすぎますし、かといってキャリアのテストとなると一体どれだけの人が参政権を得られることか。
例えそういうことが可能となったとしても日本の場合は陸軍のエリートが戦争拡大に突き進み、戦後のキャリアが現在の社会主義的で非効率な社会を作り上げてきました。

それではどうすればよいのでしょうか。
私はそもそも政治のシステムは原理的な欠陥を抱えていると思います。
そのため社会システムをできるだけ市場に委ねるべきだと考えています。
市場は需要と供給を調整するだけでなく、権力を分散できる優れたシステムです。
個々のものやサービスを自分の欲望だけで選択してそれに対する代価を支払うことができます。
政治で全体を決めるのではなく、市場で個々のことを匿名のそれを欲する人たちが決定するのです。
そこでは社会全体のことを考えるとか、知識が必要だとかいうことがありません。
あらゆることをその都度投票ではなく市場で自分の意思を決定しています。

政治システムが永遠に望ましい制度ができないのなら政治システムの果たす役割をできるだけ減らすしかありません。
私が市場主義を信奉するのは自由と効率性が両立できる唯一の制度だからです。
政治では自由は制限され非効率となります。
しかしイギリスではBrexitが賛成多数となりました。
イギリスがEUにいることでどのような影響があるのかは私は日本の新聞に書かれている程度の事しか知りませんが、自由貿易や市場の統合は世界を豊かにしてきましたし、個人の自由を拡大してきました。
日本でも自民党から共産党まで個人の自由を軽視して自分たちが権力と税金で解決すると言っています。
発展途上国ならいざ知らず先進国でそのようなことは有り得ません。
あるとしたら思い切った改革で政府の役割を小さくできたときです。

果たして10年後にイギリス国民の選択の結果はどうなっていることでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/06/25 10:57 ] 社会 | TB(0) | CM(11)

選択肢がないのは辛い

舛添さんの辞任で再び都知事選が始まります。
選挙と言っても選びたい人が立候補してくれないと選ぶことができません。
舛添さんが辞任してもまた同レベルの人が都知事になるだけのことでしょう。
東京の都議会議員や公務員などを見ていると、最近は悪名高い我が大阪と同じくらいひどいように感じています。
大阪府の公務員の友人の多くはまだ大阪よりは東京のほうがましだと言いますが。

私たちは大学入試ぐらいからは自分で自由に選択して生きることができます。
大学や会社などもそうですし、もっと日常的な生活、趣味を選んだり、スーパーで商品を選んだりしています。
しかし、選挙ではそれなりに立候補者がいるにも関わらず実際には投票したい人はなかなかいません。
自民党も民進党も共産党も嫌だという人が多いと思います。
若手で私の考えに近い人を選びたいのですが、全国的に見てたまに現れるぐらいで私の区では現れません。
日本に人材が不足しているわけではなく、政治家の仕事があまりに魅力的でないからそのような人は立候補しないのでしょう。
優秀な人がレベルの低い人に囲まれて仕事をしたいとは思わないでしょう。

選択できるときには人は納得感を持てます。
しかし選択できなかったと思ってしまうと不満に思い、自分は悪くなく他人や社会が悪いと思ってしまいます。
年収が低くて貧乏生活を送らざるを得ない人は不満に思うでしょう。
年収が高くても好きで貧乏生活を送る人は満足でしょう。
同じ貧乏生活でもそもそも選択肢としてなかった贅沢生活を思い描くのは辛いものです。
逆に自ら贅沢生活を選ばなかった人は貧乏生活を楽しめます。

私は社会は進歩していると思っていますが、それは人生の選択肢が確実に増えてきているからです。
国外で暮らすことも難易度が下がっていますし日本国内であればもちろん自由に移住できます。
新卒の時に一発勝負であった就職も今では転職がかなり容易になっています。
結婚するもしないも、子供を持つも持たないもかなり自由になっています。
会社が社員のプライベートに入り込んでくるも少なくなりました。
私は関西から関東に引っ越したり、転職を繰り返したりしましたが、そのような選択肢があり選んできたことにとても満足しています。
関西にいた頃は不満ばかりでしたが、おそらく自分で勝手に選択肢を狭めていたからだと思います。
もちろん選択に後悔したことも何度もありますが自分の自由な選択の結果なので受け入れられるものです。

そうは言っても実際には個人の人生には選択肢は多くありません。
私が自由に選択したというのは少ないながらでも与えらえた選択肢から自ら選択したという事実を大切にしているからです。
優秀な研究者やスポーツ選手、ロック歌手などの選択肢なぞもちろんありませんでした。
結局は自分の責任で選択したと思うことができれば良いのだと思います。
年収が低くて貧乏生活を送ってもそれを自分の責任として引き受けることができたときにはそれだけ人生が充実するのではないでしょうか。
社会が正社員や公務員といった身分制度ではなく公正な競争を提供することができれば少しは自分の責任で選択できる人が増えると思います。

今では自分の生活に不満はほとんどありません。
選択する必要さえなくなったような感覚です。
効率性と個人の自由を尊重するような社会、公正な市場による競争社会を志向し、格差是正などはバウチャーのような直接方式のシンプルな社会で暮らしたいのですが、そのような選択肢がないことだけが不満です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/06/18 12:15 ] 雑感 | TB(0) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方