人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

なぜ格差が悪いのか

ピケティがブームになりましたがそろそろ沈静化してきたのでしょうか。
私は東洋経済のピケティの特集は読みましたが本は読んでいません。
5年以内ぐらいには読みたいなと思っています。
つくづく思うのは世の中どんな商売でも乗っかる必要があるということです。
格差というルサンチマンを刺激するようなものは儲かりますし、定期的にややこしくなる中東がクローズアップされると中東研究者の稼ぎ時です。

ピケティを利用して格差だ、格差だと色々と騒いでいる人がいますが、一体彼らは格差のどこが悪いと考えているのでしょうか。
私には今一つよくわかりません。

経済的な格差に絞って言うと大きく3つの視点があるのかなと思います。
1、収入の格差
2、生活の格差
3、階層の固定

1、収入の格差について

日本ではそれほど収入に格差があるとは思いませんが、収入に格差があることを否定しているのでしょうか。
もしそうなら自分が生み出す付加価値より多くのものを得ることを主張することになります。
平社員で大した責任を持っていないが部長級の給料を寄越せというのなら、市場で価値を決める資本主義を否定するということです。
ここを否定してしまうと健全な市場が否定されることになり、社会の公平性も効率性も損なわれます。

そうではなく大企業の正社員や公務員などと非正規の収入格差などを否定しているのでしょうか。
だとするとこれは既得権益の問題です。
規制や独占により市場が歪められているのであって不当に利益を得ているものがいる結果での格差ということです。
これらは自由な市場が実現されていないということなので健全な競争環境を整える必要があるでしょう。

一方で労働収入ではなく、資産収入による格差があります。
現在の株や不動産高のように資産からの収入が大きくなる傾向があると持てる者の持たざる者の収入格差が大きくなります。
これも問題があるようには思えません。
一つは誰かがリスクを取って資金を提供しなければならないのでありそれに応じたリターンがあるのはこれも資本主義の原則だと思うからです。
経済拡大期にはリターンを得やすくそうでないときには損失が出やすいのは当たり前で、現在のように株や不動産に資金が流れているからといってその時だけを見て批判をすることはできないと思います。
もう一つはリスクを取って運用するその原資は自らの労働収入のうち消費に回さなかったお金であることです。
遊ぶ代わりにビジネススキルを上げて収入を上げることと、遊ぶ代わりに投資に回して収入を上げることに違いがあるようには思えません。

2、生活の格差について

金持ちがいる一方で貧しい人が多くいるということを格差としている人もいます。
しかし所得再分配後の格差はそれほど大きいのでしょうか。
年収800万と500万では額面では300万の差がありますが、実所得での差は200万を切るでしょう。
年収の中央値は450万ぐらいだそうですが、300万あれば現在の日本では十分な生活ができてしかも実質的には社会から受け取るほうが多いと思います。

年収が100万程度の貧困層の問題を取り上げて格差の問題だと主張するのかもしれません。
しかしこれは格差というよりは貧困の問題ではないでしょうか。
母子、父子家庭、病気などの場合は他の人と同等に働くことが難しいのは当たり前のことです。
そのような場合は格差問題を持ち出す必要もなく適切な支援をすればよいだけのことです。
格差という言葉を使う必要はありません。

3、階層の固定について

資産家の家に生まれれば何もせずとも贅沢な暮らしができます。
教育レベルの高い家や地域で育てば高収入を得られやすくなります。

収入は本人が産出した付加価値から得ていますが、親の資産や教育環境は自分が生み出すものではありません。
そのような格差は否定されるべきだという主張です。
これは私は全面的に認めています。
これらは市場に参加した結果得られたものではないからです。
自らが付加価値を産出することの対価は市場を通していますが、親の財産は自らは何も生み出していません。
付加価値を産み出したものだけが対価を受けることができるのは資本主義の所有権の原則であるべきです。
それを認めないと経済の効率性を損なうことになります。
よって自分の稼いだ金をどのように使うは自由ですが、それを譲渡する自由は認められるべきではないと私は考えています。
システムとして確立することは不可能でしょうが相続税は100%とすべきと思います。
代わりに収入による累進課税は緩くするべきだと思います。

また家庭や地域による教育格差も問題です。
市場で付加価値を産み出す前の子供なのでそこに格差があってはいけません。
もし格差を許すなら市場に参加する労働力の質が落ち競争が緩くなってしまいます。

