人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2015年6月のお奨め本

2015年6月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・言説の領界 (ミシェル フーコー)

1970年のコレージュドフランスの開講講義です。
「言葉と物」、「知の考古学」を経て70年代の権力分析へと転換する時期の講義であり、今後の研究の方向を示した講義です。

前半で西欧において言説はどのように管理されてきたかを述べます。
ある種の言説の排除、語られる内容に制限を加える言説の産出の制限、そして言説の特定グループの占有。
これらは哲学的テーマによって強化されてきた面もあるとフーコーは言います。
そして後半ではそのような管理されてきた言説をどのようにこれから分析されていくべきがを述べます。
言説を制限するネガティブな作用の分析、固有の規則性を持つ種別的な出来事としての言説、言説の内奥ではなく外的な可能性の条件の分析などがそれです。
訳者の解題にもあるようにこの時点では言説の制限といったネガティブな作用が強調されていますが、のちの言説の産出という生産的な権力はまだ述べられていません。

訳者の訳注や解題が非常に親切で参考になります。
専門家でもない人間にはこのような解説は理解に非常に役立つことと思います。
転換点にいた頃のフーコーの考えがコンパクトにまとまっている良書です。



・原始仏典(中村元)

初期の仏典のなかから仏陀の生涯に関わるものやジャータカ、賛美詩などをまとめています。
どのような宗教も経典は分量が多く、読んでいても退屈なものが多いです。
経典は大抵節をつけて読む習慣があると思いますが、リズムを付けて忘我の域にでも近づけないと退屈で投げ出すからなのではと勘繰るほど退屈なものが多いです。

私も仏教の経典をきちんと読んだのはスッタニパータぐらいしかありません。
福音書やクルアーンは結構読んでますが、これまた退屈です。
本書は初期の頃の仏典の面白そうなところをまとめてくれるのでどんなものなのかを知っておきたいという人にはお薦めだと思います。




・マギの聖骨 上 (ジェームズ・ロリンズ)

ドイツのケルン大聖堂でミサの最中に修道士の集団が襲撃してマギの聖骨を奪い、その場にいた全員を殺害するという事件が起こります。
マギとは東方の三博士のことです。
襲撃者たちはドラゴンコートと呼ばれる一派で中世から世界を一変させる秘密を追っていました。
その秘密のカギがマギの聖骨だったのです。
彼らに対抗するためにアメリカの特殊機関シグマフォースとヴァチカンの調査員は歴史から聖骨の謎の解明に取り組み奪還をはかります。

シグマフォースシリーズの第一弾です。
歴史と最新の科学を題材にしたアドベンチャーでインディージョーンズそのものです。
(著者はインディージョーンズのノベライズもしています)
歴史と最新科学からフィクションとノンフィクションを織り交ぜて作られる物語はさすがです。
今回はm状態の金と呼ばれるものの秘密で古代エジプトからアレクサンダー大王へと受け継がれてきた謎に迫ります。

前作のシグマフォースのシリーズ0に比べてスケールが小さいのが残念ですが、他に面白いものもなかったのでこれをお薦めとします。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/07/11 17:50 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(0)

財政再建はもうあきらめたのか

何だか政府はもう財政再建をあきらめたような感じになってきました。
政府がお金を使えば経済成長できるし、税収も増大して財政赤字も何とかなると言いだしています。

いつか来た道で、バラ色の未来を想定して失敗を繰り返してきたのに再び同じ轍を踏みつつあります。
今まで何度も経済成長に失敗してきたのにどうして今回はうまく行くと言えるのか不思議です。
国の借金の膨張はバブル崩壊後に特にひどくなっています。
バブル崩壊後に借金を膨らませて経済対策などを行っても大した成長ではありませんでした。
今度はうまくやれるという根拠がよく分かりません。

年金問題でもそうですが、とりあえず政府はバラ色の未来を描いて問題を先送りします。
今回も潜在成長率を上回る成長率を想定し、税収弾性値を引き上げたりといつものことながら数字をいじっています。
バブル崩壊後の金融の後始末の決断が遅れたときのように問題を先送りしてうまく行くことはありません。

残念ながら超がつく金融緩和をしても実質成長率は低空飛行です。
この程度の景気回復なら通常の景気循環の範囲内なのではないかとも思います。
日銀が国債を大量に買って、株やリートまで買っている状態が健全な状態であるはずがありません。
特に株価が2万円をこえていても日銀が株を買い続けるのはバブルを誘発しないか心配です。

来年は技術的に80兆円もの国債を買うのが難しくなってくると言われています。
もし物価上昇が2%に近づくようなことがあれば出口戦略も意識されることでしょう。
緩和が大きければ大きいほどその巻き戻しも大きくなります。

物価が上がったときに果たしてうまく金利を抑え続けることができるのでしょうか。
短期間であれば可能でしょうが、長期間にわたって抑える必要があります。
仮に金融抑圧に成功したとしても当然国民の購買力はそれだけ低下します。
いずれにしろ問題を先送りするとその分国民生活への影響は大きくなります。

素人考えですが、日本の財政はそう簡単には破綻しないと思っています。
経常収支が黒字の間は理屈では民間から国へと資金を移動させることが可能です。
日本はまだ世界一の債権国なので当分は大丈夫でしょう。
またいよいよとなれば強烈な歳出削減と増税をするでしょう。
ギリシャ人は簡単に根を上げましたが、日本人は意外と我慢するかもしれません。
太平洋戦争を我慢した国民性はまだまだ残っているのではないでしょうか。

私自身の生活については楽観的です。
あと何とか10年持ってくれればもう50歳を超えています。
そこまで行けば残りの人生は貧しい引きこもり生活でも満足です。
消費税が40%ぐらいになっても、資産が三分の一ぐらいになっても何とかなるでしょう。
もし財政破たんが国内の資金移動で賄えるとするなら生活レベルが昭和に戻るくらいに考えればいいのだと思います。
別に高度な医療を受けたいとも思いません。

それにしてもそろそろ国家が主役の時代は終わらないものでしょうか。
成熟した経済で国家が主導する経済なんてうまく行くようには思えません。
国の借金が膨らむということはそれだけ国家が資金を使っているということです。
現在私の家の近所で当初予算を大幅にオーバーして運営も赤字決定の箱モノが作られています。
区役所の増えていく退職者の天下り先を作るためだなんて噂が流れていますが、少なくとも区民は望んでいないでしょう。
国立競技場もそうですが、こんなことができるのは国が使う資金が多すぎるのです。
それでも東京に来て大阪よりは大分ましだなあと思っているのですが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/07/05 12:01 ] 社会 | TB(0) | CM(10)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方