人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイアを決断した理由

なぜリタイアを決断したのかを書いておきたいと思います。

リタイアを決めた理由について影響度の高い順に並べると

1、金銭的な理由

これはもちろん一番大きいです。
私は慎重な性格ですし、将来に国や兄弟に金銭的な迷惑をかけることは絶対嫌なので余裕のあるリタイアを目指していました。
今はよほどのことがない限り大丈夫なところまで来たと思っています。

どの程度余裕を持った資産とするかは人それぞれだと思いますが、あまりここにこだわらないほうがいいと思います。
慎重になりすぎると気力のある若いときの時間が確実に奪われていくのは人生の損失です。
また今後は健康でさえあれば高齢者のバイトも増えていくので足りなくなったら働けばいいだけですし、ネットで副業も可能な時代です。
経済状況の変化は予測しにくいので私のように慎重になりすぎるよりは変化に柔軟に対応することが大切だと思います。

2、身体的な変化と残された時間

去年の初めごろから老いをかなり感じています。
それより前は何となく感じていたのが、今ははっきりと感じていて生活が少々不便になってきました。
それまでは頭で人生の残された時間を考えていましたが、今は身体が強制的に残された時間を見せつけているような感じがします。
またここ数年で親族が70歳前後で相次いで亡くなっており残された時間は自分が思うより少ないのではないかと思うようになりました。
残された時間を考えると仕事なんてやってられないというのはもちろんリタイアの大きな理由です。

30代後半の人に言いたいです。
30代後半に感じる老化と40代に入って感じる老化は全く違うということを!

3、仕事の内容とビジネス能力低下

今の会社の仕事ははっきり言って刺激を全く受けません。
公務員のような感じで、責任から逃れて大きな失敗を犯さないようにしてつつがなく定年を迎えることを目指しているような人たちの集まりです。
価値を産み出してお金を稼ぐという感覚がほとんどありません。
社員の平均年齢が40歳を超えるような会社なので仕方がありませんが。
私もそんな仕事に慣れきってしまってかなり適当になってしまいました。

それまでの会社の仕事は面白くなくても人からも仕事からもそれなりの刺激を受けて充実感もたまに感じていました。
40代以上で残っているのは幹部だけでつまらないおじさんがいなかったですし、同僚や部下も私なんかより優秀な人が多くいたので仕事の進め方でいらいらすることがほとんどありませんでした。
仕事をしている時間が人生の無駄な時間とは感じず給料以外にも得るところがありました。

今では仕事をしている時間は完全に無駄な時間の使い方と思うようなっています。
給料と引き換えに時間を売り渡しているだけです。

またこれも老いのせいかもしれませんが昔のように仕事をこなせなくなりました。
プロジェクトのアイデアや遂行上のリスクなどを考えるときにこれまでは自然と頭から出てきたのに、今では考えても中々出てきません。
大分後になって気付くことが多くなっています。
そもそもビジネスをする能力がもうなくなっているのだと思います。

4、生活上の気持ちの問題

好奇心がなくなってあれだけ好きだったバックパッカーも興味が無くなったと何度か書いています。
考えてみると私は大学時代も体育会にいましたし、3年のときにはかなり大きくなったサークルを立ち上げましたし、友人が海外で起業するのを手伝ったり、アーリーステージのベンチャーも2社経験するなど自分で何かをしようとするタイプだったと思います。
それが今では一切何もしたくないし、活動的なものに一切興味を失くしています。
今望むのはとにかくストレスのない生活です。
そしてスケジュールのない生活です。

しかし仕事をしていると当然仕事のスケジュールがあり、週に5日の拘束もあります。
それに加えて生活上のスケジュールがあります。
もし週末に何らかの予定があるとすると週に6日もスケジュールがあることになります。
それが相当ストレスになっています。
週3日ぐらいまでなら大丈夫だろうと思っているのでバイトぐらいはしようかなと考えているわけです。
とにかく週5日の決まった仕事のスケジュールを失くしたいと切に思うようになったのもリタイアの決断理由です。

5、とにかく本を読む時間が足りない

私が1日に本を読める時間は他に全く予定がない場合は7時間程度です。
それ以上は集中力が続きません。
仕事がある日は2時間が限界ですし、全く読まない日もよくあります。
そろそろリタイアして人生が尽きるまでにある程度は面白い本を読んでおきたいなと思ったのもリタイアの理由です。


このような感じですが、36歳にリタイアを思い立ったときの理由とはだいぶ異なります。
仕事に生きるのではなく、もっと自由な時間を生きたいと思ったのは変わりません。
しかし当時はもっとやりたいことがありました。
バックパッカーをしたり、国内も色々なところに行きたいと思っていました。
エベレスト以外にも世界のいろいろな山をトレッキングしたいとも思っていましたし、お遍路さんもしたいと思っていました。
海外移住も考えていましたし、その際は日本語教師をしたいという思いもあり少し勉強もしていました。
また老化は当時は全く感じていませんでしたので、人生の残り時間の問題は切実なものではありませんでした。

まあ年を取れば人間変わるものです。
人生は不可逆的なものです。同じような状況が訪れることは二度とありません。
その時その時の思いを大切にして生きることが一番です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/02/28 12:56 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(9)

その時が来たようです。リタイアの時が。

3月末をもって無事にリタイアとなります。
去年の年末ごろから3月末退職に向けて調整を始めていたのですが無事に決定しました。

36歳の頃にリタイアをしようと思った時には46歳でのリタイアを目標にしました。
生活費が自然と下がってきたこととアベノミクスに乗れたことで3年の前倒しでの達成となりました。
よくやった俺と褒めてやりたいです。

現在の仕事はストレスがあまりなくて人間関係も良好です。
しかし毎日朝起きて満員電車に乗ることはストレスがたまりますし、週に45時間も拘束されるのは辛いです。
残りの人生は40年ほどですが、最近は老化を実感していて40年も生きる確率は自分が思うより低いのではないかと思いつつあります。
そろそろ潮時でしょう。

もう人生でやりたいことはすべてやりました。
全てが中途半端でしたが・・・。
まあ色々と経験できたので満足です。
結局私は何かをするというよりは、美味しいものを食べ、本や雑誌を読むといった静かな日常生活で十分幸せだと気づきました。

ということでこれからは余生に入ります。
ただただのんびりとストレスのない生活を送ろうと思います。
余生のほうが私が望む人生です。

4月からの予定ですが、当分は思う存分引きこもり生活をするつもりです。
働くこと自体はそれ程嫌だとは思っていないので落ち着いたらバイトすることも考えています。

親の庇護下にあった子供時代、自立して働いていた労働時代、そしてリタイアして余生を過ごす人生の第三幕の始まりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/02/20 14:47 ] 人生 | TB(0) | CM(15)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方