人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2013年4月のお奨め本

2013年4月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

あまり良い本がなかったので今回は2冊

・ロンド(柄澤 齊)

実際に見た者は数えるほどしかいなく、現在は所在不明の絵画「ロンド」。
写真も残っておらず、実際に見たものによる批評が残っているだけです。
ある日、美術館の学芸員に「ロンド」という個展の案内が届きます。
ここからロンドの魔性に引きずり込まれた人を翻弄する名画に見立てた連続殺人事件が始まります。

テーマが絵画なので美術評論のような文章が詰まっています。
美術に関わる人たち、作家や画商、評論家、学芸員などの世界なども詳細に描かれています。
ミステリーの要素も十分楽しめますが、美術にとりつかれた人たちの世界を楽しむような作品だと思います。

よくここまで絵画についての濃密な解説を書けるなと思っていたら、著者は有名な版画家だそうです。
美術評論などを読むのが苦にならない人には濃密な世界を楽しめますが、そうでない人には厳しいかもしれません。




・神を哲学した中世: ヨーロッパ精神の源流 (八木雄二)

ヨーロッパ中世の神学について解説しています。
地中海世界からイギリス、フランスへのキリスト教の普及、ギリシア哲学からの継承についての簡単な解説と
神の存在証明、自由意志、唯名論と実在論などについての個々のテーマが述べられています。

中世神学の発生と発展過程を体系的に述べているわけではありません。
なのである程度の基礎知識がないとかなり読みにくいと思います。

体系的にまとめた本はすでに著者は出版しているので、この本では中世神学の思考方法を書きたかったのだと思います。
そういう風に読むとかなり面白いです。

特に実在論の世界に生きる人々の考え方を述べている部分はとても興味深いです。
私は中世というよく分からない世界を理解しようとするときのキーワードは実在論だと思っています。
実在論の世界に生きるとどういう発想になるのかを理解できると他のテーマについても実感として分かるようになります。
近代以降の思考方法では神の存在証明なんて、「そんなのは証明とは言えない!」となるでしょう。
しかし、実在論の世界で生きると証明になってしまうのです。
中世を勉強すると、どんなものであれ異質なものに出会ったときにはそれを成り立たせている世界の思考方法を理解することが大切だと痛感させられます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/05/26 11:13 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(0)

40歳になって

とうとう40歳を迎えました。

誰もがそうだと思いますけど子供の頃は自分が40歳になるイメージが全然ありませんでした。
しかしとうとうこの日が来たのです。
人生の半分ほど生きて一区切りついたという実感がかなりあります。
とりあえず人生で経験してみたいことは一通り経験できました。
今後もできるだけ長生きしたいけれども死んだところで後悔することもないと思います。

40歳になってみて一番感じるのはやはり身体の衰えです。
動体視力の低下、持久力の低下、増えてきた白髪、嫌になることばかり突きつけられます。
同年齢で野球などで活躍している人のすごさが実感できるようになりました。

海外に行ったときはほんとによく歩いていました。
砂漠のオアシス沿いに10キロ歩いたり、山の中にあるお城を見るためにタクシー代をケチって歩いたり、エベレストでは1ヶ月ポーターなしでトレッキングしていました。
今ではそんなことをする自信が全くありません。

精神的にも興味を持てることがなくなり、向上心がなくなってしまいました。
仕事に関する勉強は全くしなくなったし、語学の勉強も全くしなくなっており、英語もほとんどできなくなりました。
大学時代に4ヶ国語も勉強していたのが信じられません。

社会に対する興味もなくなってきたし、海外に行きたいとも思わなくなってきたし、人と出会いたいとも思わなくなりました。

唯一若い頃と変わらないのは本好きということぐらいです。
年を取れば取るほど好きになり、もっと色んな分野の本を読みたいです。
今の調子だと後100年生きても読んでおきたい本を読むのは難しそうです。
それなのに集中力の低下などで本を読むスピードは遅くなり、読んだ内容もすぐに忘れるようになっています。

自分が若い頃は40代のおっさんは非常につまらない人間に思えました。
新入社員の頃はおっさんを見て20年もサラリーマンをやっているとつまらない人間になるなあと思わなかったでしょうか。
父親のことも馬鹿にしていたと思います。
立派な家を建てて、3人の子供を一流大学に入れてというような人生のどこが面白いのかと思っていました。
しかし40歳になった自分は当時の父親やおっさんたちよりもっとつまらない人間になってしまったような気がします。
若い人からはつまらないように見えることでも真面目にこつこつと頑張ることは簡単ではなく素晴らしいことです。
私には社畜などといって上から目線で馬鹿にすることはできません。

ネガティブなことばかりのようですが、かと言って20代より人生が楽しくないかと言われるとそんなことはありません。
今のほうが楽しいように思えます。
20代の頃は何をしてもまだ足りないという感じが強かったと思います。
自分は他人より優れていたいというような見栄や嫉妬心もありました。
しかし今ではただ平穏な生活を送るだけで満たされています。

残りの40年ほどの人生はひたすら心穏やかに静かに孤独に暮らしたいと考えています。
リタイアすればこれを徹底できるので早くリタイアしたいわけです。


エベレストで6000mぐらいのところから撮った氷河
よくもここまでガイドもポーターもなしにてくてくと歩く体力があったものだと若い頃の自分に感心します。

P1010385a.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2013/05/19 12:17 ] 雑感 | TB(-) | CM(6)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方