人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

女性の働く権利

安倍政権になってから女性の社会進出や子育て支援が重視されるようになりつつあります。
本格的な労働力人口の減少に備えて高齢者や女性の労働参加を促さなければならないですし、出生率も団塊ジュニアの駆け込み出産がなくなれば減少しそうです。
そろそろ実質的な男女平等社会が到来してほしいですし、そのほうがより豊かな社会になると思っています。

先日都議会でのセクハラ発言が非難されました。
地方議会という一般社会と比較してモラルが期待されない場所でセクハラは駄目なことであるということが認識されるようになったことは素晴らしいことだと思います。
地方議会でセクハラが駄目と認識されているということは一般社会では大部分で駄目と認識されていることでしょう。
こういうことが起こるということはもしかすると安倍政権の成果かもしれません。
私は安倍政権に全体としては否定的ですが、しつこく女性の社会進出を言ってくれているのは評価しています。
しつこく繰り返すことで実質的なものもついてきてくれるでしょう。

しかし私には女性の社会進出と子育て支援が少子化や労働力の供給の面から言われていることにはかなり違和感を感じます。
女性が子供を産む権利や機会が均等なもとで労働参加をする権利は人権の中でも最も基本的な権利だと思います。
労働力の供給が過多であろうが不足であろうが、性別に関係なく能力で雇用されるべきことは当然の権利であり資本主義の原則です。
女性が子供を産みやすい社会環境を整えるのは少子化など関係なく最も基本的な人間の権利と言ってよいはずです。
社会に大きな悪影響を与えるのでもない限り個人の自由な選択は現代社会の最も重要な権利です。
なぜ労働力不足や少子化が問題になってからようやくそれと結びつけて女性の労働や子育ての環境を整えるという機運が高まるのか不思議です。

女性の社会進出と少子化が両立するかなどという議論はする必要もないことです。
労働機会が女性にも平等に与えられることと、子育てのしやすい環境を整えることはどちらも基本的権利にかかわることなので、その結果出生率が下がろうが上がろうが別問題です。
もし女性の社会進出が少子化を促進するものと分かれば女性が仕事をする権利を取り上げようとする声が高まらないか心配です。

個人より社会を優先し、個人が社会のためにある社会は恐ろしい社会です。
そのような社会は結局は特定のグループのための社会でしかないからです。
全体主義や共産主義の社会を見ればよく分かります。
あくまで社会のためではなく個人の選択権として子供を産むことや働く環境を整えるべきなのではないかと思います。

アーリーリタイアについても同じことが言えます。
働くか働かないかは個人の選択の問題でしかありません。
リタイアした人やニートの人に対して皆が働かなくなったら現在の生活水準を保てなくなるという批判的な声があります。
これも個人が社会のため(正確には特定のグループのため)に存在しているという発想です。
あり得ないことだと思いますが、皆が自給自足の生き方を望めばそれはそれでよいはずです。
働くことによって社会参加を実感したり、水準の高い生活をする自由と働かないことによって貧乏生活をする自由は両方とも同じだけ意味のある生活であり、同じだけ権利が認めらるべき生活でしょう。
個人の選択に関わることをどちらかが良いというのは決められないことだと思います。。

女性が専業主婦か、外で働くべきかの議論は下らないし意味のないことです。
働いている人間が働かない人間をGDPがどうのこうのという批判は下らないことです。
同様に働いていない人間が働いている人間を社畜などという馬鹿にした発言も低レベルです。
どちらかを強制されることなく好きなほうを自由に選択できる社会が進んだ社会なのだと思います。
もちろん自由な選択が許されているこということは自己責任もそれだけ求められます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/07/27 13:25 ] 社会 | TB(0) | CM(2)

当ブログの人気記事について

このブログを書き始めて2年経ちました。
それなりの記事数になったので記事のランキングを付けてみようとふと思いました。

ランキングはページビュー、拍手数、自己評価の3つで付けてみました。
ページビューはタイトルにつられたり、検索でヒットしやすいというのがあるので人気度を示す指標としては適切ではないかもしれません。
拍手数のほうが人気度を示す指標としては正しいように思います。
そして自己評価と他者の評価や興味とかなり異なるだろうと思い自分が気に入っている、人に読んでほしいと思っている記事も考えてみました。

