人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

受験参考書の思い出

受験シーズンですが、現在の高校三年生は120万人ほどだそうです。
私の学年は200万人ほどですのでえらく人が減ってしまいました。
私の時代は浪人生の割合が高かったですが、現在は浪人生の割合は大分少なくなって予備校も経営が大変だろうと思います。
人口が少なくなっているので当然競争率も低くなっているようで、母校の先生と話していると私の時代の阪大生が現在の京大生のレベルのような感覚だと言っていました。
国立はまだしも早稲田や慶応になると一般入試でもかなりレベルが低下したそうです。

それにしても私の世代は人が多すぎて小学校のクラスは60人ぐらいでしたし、大学受験も厳しくさらには就職氷河期でした。
なんともついていない世代です。

最近読んだ本で大学受験の現代文の問題を使って文章の解説をするというユニークな本を読みました。
そこで受験時代に使った参考書で面白いかったものを思い出しました。

1、思考訓練の場としての英文解釈(多田正行)

一部の難関校受験生に熱狂的に支持された参考書です。
この本を知っている人は通な人でしょう。
ハイレベルな問題とそれをとことん突き詰めていくというスタイルは快感を覚えてしまいました。
そして何より面白いのは今となっては化石となったマルクス主義的な罵倒するような文章です。
1973年の発行なので時代状況をよく表しています。
ここまでとことん考えることを要求する参考書は中々ないと思います。
英語がとにかく嫌いだった私ですがこの本だけは最後までやり通しました。
家にまだ置いてあるのでいつか読み直そうと思っています。
まだ買えるみたいです。



2、有坂誠人の現代文速解例の方法―試験で点がとれる (有坂誠人)

この本は選択式の問題を本文を読まずとも選択文だけから正解を得る方法を解説しています。
出題者は正解を作ってから誤答のバリエーションを作成します。
ではどのように誤答を作成するのかを出題者の心理を推測することにより本文を読まなくても正解が分かってしまうのです。
この本をマスターしておくと選択に迷ったときに絶大な効力を発揮します。

まさしく邪道の参考書です。
けれど受験というのはあくまでゲームと割り切るなら決められたルールのもとで合格を勝ち取るのもアリのはずです。
センター試験では選択に迷った時にはこの「例の方法」で答えを選んでいました。



3、大学への数学

これはかなり有名なので知っている人が多いでしょう。
理系の難関校を受験する人はかなりの人が使っていたのではないでしょうか。
私が利用していたのは雑誌ではなく別冊のようなものだったと思います。
私は文系ですが数学が一番得意でこの歯ごたえのある問題をよく解いていました。
今にして思えば理系を選べば良かったと思っています。
とにかく楽をしたくて勉強をしたくなくて全体的な勉強量が少ない文系を選んでしまいました。
理系の素養がしっかりとしていないと文系科目の理解が難しいなと思う今日この頃です。



そして最近読んだ本ですが、

4、哲学の誤読 ―入試現代文で哲学する! (入不二 基義)


大学入試の現代文の問題を4問解説しています。
出題文の著者は野矢茂樹・永井均・中島義道・大森荘蔵です。
全て時間に関わる内容です。
著者も時間についての本をいくつか出版しています。

短い出題文ですが丁寧に解説しており哲学の入門書としても読めます。
面白いのは出題者や模範解答のにも突っ込みを入れているところです。
模範解答では確かにきちんと理解できないなと思うところが多々ありました。
文章を丁寧に読むことを教えてくれると思います。
内容は受験生レベルなのでとても簡単です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/01/30 15:59 ] はじめに | TB(0) | CM(4)

SBIと国税の詐欺にあった気分です

大荒れの市場が続いておりテンションが下がる日々ですが、先日もっとテンションが下がる出来事が起きました。
なんと、わたくし、FXの利益の申告漏れをしていました。

3年前にドルを持っておこうと思い、何も考えずSBIの証券口座からFXの口座開設を申し込みました。
ドルを買った後は売る気もなかったのでそのまま決済することなく放っておいたのです。
未決済で利益が確定されていないため申告が不要と思い税金を払っていませんでした。
しかし去年一部決済をしたので今年は税金を払わなきゃと思い、口座の取引報告書を確認したところ昨年、一昨年と利益が出ていることになっているではないですか。
調べてみると、決済せずに利益が実現していなくても含み益に課税されるとなっているのです。
大抵のFX業者はロールオーバー時に決済を延長する方式なので利用者が決済されるまでは損益は実現しません。
しかし私が利用しているSBI証券では値洗い型といってロールオーバー時に損益が実現しているのです。
そのため利用者から見ると決済していないので含み益に見えても実際には損益が実現されてしまっているのです。

例えば、1年目に未決済のドル円ロングがドルの上昇で100万の含み益があると20万の税金を払うことになります。
しかし2年目にドルが下がり元に戻ったとすると今度は100万の含み損となり、繰越損失として申告することになります。
未決済で利益が出ていないにも関わらず20万を税金で取られたことになります。
もちろん損失は繰り越せるので3年以内に100万の利益を上げることができると税金はかかりませんが、あくまで利益を上げることができた場合だけです。
過去にさかのぼって税金を取り戻すことはできません。
通常のFX業者であればこの20万を支払う必要はもちろんありません。

ドル円が去年を天井に下がっているので私はこのパターンにはまり、通常のFX口座で利用した場合と比較して30万も余分な税金を払う羽目になりました。
しかも申告漏れなのでばっちり延滞利息も取られました。
何ですか、これは?
SBIと国税が組んだトラップですか?
そこまでして税金を巻き上げたいのですか?
どれだけ腹が立っても同様のケースで国税不服審判所がグダグダ言わずに税金払わんかいボケという判断を下しているので払うしかありません。

ところで税務署の人に聞いたところ含み益に課税なんてあるはずがないというので、私のほうが職員の人にこのようなケースがあることを説明しました。
プロである税務署の職員でさえ知らないような契約形態なのだからSBIには含み益にも課税されることをきちんと分かるようにしてほしいものです。
規約のどこかには書いてあり同意したことになっているのでしょうけれど。

30万も余分な税金を払わされてテンション下がりまくりです。
これまで十分に税金や保険料を支払ってきたし、そろそろ働くのを辞めて税金の支払いを最小限に抑えようかなと思いつつあります。
納めた税金も高齢者へのばらまきやプレミアム商品券や、私の近所で建築中の箱ものにいくだけですし。
国は私に残っていた最後の労働意欲を奪い去ろうとしています。

ところでSBI証券は私の主力口座で現在は6千万ほど置いています。
それなりに売買しておりSBI証券の収益に少しは貢献しているはずです。
腹が立つのでサブ口座を主力口座にしようかなと思いましたが、さすがに資金を移動させるのが面倒なのでそんなことはしません。
ところでSBIさん、証券口座に6千万も置いているのだから、SBI銀行のスマートプログラムのランクを4にしてくれませんかね。
ATMの無料利用が月2回までというのは不便すぎます。

今月は本当にテンションが下がっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/01/23 17:46 ] 資産運用 | TB(-) | CM(12)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方