人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

インプットとアウトプット

生きていると日々様々な知識や経験を手に入れていきます。
バックパッカーをしているときはその土地の人と話したり、遺跡や自然、町を見たり、現地の食事を体験しました。
仕事をしているときには様々なビジネスや組織のありかたを学びました。
読書では歴史、哲学、宗教学から、経済学、ビジネス、生物学、ミステリなどを幅広く読んでいます。
他に趣味はないですが、食べることが好きなのでグルメ系の情報は日々インプットしています。
今後仕事や旅からのインプットはなくなりますが、美術館、博物館めぐりを趣味にするかもしれませんし、他の新しい趣味に目覚める可能性もあるでしょう。

インプットという意味ではこれまでの人生で平均的な人よりはかなりの知識と体験を積んできたと思います。
あくまで平均よりはというレベルであって何かに打ち込んでいる人よりはインプットの量は少ないと思います。
仕事でも趣味でも本気の人のインプット量は半端ではないです。
一流のビジネスマンに読書家は多いですし、小説家は執筆するテーマに関して専門家並みに知識を取得していて驚かされます。
以前さかなクンの魚の知識への貪欲さをテレビで見たことがありますが、心から好きなものがある人の知識欲は驚異的です。

一方でアウトプットについては私はほとんどしてきませんでした。
仕事ぐらいだと思いますが、私は大した仕事をしていないのでアウトプットも大したことがないです。
このブログもアウトプットと言えるかもしれませんが当たり障りのないことを週に1回書いているだけです。
これをアウトプットと呼ぶのは恥ずかしいものがありますが数年続けているので自分のこれまでのインプットが反映されているのも確かでしょう。

私にはこのアウトプット、何かを産み出すことに楽しみを見出している人がすごいし、素晴らしいなと思うのです。
何故なら私はインプットばかりでアウトプットに楽しみを見いだせないからです。
小説や専門書、映画から建築物や家具、Wikiなど、仕事であれ、趣味であれ多くの優れたアウトプットがあるからこそ私はインプットに喜びを見出せます。

学者が自分の発見や考えを素晴らしさを世に問いたいとか、知って欲しいというのは分かります。
新しいビジネスで世の中の生活を変えたい、儲けたいというのも理解できます。
芸術家が自分の内部にあるものを吐き出したい衝動も何となく想像できます。
しかしそれらで要求される努力や苦しみを考えると私にはとてもじゃないけど無理です。

また娯楽系の小説家や漫画家の創作意欲はどこから来るのかがよく分かりません。
やはり人を楽しませたいというモチベーションなのでしょうか。
そのために苦しい思いをして創作するのでしょうか。
私には学問などのように自分視点でアウトプットするのではなく、他人を喜ばせるためのアウトプットというのは理解しがたいです。
あるいは娯楽系の小説家も他人の為というよりは自分の衝動で書かずにはいられない人たちなのでしょうか。
私は元々プラモデルなどにも全く興味がなかった人間なのでアウトプットへの衝動が理解できないようです。

立花隆がインプットの量が1000とするとアウトプットは1ぐらいだと書いているのを読んだことがあります。
芸術はまた異なるでしょうが、研究でも小説のような創作でもその位のインプットがないとアウトプットはできないのだと思います。
だからこそ希少性があり、価値あるものとして流通するのだ思います。。

しかし現在ではITの進展で気軽にアウトプットを社会に提示できるようになりました。
ネットで簡単に自分の思想を述べたり小説やデザインを公開することが可能です。
ネット上の共同作業で何かを作っていくことも可能でWikiはその例でしょう。
ビジネスでもネット上のコラボも生まれていますが、これも共同でのアウトプットと言えます。

