人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

エコノミストの経済予測

株価が相変わらず乱高下しています。
日経平均の好調が続くとしていたエコノミストの予測通りにはいっていないようです。
これが一時的な調整で合ってくれればよいのですが。

エコノミストの経済や市場予測は中々当たらないものです。
基本的に経済環境は一回限りのものであって繰り返しているものではありません。
そのようなものに対して予測を立てるのは非常に難しいことです。
各種統計、調査などの無数の要因からその時々の環境で意味のある要因と判断を下すことは不可能に近いでしょう。
繰り返しに近いプロ野球の順位予想でさえそんなに当たらないのですから。

ほとんどあてにならないと思われる経済や市場の予測はそれでもあちこちに氾濫しています。
結局は予測に需要があるからだと思います。
人は納得できる説明を欲します。
例え客観的な分析に基づいていることを装った占いであってもです。
先祖の祟りだという説明と同じように客観的な分析もその関係性が不明確な統計などに依存しているのです。

説明を欲するという人々の需要に従ってエコノミストは予測を供給します。
しかしありきたりなことを言っていては需要側は退屈します。
なのでより断定的な説明になったり、需要が欲するような説明をする傾向が出てきます。
中には常に年末の株価は3万円とか逆に常に日本経済の崩壊を訴える人もいます。
こちらは目立つだけ目立つことによって知名度を上げる戦略でしょう。
極端な言葉は好まれるので毎回予測を外しても仕事が来るのでしょう。
あくまで経済学者やエコノミストも商売です。
オーソドックスなエコノミストであった森永卓郎さんが芸人の道へ走ったのはその極端な例です。

未来の予測は難しいものです。
では過去の分析は容易なのでしょうか。
これもまた難しいと思います。
すでに起こった事象に対してどれが重要な要因かを判断するのも予測の時と同じくらい難しいのです。
それらしく見える要因と結果を結びつけますが、これらは科学実験のように再現させることはできません。
結局は予測と同じく納得できる説明だと思えたときにそれを受け入れているだけです。
後から説明が変わることも不思議ではありません。

結局は未来の予測も過去の分析も現在を表すだけなのではないでしょうか。
手に入るデータから未来を予測してもそれは結局現在の中にある未来です。
同様に手に入るデータから過去を分析しても現在の中にある過去です。
そしてその現在の状況をより説得的に説明できる人が評価されるのです。

ロトくじの当選番号の予測を考えてみます。
ある人がこの番号で1億円が当たるといいます。
それは過去の当選番号をあらゆる角度から分析した結果導き出したものです。
ある人は単純に確率から当たらないと否定します。
もし本当に当たった時にどちらを評価するでしょうか。
結果から判断するのでしょうか。
あるいは当選結果が分かる前の予測時点の説得的な説明を評価するのでしょうか。

私は起こった結果と予測の不整合の分析は必要だと思いますが、予測時点の説得的な説明を評価します。
しかし世の中には予測が当たった事実のほうを重視する人がそれなりにいるようです。
サブプライムローンの崩壊を予測したエコノミスト、今回の世界同時株安を予測したエコノミストという記事などがよくあります。
ラジャンの場合は当時の予測と現在の分析が一致しているから評価されているのです。
しかし大抵の場合は当たった人によるさらなる分析や予想と言う話はノーベル賞受賞者による予測と同じぐらい下らないものです。
予測時の説明の妥当性を評価しないのならワールドカップの予想をするタコと変わりません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/09/12 13:01 ] 雑感 | TB(0) | CM(6)

2015年8月のお奨め本

2015年8月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・法の概念 (H.L.A. ハート)

為政者の威嚇による強制的な命令を法とする当時の主流の考え方を批判をして新たな法の概念を打ち立てた名著です。
著者のドゥウォーキンの批判に対する反論や解説も詳しいです。

法が為政者の威嚇による強制的な命令であるとすると、為政者自身も法に拘束されることや、命令とはそぐわない法、慣習による法などが説明できません。
そこで著者は法の構造を一次的ルールと二次的ルールという考え方で説明します。
一次的ルールは現実に妥当性を持つ法のことです。
二次的ルールは法に関するルールを指します。
法をどのように変更するか、運用するかなどのルールです。
法をこのようなルール体系と考えると確かにしっくりくるような気がします。

これらのルール体系についての検討に加えて、正義、慣習、国際法と法の関係について検討しています。
私が特に興味を持ったのは法は裁判官に義務や権利を作る権能を与えているということです。
自衛隊の合憲性や一票の格差、原発稼働など法からそのまま答えを導き出せない問題が多くあります。
本書の主題ではないのですが、さまざまな法源の枠組みの中で法を創造する責任を担っている裁判官の役割がとても興味深いものに思えてきました。

最近、安保について議論が白熱しているようで憲法を守れなどという言葉をよく耳にします。
私は今回の改正案については全く知識がないのですが、そもそも法や憲法とは何だっけ、法を守ったり、変更したりするのはどういことかと思い10年ぶりぐらいに本書を再読してみました。
法理学についてはそれほど読んだことがないですが、やはり本書は明晰な分析が冴えわたる色あせない法理学の名著だと思います。



・オスマン帝国500年の平和 (林 佳世子)

オスマントルコの500年の歴史を駆け足で辿っていきます。
アナトリアに生まれバルカンで勢力を固めたオスマントルコが500年もの長い間をどのように統治してきたのか。
軍事、社会、宗教を万遍なく取り上げておりバランスの取れた解説をしています。
初期の英雄的なスルタンたちや権勢を振るった奴隷出身の軍人政治家なども魅力的ですが、官僚制度や法制度が整えらることによって安定した社会が築かれたところにオスマントルコの強さの秘密があると思います。

オスマントルコはトルコ人の帝国とも言えないし、聖戦にイメージされるようなイスラムによる支配を広める帝国でもありません。
しかし現在のトルコ共和国が継承したというイメージやイスラムの帝国というイメージが一般的にあるのではないでしょうか。
実際にはどのような政治、社会構造を持った国だったのかということもよくわかると思います。

この本は興亡の世界史シリーズの一冊です。
このシリーズはどれも面白く、中央公論の世界の歴史シリーズとともに一度すべて読んでいます。
こういう本をリタイアした後に一気読みをしたいです。



・幼年期の終わり (アーサー・C・クラーク)

クラークのSFの代表作。
あるとき巨大な宇宙船が地球の各地の大都市上空に現れます。
宇宙船の中でオーヴァーロードと称される謎の異星人は人類を導いていく存在となります。
その結果それまで戦争を繰り返していた人類は戦争を放棄し平和で豊かな社会を実現します。
オーヴァーロードは人類を良き方向に導いてはくれるが、いったい何のためにそのようなことをしているのか。
地球へとやってきた真の目的は何なのか。
そしてのその謎は人類の進化と関わるものでした。

ある日宇宙船がやってきたという話は何故こうもワクワクさせるのでしょうか。
いつかそういうことが起こりうるからでしょうか。
本書は小難しいところもありますが、そういう世界を味わいたいときにはお薦めです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/09/05 12:11 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(4)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方