人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

活字中毒

世の中の本好きのことをよく活字中毒と言います。
しかし中には本というよりは活字そのものに中毒になっている人もいます。
名前は失念しましたがフランス文学者があまりにも活字中毒のために神経症と診断されて本を取り上げられたら、電話帳を見つけてきて一心不乱に読んでいたという話を読んだことがあります。

自分はどうかというと活字中毒というほどではありませんが、やはり本がないと生きていけないです。
家の中で次に読む本が確保されていないと不安になるので常にストックしてあります。
電車の中で本を読み終わらないように終わりかけの本は持って外に出ることはありません。
今年の正月は実家で持って帰っていた本をすべて読み終えてしまい、焦って実家の納戸の奥にあった昔の私の本をひっぱり出してきました。

最も恐ろしい病気の一つがやはり失明です。
年をとって失明したらどうしようということをよく考えてしまいます。
本を読めないのに一体何をして生きればよいのでしょうか。
その時までに読み上げソフトが進化していてくれればよいのですが。

最近は年をとってきたせいか本を読むスピードが落ちてきました。
平均して月に小説と学術系が5冊ずつで合わせて10冊程度でしょうか。
リタイアしたら月に20冊ぐらいは読みたいと思っています。
しかしそれでも後40年生きるとしても20X12X40=9600冊ぐらいしか読めません。
とてもじゃないですが読みたい本の1割も死ぬまでに読めないでしょう。

本を読む人はますます少なくなっているようです。
ネットなどに時間を取られているのでしょう。
面白いのは嫌韓、嫌中本はネット右翼にあまり読まれていないらしいということです。
ネット右翼は本を読まないでネットで情報収集を完結するからだそうです。
誰が読んでいるかというと普段新書を読む層らしいのですが、それはそれで大丈夫なのかと心配になります。

これだけブログや掲示板、コメント欄で色々な意見を言う人がいるのですから、人は様々なことに興味を持っているはずです。
それなのになぜ興味の対象に関する本を読まないのか不思議です。
経済政策に対して何か言うのならなぜ経済学の本を読んでもっと正確に知ろうとしないのでしょうか。
憲法改正についていうならなぜ芦部の本ぐらいは読んでおこうと思わないのでしょうか。
何故対立する意見や思想の両方の意味を知ろうとせず感覚的に気持ち良いと思われるものだけを批判的な吟味なしに受け入れてしまうのでしょうか。
条件反射や共感、自分の周りだけを見て考えたかを決めてしまうのは愚かであるだけでなく、非常にもったいないことだと思います。
せっかく何かに興味を持ったならより深く知ったほうが楽しいに決まっています。

町になんか大したものは落ちていません。
たいした人間が歩いているわけでもありません。
退屈な日常が繰り返されているだけです。
しかし書の中には何かがあります。
私のような凡人より必死に考えてきた人たち、稀有な人生を送った人たちが書でその知性や体験を共有してくれます。

散々探しても何もなかった町から家に帰り、引きこもって書を読みたい。
それがすべてが中途半端な凡人の歩みであった前半生を終えた実感です。

<追記>
最後の文章は寺山修二の「書を捨てよ、町へ出よう」に引っかけています。
もしかすると気づいていない人が多いのではと思い追記しておきます。
念のため。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/01/31 14:52 ] 雑感 | TB(0) | CM(7)

メール便が廃止に!!

今日は単なる愚痴です。

ヤマト運輸のメール便が廃止されることになりました。
かなりショックです。

信書って何やねん。
何を守るための法律やねん。
むっちゃ不便になるわ。ボケ!!

関西弁が出てしまいました・・・。

私は不要な金券や優待券をオークションでよく売っています。
発送はメール便しか使ったことがありません。
コンビニで24時間発送できて追跡記録もあるのでとても便利です。
普通郵便だと追跡記録がないため発送証明にならないので使っていません。

郵便局だと特定記録か簡易書留となりますが、休日や夜間に発送することが多いので郵便局は使えません。
ゆうゆう窓口のある郵便局は少し遠いので行く気がしません。
それに郵便局は手続きに時間がかかることが多いのでイライラします。

世の中には利権を守るための法律が沢山あります。
バター不足でも話題になりましたが、輸入制限がある農作物の利権を抱える農水省、農協関連の団体は右から左へ商品を流すだけでピンハネをします。
以前はBCAS、ETCなどに関連してピンハネする天下り団体が話題になっていました。
日本では医師会、農協、郵便局長会、弁護士会など強い政治力で利権を守ってきた団体が沢山あります。
確かにこれらは消費者の自由な消費を否定したり見えにくいところで税金をかすめ取ってきました。

しかしメール便に関してはすでに信書問題はあいまいになっており消費者はそのサービスを享受していました。
これを廃止に追い込むということは消費者がすでに得ていた自由を取り上げて不利益を強制するということです。

メール便の廃止によって不利益を被るオークション出品者が多くいることでしょう。
これは当然落札者にも影響が出ると思います。
私も送料が高くなり手間が増えるなら少額商品の出品はしなくなります。
また楽天のポイント消化でメール便発送の商品を買うこともできなくなると思います。

今考えている代替案は日本郵便のクリックポストです。
クリックポストは追跡記録がありポストで出すことができます。
ただしポストで出す場合は郵便局でバーコードが読み込まれるまでは発送の証明にはなりません。
値段も164円と安価なのですがラベルの印刷が必要になります。
そのためだけに家にプリンタを置くのは嫌なので私の場合はコンビニで印刷することになります。
ちなみにクリックポストのラベルがA4の4分の1とかなり大きいのですが、図書カード一枚送るのにも大きな封筒を使うのかと疑問に思っています。

これからは私がヤマト運輸に支払ってきた発送費はすべて日本郵便に支払うことになります。
どうにも納得できません。
ヤマト運輸も金額は高くなってもいいから代替のサービスを提供してほしいものです。
現在発表されている代替サービスでは使えないという人は多いと思います。
それに何といっても不可思議なのはクリックポストも同様に信書は送れないということです。
メール便のサービスで摘発者が出るのなら同様にクリックポストも摘発者が出るはずです。
そうすると日本郵便もヤマトと競合する法人向けだけを残し、個人については普通郵便や簡易書留を利用させるのかもしれません。

それにしても日本という国はまだこの程度の法律も廃止できないのでしょうか。
企業への賃上げ要請や内部留保がどうのこうのとか文句を言ってくる国会議員を選んでしまう国には難しいのでしょうか。
計画的にこつこつと貯蓄をしてきた守銭奴からは金を巻き上げろという法律だけは作ってほしくないものです。

以上、久しぶりに腹が立ったので愚痴でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/01/24 19:59 ] どうでもいいこと | TB(0) | CM(5)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方