人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

聖書

今年印象に残ったニュースと言えば最古の写本とされるクルアーンの断片がイギリスで発見されたことです。
羊皮紙が568年から645年のものとされており、ムハンマドは632年に亡くなっているのでムハンマドが存命中のものである可能性が高いです。
ただし羊皮紙だけが古い可能性を主張する学者もいるようです。
文書の構成が預言者存命中のものとは異なっているのではないかということです。
どこかでインクの年代鑑定もするというような記事を見かけたように思うのですが、その結果が書かれている記事は見つけられませんでした。

聖書は信仰を広めるための重要なツールです。
ほとんどの宗教には聖書があると思います。

しかし考えてみるとどの辺が聖なる書なのか疑問を持つことがあります。
仏教の経典や旧約聖書なんて様々な話を寄せ集めたり、その時々で改変されています。
歴史的な逸話や聖者の伝説など何をありがたがるのだろうかと思ってしまいます。

一方でクルアーンは神の言葉そのものです。
新興宗教などにはあるかもしれませんが、神の言葉そのものが記述された聖書は伝統的な宗教には少ないのではないでしょうか。
神の子とされるイエスがこのように言っていたという言葉よりは神そのものの言葉のほうがありがたみを感じられます。

またクルアーンはムハンマドの死後20年ほどで現在の形になっているのでかなり信ぴょう性が高いものです。
すでにイスラム共同体が十分組織化されているので正典化作業もそれほど問題はなかったのでしょう。
新約聖書は1世紀には原型が出来上がっていますが、多数の記述の集合体でマタイやヨハネが本当に福音書の著者かどうか疑わしいとされています。
正典化に時間がかかっているということもどれを正しいとするか論争があるような状態だったのでしょう。

クルアーンの優れたところは神の言葉そのものとしたことと最後の聖書だと言い切ったところだと思います。
旧約聖書も新約聖書も聖書として認めて、しかし神が最後に送った完璧な聖書がクルアーンだというのです。
これは中々うまいあるいはずるい戦法です。
こうしておくとユダヤ教徒やキリスト教徒の思想をうまく取り入れたり、彼らをイスラムに改修させるのも容易になるでしょう。
またイスラムの後の宗教も認めないということになります。
聖書は打ち止めだということです。

クルアーンと旧約聖書には矛盾点があります。
ユダヤ教徒からするとムハンマドがユダヤ教徒から教えられたことを誤って解釈したのだということになります。
イスラムから言うと正しいのはクルアーンです。
旧約聖書は人の手が入っており誤って伝えられている一方でクルアーンは再度正しい知識を伝えているとするからです。

私のような信仰のないものからすると聖書なんて単なる物語であったり、道徳や法の書でしかないです。
現代でも小学校で道徳の教科書がありますし法についても学びます。
その体系が異なるだけで共同体を組織化、安定化する目的は変わりありません。
しかし、そこに人知を超えた存在を思い繰り広げられる物語を思うとき聖書は面白くなります。

日本人にとっての聖書はもしかすると憲法なのかもしれません。
憲法なんて読んだことのない人がほとんどだとは思いますが。
刑法などとは異なり憲法は価値を支える神聖なイメージがあります。
単なるルールのはずなのに憲法を変更するとなると社会的な反発が大きいのも神聖性があるからではないでしょうか。
社会の変化に対応するため解釈や運用方法を変化させる手段を持っていることも似ています。
聖書が神の存在を主張することでその正当性を保持します。
憲法は民主主義や人権、平和を主張するすることで正当性を保持します。
ただそれだけの違いかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/10/10 16:46 ] 雑感 | TB(0) | CM(2)

2015年9月のお奨め本

2015年9月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・人口の世界史(マッシモ リヴィ‐バッチ)

人口学の基本的な考え方を解説しています。
土地の開拓や農業の生産性向上、疫病の流行、実質賃金、家族制度や避妊などの文化的習慣がどのように人口成長率に影響を与えたのかなどです。
これらが出生率と死亡率に影響を与え、その差が増加率となります。

人口成長率を増大させる要因としては、農産物の収穫量の発展、乳児や子供の死亡率の低下、疫病により死亡率の低下のような物理的な要因があります。
一方で家族観の変化のような文化的な要因も人口成長率をに大きな影響を与えます。
現代では先進国で少子化が問題になっています。
結婚しない人が多くなり、結婚しても子供を持たない人も多くなっています。
子供を沢山持ちたいが養育費が増大しているのであまり持たないという人もいます。
江戸時代に多く行われた間引きは経済的なものでしょうが、文化的なものもあるかもしれません。

私は歴史上の人口の推移にとても興味があります。
日本の縄文時代は多いときでも25万人程度で少ないときは数万人です。
こんなに人口が少ない時代でも国内外との交流がありました。
白村江の戦いの頃は400万人ぐらいまで増えていますが、朝鮮半島に送った兵力は1万人近くです。
現在の日本の人口からすると25万人の兵力を送ったことになりますが、余剰生産力を考えるととんでもない人数のように思えます。
このような想像を働かすのが楽しいのです。

人口学の基本的な考え方の解説を中心にしているため読み物としてはいささか退屈だと思います。
しかし最初にこのような基本を押さえておくために読んでおきたい本です。



・日本の哲学をよむ: 「無」の思想の系譜 (田中 久文)

西田幾多郎、田辺元、和辻哲郎、九鬼周造、三木清のそれぞれの生涯を取り上げ無の思想を読み解いていきます。

特に西田の解説が分かりやすいものでした。
純粋経験から無の場所へと西田がその思想をどのように深化させていったのか非常に面白いです。
田辺の西田への批判を受けてその思想を再び構築していこうとする姿勢は心打たれるものがあります。
あとは西田の弟子である三木が虚無にはまり込んでいくところに興味を惹かれました。

これまで京都学派にあまり興味を持つことがなくてあまり読んでこなかったのですが、その系譜を追うと中々面白いです。
特に西田はきちんと読んどくべき人だろうと思いました。
今までに2冊ぐらいしか読んでいないはずなので一度きちんと読んでみなければと思います。
西田と並び称される田辺については昔からあまり私にはあいません。
どうにもあの弁証法的な論理や種の論理などが好きになれないですが、本著を読んでみてもあまり深く知りたいとは思いませんでした。

これだけの内容を詰め込んでいるのにコンパクトにまとまっており読みやすいです。
お薦めです。




・陰摩羅鬼の瑕 (京極 夏彦)

旧伯爵で白樺湖の洋館に無数の鳥の剥製とともに暮らす由良昂允。
伯爵は5度目の結婚式を迎えようとしていましたが、過去4度の結婚式では花嫁は全員殺害されていました。
探偵榎木津、作家関口は伯爵の結婚式に招かれることになります。

衒学的なミステリです。
事件そのものの話は3分の1もないぐらいです。
ひたすら存在と存在すること、死、そして儒教の話です。
ハイデッガーや林羅山の解説などどうでもいい人にはかなり苦痛だと思いますが、儒教の解説はさすがに面白いです。
これらは伯爵が作り上げた世界の理解へとつながっていくので結末を楽しむにはやはり理解しておいたほうがよいかなと思います。

事件の真相は単純と言えば単純で予測はできるのですが、伯爵の作り上げた世界の面白さはさすが京極夏彦だと思います。
読者を選びますが衒学ミステリが好きな人にはお薦めです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/10/04 11:04 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(0)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方