人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

高配当 優待投資の優位性

マネー雑誌などでは毎号、株主優待にかなりのページが割かれ、高配当株の特集もよく組まれています。
よく飽きもせずに同じネタを続けるなと思いつつ私も読んでしまいます。

私は海外株はインデックス投資のみ、日本株は銘柄を選別して分散に気を付けながら投資するスタイルでした。
けれども、最近は日本株については高配当、優待投資になりました。
なんだか安易な投資手法に乗っかってしまった感があります。

銘柄を選別したところで期待通りにはいかないことが多く、こういうのは向き不向きがあるなと実感してるのが理由の一つです。
成長株は割高なことが多いですがより成長してテンバガーを達成する株がある一方、期待が外れると一気に半値に落ちたりもします。
私は毎年TOPIXを少々アウトパフォームした程度の成績です。
労力の割にはという感じです。

自分で銘柄を選別しないなら、分散して各業種の代表的な銘柄を集めて擬似インデックスか、インデックス投資そのものとなります。
インデックス投資の場合は信託報酬がもったいないなとも思っていましたが、今では相当信託報酬が下がってきていますのでわざわざ不完全な擬似インデックス投資をすることにあまり意味がなくなってきてるのではないでしょうか。

それならインデックス投資にすればいいのではないかということになります。
インデックス投資は低コストで分散投資が可能ですし配当の受け取りによる税金の繰り延べが可能です。
税金で配当の20%も取られることによる投資効率の低下は馬鹿になりません。
また、分散に気を付けるとは言っても高配当、優待株は似通った産業、構造の会社が多いので適切な分散投資は難しいです。

けれど私はインデックス投資ではなく高配当、優待銘柄への投資のほうが有利ではないかと考えています。
高配当株は逆に言うとそれだけ評価が低いと言えますし、本来企業が再投資するべき資金を株主に返しているともいえます。
優待株は株価が過大評価されていることが多く、優待廃止による株価急落もよく起こっています。
これらの欠点は確かにあるのですが、結局のところ実際のリターンへの影響はよく分からないのではないかとも思います。

高配当株でも増配を続けて着実に株価が上がってきたものも少なくないですし、企業の投資に使ったほうが利益が上がるのかどうかなんて実際のところは素人にはよく分かりません。
非効率な投資を無理に行うかもしれませんし、単にキャッシュを積み上げている企業も多いでしょう。
それなら株主に還元して株主が自分の判断で新たに投資したほうが良いようにも思えます。
また優待株は割高になりやすいかもしれませんが、不景気でも下がりくいですし、マクドナルドの鶏肉問題の時でもそれほど下がらなかったように優待株の下方硬直性は投資する理由になると思います。

ではなぜ高配当、優待投資がいいのでしょうか。
優待については単純に優待を実施する企業がこれほど多いとインデックス投資で優待を取得できないのはあまりにデメリットが大きいということです。
優待の価値が株価の2%なんていくらでもありますが、これが10年続くと20%も余分に利益を得られるのですから相当の利益になります。
配当で2%出すよりは企業の負担が当然少ないので財務へのマイナス影響も少なくなります。
優待は持ち株数が少ない投資家の利回りが圧倒的に有利になる企業の資金流出ですのでかなり有利な投資であることは確かでしょう。

次に高配当株投資ですが、配当であろうとキャピタルゲインであろうとどちらでも投資家にとっては同じ価値なので本来はあまり意味のない指標だと思います。
もちろん、企業が成長して増配を続けて高配当になっているとか、ファンダメンタルより割安な評価とか、無理をして配当を出しているとかの判断指標にはなりますが。
高配当株投資の優位性は配当収入の配当控除と住民税の申告不要を組みあわせることが可能になったことで生まれたと思っています。

その人の労働収入と配当収入によりますがリタイア、セミリタイアした人にはかなり有利な制度です。
収入が高くなければ本来20%の税金が住民税の5%だけになります。
収入が低ければうまくいけば配当控除により所得税が5%返ってきて、実質0%になります。
もし配当ではなくキャピタルゲインで利益が出たとすると20%の税金を丸々とられるのですから大きな差だと思います。
税調で金融所得の課税強化が議論されていますが、財政難で税金がこれからどうなるか分からないのですから、税率が低い状態で利益を確定できるのなら確定しておくべきで、配当なので売買の必要もありません。

