人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

今年の振り返り

早いもので今年もあと少しです。
明日実家に帰ります。

今年も何の変化もない1年でした。
特に今年は海外も国内も全く旅行しませんでした。
大学に入学してからおそらく初めてのことだと思います。
昔は旅行に行くことが義務だと思っていましたが、今は行きたい気持ちになるまではいかなくなっています。
ただただダラダラした生活でした。
大学時代の友人で国連職員の女性がいるのですが、久しぶりに連絡が来て現在南スーダンで地雷対策などの仕事をしているそうです。
しかし30代の頃とは違いこんな話を聞いても私のだらけた生活との差は何なんだとも思わなくなりました。
ご苦労さんだなあとしか思えません。

仕事は今年も順調でした。
特に大過なくストレスもなくのんびり仕事をできました。
相変わらず仕事に何の興味もないですが、昔のように少しは面白みがある代わりに睡眠時間を削ってまで仕事するよりはよいです。
来年もこのペースでいきたいとおもいます。

資産運用については今年の目標をかなり上回ることができました。
やはり黒田バズーカ2が効きました。
中央銀行が年間4兆円のETFとリートを買い、国債も80兆円買い、さらにはGPIFも日本株を買うというのだから上がって当たり前でしょう。
しかし市場平均もかなり上回ることができたので今年は好成績でした。
おそらく来年も株価は堅調なのではないかと予想しています。
厳しくなるのは再来年ぐらいからだと思っています。
何とか日本経済には頑張ってほしいものです。

リタイアについては当初は今年で達成する予定でした。
しかし結局は無期限延期とすることにしました。
仕事に対するストレスがこれまでで一番少なく感じており、これならリタイア後の生活レベルアップのために働こうと思えているからです。
また節約疲れが出ているのか今年の月額20万以内の目標を守れず、後半は25万近くになっています。
現在の資産で月25万の生活では100歳まで持ちません。
25万の生活が贅沢だとは自分でも思うのですが、まあ楽しいのだから良しとします。

来年の目標は以下です。

1、この調子でストレスを貯めることなく働き、生活すること
2、資産運用で市場平均以上の利回りを達成すること
3、月額の生活資金を25万以内に抑えること
4、週一回のブログ更新
5、何より今年も生活を楽しむこと

それでは皆さんよいお年を。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/12/27 15:07 ] 雑感 | TB(0) | CM(7)

高速バスで帰省する気力がなくなった

正月に大阪に帰省するときは交通機関が混雑するし費用が上がります。
私は30代まではずっと節約のために高速バスを利用していました。

最初は夜行バスの4列シートで4000円ぐらいでした。
しかし夜行バスで4列は体力的に辛くて3回ぐらいしか乗っていません。
また青春18きっぷも一度だけ試しましたが、2000円ぐらいでしたがこれはしんどすぎて1回だけです。

次には夜行バスの3列シートで9000円ぐらいだったと思います。
席はかなりゆったりしているしトイレもついているのでそこそこ楽です。
ただ夜行バスで私はほとんど寝れないので到着した時にぐったり感は毎回半端じゃありませんでした。
20代はこれで大阪に帰っていました。

しかし30歳の頃に気づいたのが高速バスは昼のほうが安いということです。
夜行バスは寝ている間につくし時間の有効活用だと思っていましたが、昼のバスなら3列シートで6000円と大分安くなります。
昼であればDSで遊んでいれば時間を潰せるし、夜に寝付けない辛さも無くなるしと思い、それからはずっと昼の高速バスになりました。
6000円だと新幹線の半分以下の金額です。
ただし大きな問題があって年末の高速の渋滞で昼だと10時間以上かかることが多いです。
結局は毎回ぐったりしていましたが、夜行よりは疲労感が少なく金額も安いので昼に利用していました。
ちなみに毎回高速バスに乗るたびにDSのロールプレイングゲームを買うのですが、バスの中でしかしないので次回にはいつも忘れてしまって諦めるというパターンが多いのが困りものです。
家で続きをするほどは面白くないし。

3列シートで6000円で東京から大阪まで移動できるなんて素晴らしいと思っていましたが、数年前にLCCが出現しました。
年末は1万円ぐらいなので高速バスより高いですが、閑散期だと4000円を切ります。
そうすると空港までの移動を含めても高速バスより若干安くて、時間が4時間も短くなります。
それにバスと違って疲労感がほとんどないです。
なので閑散期に実家に帰るときには最近はLCCを利用しています。
しかし残念ながら年末ではコストパフォーマンスがよくありません。

そして40歳になって体力と気力の限界を感じるようになり新幹線で帰省するようになりました。
年末なので格安チケットを使えず予約も必要なので15000円もかかってしまいます。
高速バスの倍以上の費用です。
快適性には費用を惜しむべきでない年齢になったということでしょう。
ぷらっとこだまというこだまで大阪まで行く商品であれば4時間で12000円です。
1時間半の差で3000円安くなりますが、私の判断基準ではぎりぎりのラインで今のところはぷらっとこだまを利用していません。

リニアが開通すれば大阪まで1時間で着き、費用はのぞみより1000円ほど高くなるそうです。
これであれば私は迷いなくリニアを選ぶでしょう。
しかしその頃は繁忙期に移動することはないのでおそらくLCCを使うと思います。

それにしても正月という制度の不経済は改善の余地がないのでしょうか。
例えば独身や子供のいない夫婦であれば正月でなくても別のときに休みを取れればいいという人が多いと思います。
そういう人たちが正月以外に帰省したり旅行したりすると少しは経済活動が均されるのではないでしょうか。
正月をなくすとかあるいは何回かに分けるというのは難しいと思います。
しかし希望者は別の日に正月の代わりに休みを取っていいという制度を全国的に導入するのはそれほど困難ではないと思います。
実際に多くの人が正月から働いているのですから。
そういう選択が可能になれば私も正月以外で休みを取って帰省すると思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/12/21 11:47 ] どうでもいいこと | TB(0) | CM(6)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方