まずはページビューによるランキングです。

1、田舎への移住
2、またまたリタイア後に住む場所について
3、アーリーリタイアを達成するための目標金額
4、老化を自覚するようになった
5、らいくむという名前
6、日本もタイも生活費は変わらない
7、2014年5月のお奨め本
8、リタイア後にどこで暮らすか(海外編)
9、リタイアすることを黙ってられない
10、リタイア資金と親の遺産

やはり全く参考にならないような指標のようです。
読者が少しずつ増えて行っているので最近の記事ばかりが上位です。
あとは検索にヒットしやすいタイ、リタイア資金などの単語が含まれている記事ですね。
何故お薦め本の記事が7位に入っているのか謎です。

次に拍手数のランキングです。

1、孤独を愉しむ
1、1日に1つの仕事しかしたくない
3、リタイアすることを黙ってられない
4、老化を自覚するようになった
5、ヤフーニュースはもう少し何とかならんのか
5、参加することに意義がある
7、自分自身を知る
7、どうしようもない人たち
9、人生をやり直す
9、アーリーリタイアを目指す理由
9、アーリーリタイアを達成するための目標金額
9、やっぱり自分の家が一番落ち着く

やはりリタイアややる気なし系が多いでしょうか。
ブログ村からきている人が多いと思うので似たような感覚を持つ人が多いように思います。

そして自分自身のランキングです。
細かくランキングするのは難しいので10本を選んでみました。

孤独を愉しむ
絆や仲間、人の気持ちなどと言っためんどくさい言葉がますます飛び交うようになっています。
しかし孤独に愉しみを持つ人もたくさんいるだろうし、私もそうだと思い書いてみました。

いつまでも生きる
私はもうやりたいことなどないと言っていますが、将来の人間社会がどうなっていくのかは非常に気になるのでやはり長生きしたいと思っています。
しかし長生きしすぎると本当にやることが無くなり好奇心も無くなるだろうなと思っています。
宗教は永遠の暇つぶしをしなければいけない天国をどのように考えているのかと気になっています。

1日に1つの仕事しかしたくない
最近ますますだらけた人間になりつつありますが、やはり原点はバックパッカーをしているときのだらけた生活だと思います。
生活するうえでしなければいけないことなど実はそれほどありません。

自己責任と自由と運命と
人は自由が与えられている場合にのみ責任が生じるのだと思います。
現代社会は経済の発展により自由もより広範囲になる一方で、脳神経科学の発展などで本当に人は自由な選択ができる存在なのかという疑いも出てきています。
私には自由意志とはある種のフィクションにしか思えません。

偽装なんてなかった
物理的なものは変わらないのにそれを表現する言説が異なると価格が変わるというのは面白い現象です。
モノにまつわる言説自体がサービスとなり、さらにはモノそのものよりも重要になるという逆転現象は近代の消費の特徴なのでしょう。

この世界はニセモノだという感覚
私は昔からこの世界は誰かが人為的に作ったものではないかと疑っていましたが、それが神という存在には結びつきませんでした。
もしこの世界を作ったものがいるならそれは相当グロテスクな存在だろうと思っています。

働かざる者食うべからず
私は働かないことを許される人というのは経済状況によって大枠が決められ、個々の優先度は文化によって決まると考えています。
経済的に社会全体でどの程度の労働が必要でどの程度の働かなくてよいのかという視点での研究は重要ではないかと思います。

進んで低賃金で働く
途上国の発展で日本人の給料が下がる一方ですが、潜在的な労働参加者が増えてくるとさらに低賃金が進むのではないでしょうか。
果たして現在の人手不足が本当に継続的な賃上げにつながるのでしょうか。

バックパッカーの歴史と旅行記
海外旅行者は時代によってその性質を変遷してきました。
私が学生のころとちがうのはやはりネットの発展と旅行関連のインフラの整備の進展でしょう。
もうちょっとした冒険気分でバックパッカーをする人はいないのかもしれません。

リタイア後にどこで暮らすか(海外編)
もう海外で長期滞在したり、働くのは全く珍しくなくなりました。
最近は好奇心自体が薄れてきて海外へ行きたいとは思わなくなりましたが、若い人には海外で長期滞在する経験をして欲しいなと思っています。

ページビュー、拍手数のランキングとは少ししか重なっていません。
やはり自己評価では私の性格がよく出た記事ばかりになりました。
自分の評価と他人の評価は往々にして異なるのはブログだけでなく、実社会でも同じです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/07/19 15:27 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方