人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

東京オリンピックと築地移転費用は都民の臨時増税で

東京オリンピックも築地移転も何だかよく分からなくなってきています。
税金がかなり投入されそうなことは確からしいのでこれらの費用は都民への臨時増税でまかなえばどうでしょうか。

両方ともなくても特に困らないものです。
オリンピックは通常ないのだからなくて困るという人はいないでしょう。
築地市場は流通の効率性を考えるとまだ公共性があるかもしれません。
しかしそのような効率化の努力はどんな業界でも同じですし、市場であればヤマトなどが行ってもよいものです。
市場機能と流通をパッケージで行うビジネスはなかなか面白いと思うのですが。
さっさと民営化してほしいものです。

なくても困らないものは費用を明示化して通常の税金とは別に徴収すればよいのです。
通常の行政にかかる予算と分けておかないと行政に支障が出る可能性があります。
臨時の税金徴収によってどれだけの費用が掛かっているか都民がきちんと認識できるでしょう。
この費用に対する説明責任が政治家と公務員に生まれます。
その説明を投票の判断基準にできます。
そうしないといつまでたっても様々な利権と非効率に税金が吸い上げられ続けるでしょう。

東京オリンピックを誘致したのは都民の責任です。
しかし一方で誘致の当初は反対の都民がかなり多かったと記憶しています。
都民のオリンピックの支持が足りないことがネックになっていると指摘は結構ありました。
風向きが変わったのはコンパクトオリンピックを主張して税金はほとんど使わないというイメージを作ったからでしょう。
賛成はしないでも仕方ないかと消極的な承認の人が増えたのではないでしょうか。
まあ、そんなことで税金を無駄使いしなかった試しがないのですが。
騙される都民が悪いと言えばそれまでですが、これは誘致に関わった人たちの責任は大きいでしょう。

それなら都職員や政治家などは都民の20倍ぐらいの負担にすればある程度責任もはっきりします。
同様に築地市場の移転にかかる余分な費用も、市場関連の職員は20倍、他の職員は5倍ぐらいにすればよいのではないでしょうか。
例えば都民一人当たり5万の費用であれば職員なら100万となるのでちょうどいいバランスではないでしょうか。
一般のビジネスでは結果を出せないとペナルティがあるのは当たり前の話です。
100万ぐらいのリスクであれば天下りなどを考慮するとトータルで儲かると思う職員もいるかもしれませんが。

同様に効率化や税収の増大に貢献すれば職員にボーナスを払うべきでしょう。
東京オリンピックで税収の増大などがあり当初予算を減額できれば職員にボーナスを支払って報いるべきです。
他の事業でも効率化できたものはどれだけ効率化できたかを明示して職員にボーナスを支払えばよいのです。
あるいは東京都民が地方にむしりとられている税金を取り戻すことが出来たら政治家や職員にボーナスを払ってもよいのではないでしょうか。

次回のオリンピックは日本の最後のオリンピックとなりそうです。
今回の騒動を見てさすがにもういらないという人が多くなるでしょう。
そもそもオリンピックに興味の無い人の割合も増えているでしょうし。
最近はオリンピックに立候補する都市も減っているそうです。
住民からすれば一時に人が大勢来るわ、費用もかかるわで迷惑以外の何物でもないのでしょう。

ところでスポーツ繋がりで国民体育大会ってまだやっているのを知っていましたか。
毎回開催地が優勝するというあほらしい都道府県対抗を税金を使って行うのもそろそろ止めればいいのではと思うのですが。

小池さんもオリンピックも市場移転もかき回すだけで終わりそうで、お得意の環境やたばこのどうでもいいアピールぐらいしか目立ちません。
結局は次の都議選も投票したい人はいなさそうです。
それでも選挙には行くつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/05/27 12:30 ] 社会 | TB(-) | CM(2)

正義が溢れる

先日右翼と左翼の街宣を少し聞いていました。
両方とも従軍慰安婦問題について触れていました。

右翼の街宣はあまりに幼稚な小学生レベルの論理に驚愕しました。
いや小学生でもこいつ馬鹿なんじゃなかろうかと思うレベルです。
あの演説を聞いてまともな知能を備えた大人が共感することがあるのかかなり疑問でした。
右翼の街宣を聞いたことのない人は一度聞いてみるとびっくりすると思います。
もう一つ感じたことは右翼系の人は怒りを原動力にしていることです。
自分たちや自分たちの国、民族が他国に権利を侵害されたり、いわれのない非難を受けていることに対する怒りです。

怒りを原動力にすると不幸なことになります。
解消できることのない怒りが一生続くからです。
さらにはそのような情動で生きている人は周りからも評価されずに余計に鬱屈したものがたまるでしょう。

一方左翼の演説を聞いていると事実関係はともかく一応筋の通った主張をしていました。
どんなことであれ正義は必ず少しは存在しておりそれを全体化する主張をされると原理的には反論できません。
彼らは社会の現実的なあり方には興味ないし世の中はベターな方向を目指すしかないということは理解しようとしません。
安全対策はコストとベネフィットで決められなければいけませんが、正義にも無限のコストを求める人がいます。
落としどころというものを拒否すれば正義を叫び続けることができます。
しかし全体としてより良い世の中を目指すしか方法はなく、すべての正義が果たされる社会など神の国ぐらいです。
ある正義を果たすためにそれ以上の犠牲を世の中に求めることは間違っているでしょう。
ある正義を果たすために正義とは正反対のことを引き起こすことも間違っているでしょう。
労働組合も共産主義国も理念としては正しいことばかりです。
しかしそこから生まれるのは正義とは思えないことばかりです。

左翼は怒りというよりは正義を原動力にします。
正義を求めること自体が生きる目的になると人生は充実します。
現代社会では右翼的、情動による怒りは馬鹿にされるかもしれませんが、論理的には筋の通る正義の論理には反論しにくいのは事実です。
たとえ周りに朝日脳などと馬鹿にされても自分の論理の正しさを信じることができれば問題ありません。
自分が正義の立場に立つことはカタルシスほど気持ちの良いものはないのでしょう。
世の中はうまくいかないことばかりなので正義を叫ぶ機会などいくらでもあります。
震災や格差、過労死、原発、安全安心の問題、果ては政治家の失言や芸能人の不倫問題まで。

そして世の中には正義が溢れます。

もっとのんびりとして緩い感じで少しだけより良い明日を目指してほしいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/04/29 13:47 ] 社会 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方