人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2014年3月のお奨め本

2014年3月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・たった1%の賃下げが99%を幸せにする(城 繁幸)

日本型雇用への批判の書です。
日本型雇用の特徴とされる年功序列制度こそが企業の競争力を低下させ、世代間格差を生み、それのみでなく高齢者に対しても仕事への希望を奪っているとします。
そしてそれを解決するには同一労働同一賃金しかないと著者は主張します。

かなり議論が雑で荒っぽいです。
本当にそう言えるのかという疑問を持つ箇所はかなりありました。
例えば同一労働同一賃金が本当に著者が問題とすることを解決できるのかどうかは疑問があるし、職務給が進んでいるヨーロッパが果たしてどれほどうまくいっているのか疑問です。
あまり厳密な議論を期待するような本ではないので1日でさっと読み流すだけでよいと思います。

しかし著者の主張自体はご尤もと言えるものばかりで、私も職務給への移行は全面的に賛成です。
職能給の一番の欠点はライフスタイルに応じた働き方を阻害することです。
職務に応じた賃金を支払うのではなく、年齢に応じた賃金を支払うのでは労働者を一つの職場に縛り付けることになります。
それは結局女性や非正規、フリーター、家庭の事情などによる退職、休職などを排除することになります。
そして仕事の実績ではなく、ただ脱落することなく長期間務めたということで収入が決定されることになります。
そのような社会が閉塞感を持つのは当然だと思います。

この本が出版されたのは2009年ですが、果たしてそれから日本の雇用制度は少しは改革されたのでしょうか。
表面的には全く変化していないようにも思えます。
しかし働く側の意識、特に若手の有能な社員は変わってきているようですし、会社側も変わっていかないと経営が厳しくなってくるということは自覚しているように思います。
おそらく団塊の世代は逃げ切ることでしょうが、少なくとも会社は団塊の世代が退職するとかなり変わるでしょう。
問題は国民の退職は死ぬことなのでまだまだ国全体としては年功序列で高齢者への分配が優先されるでしょう。
今のところ社会保障改革がなされる気配すら感じませんから。

ちなみにタイトルにはほとんど意味がありません。




・日本の伝統 (岡本太郎)

岡本太郎の日本の伝統芸術論です。
主に取り上げるのは縄文土器、尾形光琳、庭園で、その歴史に触れつつ自分にとっての日本の伝統を語ります。

著者は伝統とは鑑賞するのもではなく感じ取りそこから創造するものだと述べます。
もし現代に訴えかけてくるものがなければその存在する意味はなく、それこそなくなってしまっても良いと断言します。
現在が大事で伝統とは現在があって生きてくるものという態度はやはり評論家ではなく芸術家の態度でその誇りを感じます。

本書では具体例を挙げながら評論家ではなく芸術家として日本の伝統を評価しており、あくまで自分の創作活動にとっての伝統の評価です。
このため岡本太郎という人はどのようなことを考えて創作していたのかを知ることができます。
伝統芸術のどのような点に彼は注目するのか、どのような点で評価したりしなかったりするのか、これらは非常に興味深く読めました。
彼が評価するのは縄文土器と尾形光琳で自然と対峙した力強さを評価しており、一方江戸時代に見られるような形式主義的、観念的な芸術には低い評価しか与えていません。
彼にとって芸術とは観念をいじくることではなく人生をかけて自然と対峙し創造することであり、ディレッタントなものは堕落としか思えなかったのでしょう。

とても読みやすいのでお薦めなのですが読んでいて退屈だったところもあります。
それは芸術の歴史的な解説部分で、大雑把で思いつきにしか思えないようなところが多々ありました。




シャドウ (道尾 秀介)

精神科医の父に持つ小学5年生の凰介は母を癌で亡くします。
凰介には亜紀という幼馴染がおり、両親同士が大学からの友人でした。
凰介の母の死後、今度は亜紀の母親が飛び降り自殺をします。
凰介は徐々に自分を取り巻く人々の真相へと近づいていきます。

本格推理とホラー要素のある精神障害ものの組み合わせのような小説です。
面白いことは面白いのですが、すべての要素で平均以上だけれども全体としては今一つ感があります。

私が評価したいのは凰介の推理の部分です。
伏線のはり方はうまいですし、そこから結論にたどり着くのかと感心します。
ただこんな推理を展開してしまう小学5年生はいないだろとは思いましたが。
賢すぎる凰介ですがその優しさや他者への愛情は読んでいて気持ちのいいものでした。

他のミステリ部分やどんでん返し、それに対する伏線、ミスリードは不自然なところが多く違和感を感じました。
もっと怖いミステリにして最後に驚愕の事実も欲しいところです。
話の展開がうまく引き込まれていくので最後に期待してしまいましたが、少しパワー不足の結末でした。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/04/12 12:05 ] 今月のお奨め本 | TB(0) | CM(4)