これらは階層の固定化を促進し、健全な競争が損なわれること、個人の能力の結果でない不公平性から是正すべきものと思います。


格差の問題を言うとき様々な問題を十把一絡げにしてしまい問題の本質を隠してしまうように思います。
貧困の問題を語るときに、金持ちへの妬みの感情を刺激することでは何の問題の解決にもならないでしょう。
それは結局問題をすり替えるために敵を見つけ出す作業です。
政治家やメディアがそれをしてしまうと問題を解決しようとするのではなく、スケープゴートを見つけ出して解決できない言い訳や自分たちが弱者の味方であることを主張するだけのものになってしまいます。

それにしてもルサンチマンに訴えかける言説ほど下品で反知性的なものはありません。
格差が問題だというならどういう理由で問題であり、どのような解決方法であるべきかぐらいかはきちんと示してほしいものです。
格差それ自体が問題ではないはずです。
格差という言葉は単に同類のものに差があるということだけでありとあらゆるものには格差があります。
格差には不当な利得を得た結果という意味は含まれないはずです。
不当な利得を得ているものがあればそれは格差問題ではありません。
そして不当な利得とは公正な競争が行われずに得た利得です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/03/28 15:24 ] 社会 | TB(0) | CM(11)

いつまでがアーリーリタイアか

定年が来る前に仕事を辞めてリタイアすることを早期退職やアーリーリタイアと言います。
一口にリタイアすると言っても30代なのか、40代なのか、50代なのかによって大分ニュアンスが違います。

50代でリタイアする場合は定年間近なのであまりアーリーな感じはしません。
定年も近いけどある程度お金が貯まったし、子供も独立したので少し早目に辞めるというイメージがあります。
若いころからアーリーリタイアを目指してきたケースは少ないと思います。
この場合は少し早目という語感がある早期退職という言葉が合っているのではないでしょうか。

40代のリタイアは普通の人では思いついたからといって簡単にはできないと思います。
きちんとリタイアのための資金計画をしていたか、もともとお金を使わないタイプの人がリタイアするのでしょう。
40代であればアーリーと言ってもよいと思います。
42歳が労働生活の折り返し点ですから一般の人の労働人生の後半をまるまる働かないことになります。
英語のアーリーの語感とは異なるかもしれませんが。
45歳を超えてくるとアーリーというよりは早期退職に近くなるかなと思っています。

30代のリタイアは本当のアーリーリタイアだと言えるかもしれません。
しかし実際には30代でリタイアできる人はあまりいません。
30代でないとアーリーリタイアじゃないと言ってしまうと対象範囲が狭まってしまうのでメージャーな言葉ではなくなってしまいます。
ここはヤングリタイアとしてみたいです。
30代までは十分ヤングと言ってよいでしょう。
60歳まではまだ30年近くあるのですから。

では20代ではどうでしょう。
20代はそもそもまだろくに働いていないのでリタイアではないだろと言いたいです。
初めから労働せずに生活できる才覚のあるものができることです。
アーリーリタイアは労働した末につかみ取ったものなので20代リタイア者はそんな言葉を使ってはいけません。

さて私は現在41歳です。
まだアーリーリタイアと自信を持って言えます。
まだリタイアする時期をきちんと決めていませんが45歳までにはリタイアするつもりです。
46歳になるとアーリーリタイアといってはいけないような気がするからです。

しかしいつリタイアすればよいのか正直迷いに迷っています。
すでに100歳までそこそこの生活ができる資産はあります。
けれども今は仕事が楽で立場も美味しいところにいます。
収入も平均的な大卒サラリーマンの中では高いほうだと思います。
何も考えずに好きなだけ消費できるのは正直楽しいものがあります。
また長期旅行などもしたいとは今は思っていないので仕事があるからできないということも特にありません。

しかし残された人生の時間は確実に奪われていきます。
難しいところです。
仕方がないのでとにかく今は仕事の時間をできるだけ少なくしています。
残業はしないこと、仕事中もネットサーフィンしたり、読んでいる本について考えたり、ブログのネタを考えたり、同僚とおしゃべりしたり、コンビニに行くついでに散歩したり、昼休みをオーバーしてランチしたり・・・。
ん?
これでは会社のおじさんたちと変わらないではないか。
いやいやまだまだそれなりに会社には貢献しているはず…だと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/03/21 11:34 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(19)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方