人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

どうしようもない人たち

今日、いわゆるヘイトスピーチなるものに初めて遭遇しました。
まともな教育を受ける機会がなかったのか、よほど鬱屈した人生を歩んでいるのか分かりませんが、何だか哀れに思えました。
どうしようもない人たちはおそらく会社などでも相手にされていないのでしょう。
しかしどれだけ人生がうまく行かなくても現代人としてのプライドだけは失って欲しくないものだと思いました。

先日も50代ぐらいのおっさんが図書館でスタッフにいいがかりとしか思えないようなことで怒鳴りつけているのを見かけました。
弱い立場の相手にどなるような人はどこにでもいます。
私の会社でも派遣スタッフに偉そうにするどうしようもないおっさんがいます。
もちろんそんな人ですから他の社員からは相手にされていません。
相手にされていないことで余計に派遣スタッフを馬鹿にすることで自分のプライドを保っているのかもしれませんが。

つくづく思うのはどうしようもない人はコストがかかるということです。
ヘイトスピーチを見物していて一番かわいそうだと思ったのは警察官たちです。
彼らは本来やらなくていい仕事をやらされているわけです。
なぜ税金を使って警察官に苦労させてどうしようもない人たちの対応に当たらせなければならないのでしょうか。
あらゆるサービスではそういうコストがあります。
窃盗犯は店の警備、警察、裁判関連の費用を浪費します。
モンスターペアレンツやペイシェントがいると彼らに対応する人件費や精神的な疲労は相当なものになります。
生活保護の不正受給者がいると本来受けるべき人が生活保護を受けにくくなりますし、監視費用も相当なものになります。

自分では何の責任も負うことなく他者を攻撃することに生きがいを感じるような右翼的、左翼的な人たちは人口からすると10%にも満たないでしょう。
しかしその10%の人は社会に対して多大なコストを背負わせています。
とても小さな団体である農協や医師会が大きな政治力を持ってきたのと同じです。
そしてコストを負担させられるのは大多数の普通の人たちです。
日本や韓国、中国の普通の人たちはこのような人たちから相当な被害を被っています。

日本の強さは相対的にこのような社会コストが低いことではないかと思っていましたが、経済が衰退していくと他国のようにコストも高くなっていくのでしょう。

私もリタイア後に財産を失ったり、両親や弟妹より長生きしてしまい独りぼっちになるようなことがあるかもしれません。
例えそうなったとしても他者や弱者への攻撃などで自分を保つようなどうしようもない人だけにはならないつもりです。
孤独に生きることを決めているもののささやかな矜持です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/07/28 22:06 ] 社会 | TB(0) | CM(16)

参院選

面倒でしたが参院選の投票に何とか行ってきました。
悪い冗談かよというような東京の候補者たちですが仕方ありません。
文句があるなら自分で立候補するか日本を脱出すればよいだけです。

それにしても私には自民党から共産党まで全て同じ政策に思えます。
将来世代に全てのつけを回して自分たちは逃げ切ろうということです。
できもしない夢を与えておけば当分はごまかせるのですから。
若者の投票率が低いということは若者も自分たちを犠牲にしてでも上の世代には幸せに死んでいって欲しいと思っているのでしょう。
私は自分が恵まれた時代に生まれたと思っているので将来世代にはできるだけつけを回したくないと思っていますが。
ですが投票率の高いご老人たちは中々そうは思ってくれないのでしょうね。
私の両親なんかはいつも高い年金と手厚い福祉制度に若い人につけを背負わせて申し訳ないなあと言っているので、そうでないご老人も多いとは思いますが。

さっき山本太郎が当確になったようですが、東京の人は馬鹿なのでしょうか。
彼のこれからの6年間の政治活動に税金が支払われなければいけないのでしょうか。
働いて税金を納める気をなくします。
でも正直に言って彼の演説はうまいと思いました。
馬鹿を演じる政治家は言葉に嘘っぽさを感じますが、本気の馬鹿にはやはり迫力があります。

普通の人だけど仕事ができてリーダーシップがあるような人は政治家になってくれないんでしょうね。
今週の東洋経済ではマッキンゼーの特集をしていましたが、彼らに日本の政治を任せることはできないんでしょうか。
マッキンゼー出身者だけでなく日本には素晴らしい人材がたくさんいるのに政治の世界が魅力的でないのか入ってきてくれません。
政治家やそれに群がる既得権益団体を相手にするのはあほらしい仕事なのでしょう。
政治家になるぐらいなら自分で起業やNPOを作って社会を変えようとするのかもしれません。
もし会社のトップが安倍さんや麻生さんで柔ちゃんや山本太郎が同僚であれば私だってそんな会社すぐに辞めてしまいます。

安定政権ができたいま、自民党は本気で改革を進めてくれるのでしょうか。
無理というかそんなつもりはさらさらないのでしょうが、国民も分かっているはずです。
現状に目をつぶって見たくないものは見えないふりをして、もしからしたら杞憂に終わるかもしれないと期待しているのでしょう。
おそらくこのまま日本は衰退していくのでしょうが、戦争にさえならなければ人間何とか生きていけると信じたいです。
日本が衰退してもしぶとく生き残る企業もたくさんあるはずですし。

でもにっちもさっちも行かなくなったとき、政治家が国民の不満を中国や韓国に向けていこうとする可能性は十分あります。
そこから右翼的な政党が政権を取る可能性もゼロとは言えません。
山本太郎が当確したぐらいなのですから、たった70年前にはアメリカに戦争を仕掛けた国民なのですから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/07/21 22:02 ] 雑感 | TB(0) | CM(3)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方