人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

戦前の人たちを馬鹿にできなくなった

どうして太平洋戦争という無謀で馬鹿げた戦争に日本は突き進んで行ったのかということを私は長年疑問に思っていました。
様々な議論がなされてきましたが、頭では理解できても実感としてはどうしても理解できませんでした。

戦前の多くの国民はろくに教育も受けていない前近代的な人たちで理性的な思考があまりできなかったこと、そもそも理性的な判断を下すための情報を得る手段がなかったことなどから集団的な高揚状態に陥り理性的な判断を排除していったのだろうと私は漠然と考えていました。

端的に言うと戦前の国民は前近代的な劣った人たちだったからと上から目線な見方をしていたと思います。
何となく空気に流されて戦争へと突き進むプロセスや雰囲気を実感することができなかったためです。

しかし最近ようやく実感としてこのプロセスが分かってきたような気がします。

国債や原発問題への政治と国民の態度を見ていると、なるほど理性的な判断を放棄してヒステリックな状態に陥ると言うことはこういうことかと納得いくようになりました。
ヒステリックな状態になる人は一定の割合しかいなくても残りの多数の人は何となく流されていくのでしょう。
また、全体の利益をどれだけ犠牲にしても個別的な利益を優先するグループは状況が悪くなればなるほど力を増していくということもよく分かります。
このヒステリックな状態と個別の利益を追求するグループが混在すると事態は複雑化し、全体の問題を解決しようとすることはほとんど不可能な状態に陥ってしまいます。

国の経済政策にしろ、原発問題にしろ科学的かつ常識的な知見はあまりにも無力なようです。
とてつもないポジティブシンキングと徹底的なネガティブシンキングは理性的で現実に即した判断を吹き飛ばしてしまうようです。

戦前も現在もそれほど国民の思考方法は変わっておらず、刺激を与えられると反射的に高揚してしまうのでしょう。
決して戦前の国民は現代に比べて遅れた人たちではないということが実感としてようやく理解できました。
戦前に比べて現代は教育環境もよいし、情報が統制されることも難しい時代なのに戦前と同じような思考と行動がされているということは、個々の人間が理性的に判断すると言う観点からは戦前にすでに進歩の限界が来ていたのかもしれません。

ヒステリックになるような人たちはどのような人たちでしょうか。
それは自分の直感や感性を大切にしている人たちだと思います。
信仰を持つ人、アーティスト、政治家、思想家、右翼系、左翼系、企業家でしょうか。
実際に放射線に興奮状態に陥ってたり、リフレ派の人が多いようです。

では自分の直感に常に疑問を持っている人たちはどのような人たちでしょうか。
ビジネスマン、科学者、哲学者、アーリーリタイアを目指す人たちです。
これらの人は論理と数字を優先して、自分の直感は必ずこれらで検証しようとします。
我田引水ですが、アーリーリタイアを目指す人も直感に頼らず常に検証をするタイプでないとリタイアの達成は難しいと思います。

感性を優先する人と理性を優先する人のどちらが優れているとかと言うことではありません。
どちらも社会には必要な人たちであるのですが、バランスが取れている必要があります。
私の考えでは社会の安定期には変革を求める力が弱まるので感性を大事にする人の役割が重要です。
反対に社会の激動期には一方向への行き過ぎを抑制するために、理性を優先する人の役割が重要になると思います。

原発の問題については日本の競争力を低下させたり、国富が少々流出する程度の問題ですが、国債についてはその程度では済まない問題です。
私が生きている間にデフォルトやインフレなどのドラスティックなことが起こる可能性が高いでしょう。
そのときに政治家や国民はどのような行動をして、誰のせいにするのでしょうか。
私自身も経済的打撃を受けるでしょうから、国債の危機的状態は歓迎したくありません。
しかし戦前の雰囲気を少しでも実感として知りたいのと同じように、国債が危機的状態に陥ったときに社会がどのように反応するかを見てみたいというのもあります。

しかし経済的な危機と言っても戦争が起こるわけでもないでしょうし、飢え死にする人もそうはでないでしょうから意外と簡単に乗り切れるのかもしれません。
日本人はどうもリセットされた後の復活に長けているように思えるので。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2012/06/10 11:59 ] 雑感 | TB(-) | CM(6)

ポートフォリオ

アーリーリタイアを目指す人はポートフォリオをどうすべきかを色々と考えているようです。

私はポートフォリオについてあれこれ考えるのは時間の無駄だと考えています。
きちんと分散して投資すればポートフォリオの少々の違いによるリターンの変化は運だと思っています。
ベーシックなポートフォリオを目指すのであれば誰が考えようとそんなにパターンはありません。
誰かのポートフォリオを好みで選んでそのまま真似ればよいと思っています。

ただしリスク許容度についてはしっかり考えておく必要はあります。
一人暮らしか家族がいるか、両親の面倒を見る可能性など人それぞれだと思いますが、安全資産として定期預金や国内債券をどの程度持つかを考えておきましょう。

ベーシックなポートフォリオであれば余計なことを考える必要はなく余計なことをする必要もありません。
ある資産が割安だからポートフォリオを組み替えようなどと考えないことです。
各資産残高の推移によってポートフォリオのバランスは崩れるので、元に戻すために定期的にリバランスをしておけば自然と割安な資産を購入することになります。

私が考えるポートフォリオは以下の通りです。
日本株 50%
日本リート 3%
先進国株 35%
新興国株 12%

私は債券は持っていませんが、債権を組み入れている人のほうが多数派でしょう。

ちなみに現預金は常に100万以下です。
私は扶養家族がいなくて、自分の病気や失業ぐらいなら対応できると考えているからです。

ではポートフォリオを守っているのかというとはっきり言ってずれっぱなしです。
日本株が60%を超えており、ろくにリバランスをしていません。
何故かというと日本株のみはインデックスでなく個別株投資をしており、現在の日本株が割安と考えていることと個別株投資が楽しいために日本株を買いたくなってしまうのです。
私は資産運用には興味がないのですが、ビジネスには興味があり決算短信などを読むのが好きで、期待できそうな会社に投資するのが楽しいです。
あとは株主優待が届くと嬉しくなるので優待を実施している会社の株を買うのも好きです。
一つの会社には最大でも50万しか投資しないことと保有株の業界を満遍なく分散することは心がけていますが、資産運用というよりは趣味として考え個別株リスクは趣味の費用として割り切っています。

まとめると、
ポートフォリオについては悩むだけ無駄なので誰かのベーシックなポートフォリオを真似る。
ただし、趣味としての投資については多いに楽しみ、趣味にかかるリスクは費用として割りきる。
というのが私のポートフォリオの方針です。

ただし私は金融資産以外にも不動産を少し持っています。
これについては次回書きます。

資産運用について様々な本が出版されていますが、実用性という意味では2,3冊読めば十分だと思います。
まともな本であれば書いてあることは同じだからです。
なぜなら普通に考えると結論はほとんど同じになるからです。

私のように資産運用そのものには興味がないという人には「ほったらかし投資術」をお奨めします。
資産運用が趣味の人には全く物足りないと思いますが、そうでない人はこの程度で十分でしょう。
内容は分散しなさいよ、低コストのインデックスにしておきなさいよというだけです。
あとは投資商品の選び方やリバランスについてなどの具体的な投資法が書かれています。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
(2010/12/10)
山崎 元、水瀬ケンイチ 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2012/06/09 12:42 ] 資産運用 | TB(-) | CM(4)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方