着実に減ってきた生活費

リタイアを意識しだしたのは6年ぐらい前のことです。
最初に考えたのは贅沢しすぎの生活費をどうにかしなきゃいけないということでした。
当時私はケチなくせに自分が使いたいと思うことに対しては使いたいだけお金を使っていました。
10円単位の節約にこだわるくせに、1万円単位の贅沢を平気でするようなタイプです。

まずはそれほど必要性のないものや高額になるものを削っていきました。
これらは意外と楽に実行できました。
例えば日経ビジネスを年間購読するなど仕事関連の本などはよく買っていましたが、リタイアをするつもりなのでそんなものはお金を出してまで読む必要がないと思い本は買わなくなりました。
また図書館にない本もすぐに買っていましたが、隣の区の図書館に登録して探したり実家に戻った時に大阪市の図書館で借りるようになりました。

銀座のちょっとお高いバーにもいかなくなりました。
今でもたまにブルガリのバーなどに行きますが、カクテル一杯2000円とか考えてみるとすごい金額です。
ちなみにブルガリにはチロルチョコみたいなのが一粒1000円ぐらいなのですが、一度食べようと思いつつまだ食べたことがありません。
ブルガリなどのバーは値段に見合うサービスを提供していると思います。
ただ私にとってはそれ程の必要性はないのでたまに行く程度にしました。
大阪の友人を連れて行ったり、女性を連れていって東京の男のかっこよさを見せつけるときぐらいですかね。

必要のないものや贅沢代を削ったため一気に生活費が下がりました。
おかげで30半ばを越えてようやく少し資産ができたのでいったん転職することにしました。
毎日遅くまで仕事をするのが体力的にも精神的にもきつくなってきたからです。
そのまま同じ会社で仕事をすれば資産が一気に形成されることは分かっていたのですが、正直少し限界を感じ始めていました。

転職すると同僚との付き合いにかかる費用が激減しました。
つまらない飲み会は極力参加しないようにしたこともありますが、飲みに行く店のグレードが低くなり、頻度も減ったからです。
以前の会社では30代半ばまでには年収1000万を超えますが、今の会社では1000万円を超えるのは出世しても45歳ぐらいです。
家族持ちの同僚と飲むとどうしても安い居酒屋を選ぶことになり、そのおかげで自然と飲み代を抑えることができるようになりました。

そして一昨年は旅行代なども含めた月の生活費の目標を月28万円にして結果は27万円強ぐらいでした。
去年は23万円を目標にして、若干超えましたが許容範囲内に抑えることができました。
25万を切ってくるころから生活費を削ることが難しくなってきたように思います。
一つ一つは贅沢も無駄遣いもしていないとは思うのですが、合計すると結構な金額になるものが残っていてこれを削るのは中々難しいものだと感じました。
例え少額でも使うことが習慣化しているためです。

そこで習慣化によってお金を使うなら、その習慣を無理のない範囲で変更すればよいと考えました。
例えば私はスタバ好きで毎日、多いときは3回ぐらい買いに行くことがあるくらいでした。
これはもう習慣化しており息を吸うようなものです。
そこで2日に1回行くというルールにしました。
それほど無理のないルールですし、最初の2週間ほどは意識的に我慢してこれを習慣化してしまえば2日に1回が当たり前のようになりました。
このようにしてデパ地下やコンビニ、ネットでの買い物も同じように頻度を減らしてそれを習慣化し、さらには自炊もするようになりました。
頻度を減らしはしましたが、デパ地下などに行くのを止めたわけではないのでそれほど無理をしている感じもしません。

そして今年の目標は月20万円以内で現在のところは実行できています。
今年1年この目標を守れたとしたら無事にリタイアできます。
ここから会社の付き合いや昼食代と住宅ローンを引いて社会保障費などを足した金額がリタイア後の予算と考えているからです。
もし守ることができないならリタイア時期の延長となってしまいますが、たぶん大丈夫だと思います。

社会人になって使えるお金が増えると使うことが当たり前になります。
でも考えてみるとお金のなかった学生時代でもそれほど不自由ではなかったように思います。
お金がないならそれに合わせた生活を自分で自然と習慣づけていたからだと思います。
節約は意志の問題だとは思いますが、自分でルールを決めてしまいそれを習慣化してしまうのがよいと思います。
スタバに行かないのではなく、2日に1回自分へのご褒美としてスタバに行って良いという考えに切り替えると我慢ではなく褒美のような感覚になるのではないでしょうか。

でも結局節約できるようになってきたのは単に年を取って色んなものへの欲がなくなり、さらに贅沢行為すること自体が面倒になってきたというのが実際のところかもしれませんが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2014/04/05 18:18 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方