しかし一方で質の悪いものも当然生まれます。
1のインプットで100のアウトプットをする人も増えてきます。
誰でも経済政策や専門家の意見に対する批判をブログや掲示板に書き込むことができますが、その対象となっていることのインプットが1ぐらいの人がほとんどでしょう。
私も日銀の異次元緩和の批判を書いていますが、私の経済や金融政策の知識レベルはせいぜい経済学部卒レベルで院レベルにも達していないと思います。
各種統計情報なんて気になった時に年に数回日銀などのサイトで見るぐらいで、ほとんどロイターや日経などでのエコノミストの解説記事で読むだけです。
私のブログも含めて何らかの意見を書くようなブログはあまりにも知識量が不足している人が書いています。
そして何らかのことに対して自分の意見を表明するというのは最もお手軽なアウトプットです。
同様にヤフーニュースやアゴラで濫造されている記事でもあまりにもインプット量がお粗末な人が多いのが現実です。
そこにつけられるコメントは記事以上に程度が低いのは言うまでもありません。

社会の変化には良い面と悪い面がありますが、誰もがネットを通じて何らかのアウトプットをできるようにやはり良いことだと思います。
例え大部分が価値のない、あるいは有害なアウトプットであっても。
人の創作意欲を満たす場ができ、Wikiのような便利なものができ、ミンネのように創作者と消費者をつなげるようなサービスもできました。

今後も私は日々かなりの情報をインプットしていくでしょうが、アウトプットすることはないと思います。
以前にはほんのちょっとだけ自分の勉強のためにリタイア後に科学哲学の解説サイトを作ろうかなと思ったことはありますが。
インプットすることで自分が楽しめれば十分で自分で何かを考えたり作ったりするなんて面倒なことはすることはないでしょう。
アウトプットには他人に向ける場合と自己完結する場合がありますが、いずれにしても創作や自らの考えを構築をしたいという人たちがいるのが私には不思議ですしありがたいことでもあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/05/14 12:30 ] 雑感 | TB(0) | CM(7)

2016年4月のお奨め本

2016年4月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・ルパンの消息 (横山 秀夫)

15年前に高校で女性教師が自殺する事件がありました。
しかし時効直前に自殺ではなく殺人で高校生3人が関連しているという情報が警察に寄せられます。
当時高校生たちはテストの問題用紙を盗むために高校に忍び込む計画を立てていました。
警察は彼らを取り調べて限られた時間で再捜査を始めます。

15年前の自殺で処理された事件で捜査資料も乏しく、元高校生の供述だけからどのように事件が明らかになっていくのかが読みどころです。
伏線のはり方など非常によく考えられた展開で最後まで真実はどうだったのかが気になり一気に読んでしまいました。
現在の刑事による取り調べと高校生の当時の回想が交互に展開しますが、回想シーンが多くを占めます。
不良高校生や刑事たちの15年の時の流れが小説を豊かにしています。

デビュー前の作品を改稿したものらしいですが、すでにここまでのものを書いていたとはさすが横山秀夫だと恐れ入りました。



・オリンピックの身代金(奥田 英朗)

東大の院生である島崎国男は出稼ぎに来ていた日雇い労働者の兄を失います。
国男は学生運動などに興味を持ちませんでしたが、東京の発展に取り残される地方や出稼ぎ労働者の底辺の生活に疑問を持ち始めます。
そして国男は東京オリンピックを人質に身代金を要求する計画を立てます。

国男や東大の元同級生のテレビマン、事件を追う刑事などから見た当時の東京を描いています。
戦後20年ごろでまだまだ日本も豊かではなかった時代ですが、新幹線や首都高速、公団の建築などが進みオリンピックを契機として豊かな社会へと突き進んでいた時代です。
急速な発展には取り残される人たちが多く出てきます。
国男はそれらの問題を自分の中では解消できず、復讐や社会を変えるのでもなく存在していることを知らしめるために国家を脅迫したように思えました。

国家を脅迫して一体どうなるのかスリリングに展開していきます。
無事にオリンピックが開催されることはもちろん分かっているのですが。
面白かったのですが、最後は主人公たちの後日談みたいなものが欲しいように思いました。



・ウィトゲンシュタイン 「私」は消去できるか (入不二 基義)

ウィトゲンシュタインについて独我論、無主体論、私的言語論に絞った解説をしています。
薄い本ですがとても分かりやすく内容の濃い本です。
しかし4月の初めに読んだのでほとんど忘れました。
アマゾンレビューを見て何となくは思い出せますが、感想をかけるほどではありません。
再度読んでみます。
かなり面白い本であることは間違いないです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/05/07 16:12 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方