人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2014年5月のお奨め本

2014年5月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・大森荘蔵 -哲学の見本 (野矢茂樹)

大森荘蔵の思想を前期、中期、後期と追っていきます。
主に物と知覚の問題を中心に他我、時間の問題も扱います。

時間軸で大森の思想を追うことにより、その時々で大森が何を考え何に躓き、そしてどのようにして前に進んだのかを著者と一緒に体験することができるでしょう。
哲学することの見本のような人の思考の変遷ほど知的な興奮を得られることはありません。

私のような読書のジャンルとして哲学が好きだけれどもそれほど読んでもいないし、知識もないような人間にはこのような概説本は助かります。
私は大森荘蔵を何冊かは読んでいますが、彼の思想の体系的な理解やその変遷と理由を理解している自信は全くありません。
野矢茂樹のような哲学者がある程度テーマを絞ってその思考を概説してくれるとそういうことだったのかと納得することが多くありました。

ただ本当は大森の主要著作を時間順に丹念に追っていたほうが良いのでしょう。
このような概説本はかなり簡略化した説明になりますし、何より自分で考えることをさぼってしまい何となく大森を分かった気になってしまいます。




・首無の如き祟るもの (三津田 信三)

奥多摩にある媛首村には昔から首無の祟り伝説がありました。
長年秘守一族が支配してきた村なのですが、首無が祟るのは主に一守家の男子であり一守家の男子は代々早死にしたり、長生きしても体が弱い人間ばかりでした。
そのような村で戦中に首無の祟りのような事件が起こり、戦後にも再び事件が起こります。

閉鎖的な山村とそこを支配する名家、そして恐ろしい伝説というありがちなプロットですが面白いです。
うまく伝説と実際の事件を絡めていますし、閉ざされた山村の名家の雰囲気は読むだけでワクワクします。
伏線がありすぎて覚えられないほどですが、見事に最後に次々と明かされていきます。
トリックも中々見事で感心しました。
ホラー小説というよりは本格推理として読んだほうが面白いです。
不満点としては最後にちょっとやりすぎたように思えること、もう少し驚きが欲しいこと、秘守一族の確執のドラマがもっとあれば盛り上がったのにということろでしょうか。




・インシテミル (米澤 穂信)

高額の時給で集められた12人の男女。
とある施設に7日間閉じ込められますが、何もしなくても7日間で2000万円近い報酬が約束されます。
しかし報酬ルールには殺人事件が起きてその犯人を推理するなどにより報酬が格段に上がっていくシステムがありました。

私はこういう閉鎖空間での本格推理が大好きです。
閉鎖された空間での人間模様や恐怖感が面白いですし、推理の条件が読者に明確になりやすいため、それだけトリックに驚きがあると感動するからです。

本書の設定、小道具などは非常に素晴らしいものがあります。
なるほどと思わせるものばかりでした。
だが一方で登場人物たちがどうにも魅力がなかったり、こだわる必要のないところにこだわってみたりとちぐはぐな感じをするところが多いようにも思えます。
設定、トリックともに面白いので読んで損はないです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/06/16 00:22 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(0)

老化を自覚するようになった

最近、明らかに老化していると感じることが多くなってきました。
30代後半のときにも体力の低下などは感じてはいましたが、何となく年を取ったかなと感じる程度でした。
しかし今はもうこれは老化だなとしか思えないことが多々あります。

私はどちらかというと体力も精神的な若さもあるほうだと思っていましたが、人並みかそれ以上に老化が進んでいるようです。

ここ数年で急速に白髪が増えて、かなりはげたし、肌も衰え、腰や肩などが痛むようになっています。
老眼も少し出ているようですし、動体視力は明らかに落ちています。
酒も弱くなりあまり飲めなくなりました。
風邪などはあまりひかず、病院に行くのは数年に一度ぐらいですが。

仕事をしていても集中力が続かず、これぐらいでいいやと妥協するようになっています。
物忘れがひどくなってきており一週間前の仕事の内容も中々思い出せません。

好奇心や何かに挑戦したいという気持ちもほとんど失われています。
もう海外へ行きたいという気持ちはほとんどなくなりました。
もてたいという気持ちもほとんど失われました。
リタイアしたいという気持ちもより怠惰な生活をしたいだけのことです。
何かをしたいというのではないと思います。
ですので90歳まで生きたいとは思っていますが、一方でいつ死んでもやり残したことはないとも思っています。

ここ数年昔の友人に会うたびに丸くなっただの覇気がなくなっただのと言われることが多くなりました。
自分でもそう思います。
たまに学生時代のテンションでいまだに生きている友人がいますが、私にはそのほうがびっくりです。

まだ病気などになってないからだとは思いますが、老化もそれほど悪くなさそうです。
無理をしたり背伸びをしたりすることがなくなるのは精神的に心地良い生活を送ることができます。
旅行もあまり行かず、たまに美味しいものを食べて、のんびり本を読むだけで充足して、それ以上の好奇心を持たなければ低コストで生活できます。
低コストの生活だからこそ仕事をセーブしたり、リタイアすることが可能になります。

家族がいる場合は40代の男性は踏ん張りどころだと思います。
子供の教育費の負担が重くなっていく頃ですし、住宅ローンを抱えている人も多いと思います。
会社では中間管理職として責任が重くなる年齢です。
子供の思春期など家庭内での関係にも精神的に気を使うことが多くなるでしょう。
体力的にも精神的にも踏ん張りが効かなくなってくる年齢になるというのに、実生活では踏ん張りどころになるというのはかなりきついのではないかと思います。
頑張らなければいけないという気持ちで無理をしているのでしょうが、耐えられなくなりどこかで折れてしまう人も多いのではないでしょうか。

今私が仕事に疲弊していないのは老化をそのまま受け入れそれに応じた楽な仕事をしているからです。
この楽な仕事さえ嫌になったら辞めればいいという状態はかなり精神に余裕を与えてくれます。
もし家族がいれば両親に与えてもらった程度の生活を家族に与えるために最低限の出世は目指していると思います。
おそらく老化による体力と精神力の衰えとの折り合いがつかず疲弊していることでしょう。
家族が支えにもなるのでしょうが、私の精神はそれ以上にひ弱だと思います。

幸か不幸か私は家族がいないので気楽に生きることができています。
自然と老化を受け入れることができ、不安や焦りもありません。
ただ人生も後半戦に突入したのだなあとしみじみと実感するだけです。

40代では老化と言ってもそれほど本格化していないですし、精神力もあるでしょう。
しかし70歳ぐらいになってくると生活に支障をきたすレベルになってくるでしょうし、精神的にも相当弱くなっているでしょう。
そのとき家族を持つ人は頑張ってきたご褒美として私の両親のように子供や孫との交流を楽しみ助けられて生活しているのでしょう。
まあ、家族がいても孤独な老人は多いですし、連れ合いを失くした時の喪失感は相当大きいものだとは思いますが。
私のように40代の老化は何とも思わなくても、70代になると分かりません。
この年齢では兄弟に頼ることも難しくなるでしょうし、生活の不安が一気に押し寄せるかもしれません。
家族をもって40代の老化を耐えて頑張らなかったツケなのかもしれません。

どんな選択が正解かは分からないですが、とりあえず今が楽しければいいやと思い、将来のことを考えることが億劫になってきているのも老化の良いところかもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/06/07 11:07 ] どうでもいいこと | TB(0) | CM(0)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方