人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

海外旅行と危険

港に停泊している船は安全である。
しかし、船は港に停泊するために造られたわけではない。


私の好きな名言なのですが、いったい誰が言ったのかと調べたところグレース・ホッパーという女性でした。
彼女はかなり凄い人で、アメリカで女性初の数学の博士号を取得して計算機科学者として大きな業績を上げたそうです。
海軍にも勤めて准将にまで昇進し彼女の名を冠した駆逐艦もあるそうです。

海外旅行は当然のことながらある程度の危険を伴います。
日本ほど治安が良く、食べ物やインフラなどの安全が徹底している国はそうはないでしょう。
特に西アジアやアフリカ、南米などは治安が良くないところが多く旅行者狙いの犯罪も多いです。
バスなどの交通事故も多く危険な病気などもあります。

ある程度の危険があってもやはり海外には行く価値があると思います。
登山と一緒で危険があってもそこに魅力的なものがあると人はひきつけられます。
全ては自己責任でリスクを負うことになりますが、そのリスクを承知で海外旅行に出かけるのです。

人がリスクを背負って何らかの失敗をしたときには毎回のように自己責任だと言いたがる人がいます。
港に停泊したままの船にいる人は外界に向けて旅に出た船が羨ましくて仕方がないのでしょう。
海外旅行に限らず、起業でも転職でもアーリーリタイアでもリスクを承知で何かをしてみるというのは素晴らしいことです。
自己責任という言葉は何かの決断があるからこそで、何の決断もできない人は責任を取る自己さえ確立できないのです。

先日ネパールでトレッキング中に天候の悪化で日本人が二人亡くなりました。
私がエベレストをトレッキングした時も高山病でフランス人が亡くなっていました。
日本に帰国して2か月後にはエベレストトレッキングのスタート地点へ飛ぶ飛行機が墜落して日本人大学生が亡くなっています。
また学生時代にエジプトのルクソールの有名な神殿を訪れたのですが、帰国して3か月後にそこを訪れた日本人ツアーの10人ほどがイスラム過激派の銃の乱射により亡くなっていました。
私自身は海外での危険はスペインで浮浪者に囲まれて財布を取られたことと、エベレストトレッキング中に道に迷ったぐらいです。

バックパッカーであれば程度はそれぞれでしょうが、何らかの危険な目にあったことがあると思います。
大抵の人はネタになる程度の危険な目にあうだけですが、少しの運の悪さや自分の不注意で取り返しのつなかないことになることもよくあります。
旅行中に亡くなったり行方不明になったという話は学生時代によく聞きました。
日本の大学や海外の安宿によく行方不明の日本人を探すビラが貼ってあるのも何度か見かけました。

しかし結果から語ったところで意味はありません。
リスクがあってもそこに何かがあると思うなら周りの意見など聞かずに行ってみるべきだと思います。
もちろん無謀はだめできちんと知識を持ち対策を取る必要はあります。
リスクを背負うから得られることはたくさんあり、人がリスクを背負える期間なんてせいぜい80年ほどのことです。
リスクを取ることを恐れてばかりいる人より、リスクを背負って何かをする人が多いほうが世の中は面白いです。
40歳を超えてすっかり年よりじみた私は港に停泊したままの船でよいですが、若い人には外界へと旅立つ船であってほしいものです。

下の画像はエベレストトレッキングのルートです。
端っこを歩いても崩れるんじゃないかとビビりながら歩きました。
日本であれば補修するまでは通行止めでしょう。

P1010268.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/10/25 16:37 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(2)

金融教育はやっぱり必要

ラップ口座の残高が2兆円を突破したそうです。
どう考えても資産運用としては愚の骨頂だと思うのですが、世の中の人はそれほど金融リテラシーがないのでしょうか。

私の母親も銀行に勧誘されて1000万の変額保険に入らされたことがあります。
以前母親に低コストのインデックスの投資信託でも買っておけばと言ったことがあります。
銀行で相談した母親はインデックスなんて配当もつかないし何の価値もないから変額保険が良いと言われて入ってしまったようです。
何故母親に変額保険を選んだのかを聞いたところ、銀行員が親身で気に入ったからだそうです。
商品の内容やコストは分かっているのかと聞いたらそんな難しいことは分からんとお答えになりました。
馬鹿なんじゃないかと思いますが、私の母親はかなり頭が良い人だと思います。

この程度の金融知識でも両親は資産運用でそこそこ利益を上げてきました。
変額保険もリーマンショック後に入ったのでおそらくそれなりに利益が出ているでしょう。
バブル崩壊も経験していますが、全体としては高度成長期を謳歌した世代だということでしょう。

一方でここ最近飲み会で資産運用をしているかと何度か聞いてみたところ驚くほど預金だけという人が多いことにびっくりしました。
独身でリスク資産の運用に回せる余裕資金があるような人でもです。
リボ払いは利息が付くということさえ知らない人も多くいました。

唯一の例外は外資系に勤めていたときの友人たちでほぼ全員が資産運用していました。
まあ当時はマネージャを筆頭に仕事中にFXや株をチームの半分ぐらいがしていたぐらいですから。
成果を出していたとはいえ今考えるとやりたい放題のチームでした。

消費者が賢くならないとサービスが良くならないのは当たり前の話です。
日本人は世界一うるさい消費者だとよく言われます。
しかし金融サービスに関しては何故うるさい消費者にならないのでしょうか。

結局は知識の問題だと思います。
社会に出てからは興味がないと金融の知識を得ることは少ないと思います。
やはり高校で金融の科目を必須とすべきではないでしょうか。
高校で古文だの歴史だのなんて私は教える必要はないと思います。
金融について勉強させたほうがよっぽど役に立つし、社会にとってもよいことだと思います。
古文や歴史は国立大学クラスを受験する人だけに勉強させればよいのではないでしょうか。

収入に応じた計画的な生活をすること、リスクとコストを考えて消費、資産運用をすること。
この当たり前のことを高校で教え込むことはできないのでしょうか。
生きるのにこれほど重要なことはないはずです。
社会にとっても金融リテラシーがある人が増えるほど社会的コストは低くなるはずです。
何故高校の必須科目にしようという声があまり聞かれないのか不思議でなりません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/10/18 16:25 ] 資産運用 | TB(0) | CM(7)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方