人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

経済成長を制御可能だと考える人

リーマンショックを予見できなかったり、デフレを克服できない現状からエコノミストを批判するような記事を見ることがあります。
これまでの経済学、特にマクロ経済学は経済政策には役に立たない代物であり、エコノミストは前回の消費増税の悪影響もきちんと予測できなかったなどと述べます。

もしエコノミストや経済学が現実の経済政策に役立たないのならどうすればいいのでしょうか。
不思議なことに批判する人たちは経済学から答えを出そうとします。
古いケインズ的な財政政策であったり、世界標準の金融政策のイノベーションを利用するなどと言います。
要するに俺は正しい経済学を知っており、正しい経済政策を知っているというのです。

一方、アメリカではトランプさんがアメリカの好景気は自分のおかげだと述べています。
安倍さんは日本のそれなりの好景気はアベノミクスの成果だと誇ります。
そして世論調査などで国民が政府に求めるのは景気対策です。

これらのようなことを目にすると、経済成長は人為的に制御することが可能であると考える人が多いように思えます。
多くの人が経済を制御可能と考えるなら政府に大きな役割を求めることもうなずくことができます。
日銀がデフレ経済の元凶だとか、財政を拡大して成長を促しそれによる税収の拡大で財政も維持可能などと言うような論理も受け入れられるのも分かります。

経済学は大きな発展を遂げてきましたし、社会にも大いに貢献してきただろうと思います。
しかし、景気のコントロールや経済成長をも操作可能なところまでは来ていないですし、おそらくそういう日は来ないのではないでしょうか。
医学は発展してきましたが、未だに不老不死は実現できていないです。
不老不死でさえまだ実現できていないのに、より複雑な経済成長の制御なんて達成できるはずがありません。

ほとんどの経済学者は金融政策は需要の先延ばしにしたり前倒しする効果でしかないと考えていると思います。
金融政策によっては中長期的な経済成長を促すことはできません。
結局は潜在成長率を上げていくための地道な政策を積み重ねるしかありません。
それも経済成長を促すための土壌作り以上の効果は期待できないでしょう。

どんなことでも専門家に過剰に期待するのは間違っています。
専門家だけでなく、レストランのサービスから災害時の行政対応まで完璧な答えや対応を期待するのは不可能です。
一方で専門家は積み重ねられてきた知見を持っています。
この知見を活かすことは何より大切ですし、それを利用できないのは社会的に大きな損失だと思います。
しかし、残念ながら専門家に対する過剰な期待と期待を裏切られたときの失望からの軽視が多くみられます。

社会や他人に対する過剰な期待をする人が多いですが、そのような人は簡単に軽薄な希望や政策などに期待してしまいます。
そしてそのような軽薄な希望を満たそうとして生まれるのは無駄な政策です。
ふるさと納税、軽減税率、消費増税対策の5%還元・・・。
残念なことに経済成長を制御するのは難しくても経済効率を悪くするのは簡単なことです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/11/23 13:58 ] 社会 | TB(-) | CM(5)

日銀の手詰まり感

前回の日銀会合では長期金利の変動幅を広げ、ETF購入にも含みを持たせつつも、来年の消費税増税を見据えて緩和を維持するとなりました。
もう日銀もどうしようもなくなっていると感じているのではないでしょうか。

強烈な量的緩和で2年で2%のインフレを達成するという夢物語が覚めてしまった後は抱えた爆弾を必死に抑え込んでいるように見えます。
うんともすんとも言わない物価に対して途中で量的緩和を金利操作に変更して密かに国債の買い入れ額を減らしてきました。
今回はETFの買い入れ額も減らそうとしているのでしょうか。
最近は日銀のETF購入のステルステーパリングのニュースが多くなってきました。

これらの限界は最初から分かっていたことでだからこそ短期決戦で2%を達成するつもりだったのでしょう。
黒田さん自身がどの程度自信があったのかは分かりませんが、当時のエコノミストは無謀すぎるという意見が大半でした。
最終的に日銀が抱える国債やETFは大きな爆弾となるということも危惧されました。
経済や政策の予測は非常に難しいですし正確に予測することなんてほとんどないことだとは思いますが、リフレ策に関しては大方の推測通りの残念な展開をしてきたのではないでしょうか。

今やいかにして急激な円高や株安を招くことなしにテーパリングできるかが課題となっています。
アメリカの成長や利上げがいつまで続くかもわからない状態ではこれは非常に困難作業です。
実際に国債買い入れ額を縮小させているとはいえ、中止には程遠い状況です。
この危うい現状維持の綱渡りが果たしてどこまで続くのか見ものです

安倍政権があれほど日銀の独立性を犯すことがなければもう少しましな状況だったのではないでしょうか。
黒田さんはまだしも原田さんあたりからもう日銀の理事なんて誰でもいいような感じになっています。
トルコのエルドアンさんはまだしも、アメリカの大統領まで平気で利上げるするなという時代ですからそんなもんかなとも思いますが。
それでもFRBはトランプさんに簡単に屈するようなやわではないでしょう。

物価は鳴かず飛ばずですが、原油価格が戻り、人手不足も続くのでそろそろ上がってくるのではないのだろうかと思っているうちに何だか怪しくなりつつあります。
あと数年もすればAIが本格化してホワイトカラーの賃金抑制に働く可能性がありますし、外国人労働者の促進も人手不足を緩和します。

もう安倍政権では自己否定となる方向転換は不可能でしょう。
しかし次の政権ではかなり危うい状態になってる可能性があるのではないでしょうか。
東京オリンピック後に不況が来る可能性がささやかれていますが、日本だけではなく世界経済がそろそろ不況期に入るかもしれません
もしそうなっていたら日銀は一体どうするのでしょうか。

それにしても経済政策に魔法はないしフリーランチもないということをそろそろ気づいてもいいころではないかと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/08/21 15:40 ] 社会 | TB(-) | CM(6)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方