投資は不確実なものでそうそううまくはいかないものです。
しかし、確実なこともあります。
イデコやNISAのように制度として決まっているものだったり、信託報酬のようなコスト、あるいは分散投資によるリスクヘッジ、ETFや投資信託による税金繰り延べです。
これら確実なものは投資するときに重視するべきだと思います。

そういう意味で個人投資家が有利に資金を引き出す優待株と税金を抑えられる高配当株は十分優位な投資方法なのではないかと思います。
もちろん、高配当や優待は投資の一つの目安であって、それ以外の分散投資などを無視してはいけません。
高配当の安定株であった東京電力への集中投資のようなものは愚の骨頂です。

大きな資金がある人なら高配当、優待を目安としながらもしっかり分散して多くの株を持ち、資金が少ない人は高配当、優待株をある程度持ちつつインデックス投資にも資金を振り向けるのがいいのではないかと最近は考えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2019/09/16 12:44 ] 資産運用 | TB(-) | CM(4)

私の資産運用について、もうちょっと詳細に

前回はなんか記事を書くのが面倒くさくて適当に書き過ぎてしまいました。
資産運用について書き直してみます。

まず最初に断っておくと私は資産運用に興味がなく知識もありません。
世の中には資産運用に関する有名な本がたくさんあると思いますが、私が読んだのはブックオフでななめ読みした3冊ぐらいです。
アセットアロケーション分析とかよく分かりません。
経済構造なんて5年もすれば全く変わるんだから、過去のデータから中長期の予測なんて当てにならないんじゃないかなどと思っています。

じゃあ、どう考えているかというと、将来の円安に備えて外国資産は持っておいたほうがいいんじゃないの、相対的に日本より外国のほうが成長するだろうから外国の株は持っておいたほうがいいんじゃないのというぐらいです。

経済政策や、業界、個別企業などについては興味があり、ビジネス誌やマネー誌、四季報などはよく読んでいるので詳しいほうだと思います。

ではリタイア前のポートフォリオです。
目指していたポートフォリオは以下で、日本株は個別投資で他はインデックス投資です。

1、3か月程度の生活費のキャッシュ
2、日本株 35%
3、先進国株 45%
4、新興国株 15%
5、先進国リート 5%

考え方としては
若いうちはリスクを積極的に取り、国内外の株の成長の果実を得る。
定期収入があるので安全資産は3か月程度の生活費のキャッシュで十分。
もしリーマンショック並みのことが起こった場合でも定期収入があるのでのんびり回復を待てばよい。
若いときは長期的な円安リスクを考えて円資産は4割以下に抑えておく。
マンションを所有しているのでリートは海外だけにしておく。

では実際にはリタイア前のポートフォリオはどうだったかというと

1、3か月程度の生活費のキャッシュ
2、日本株 60%
3、先進国株 27%
4、新興国株 10%
5、先進国リート 3%

目指すポートフォリオと全く違います。
守らないなんだったら何のためのポートフォリオなんだよと思いますが・・・。
日本株の個別株投資をしているとあれもこれも買いたいとなってしまうのです。
日本株投資の利益がかなり順調だったこともあって結局目指すポートフォリオにたどり着くことなくリタイアしてしまいました。
まあ、それぐらい適当だということです。

ではリタイア後に当面目指す目指すポートフォリオは

1、キャッシュ、変動国債 8%
2、日本株 32%
3、先進国株 45%
4、新興国株 12%
5、先進国リート 3%

定期収入がなくなるのでキャッシュを増やしています。すでに用意済みです。
キャッシュフローが赤字の時はキャッシュを取り崩すのではなく多すぎる日本株を減らし、キャッシュフローが黒字の時は外国資産に投資して目指すポートフォリオに近づけていきます。
なので日本株は銘柄の入れ替えはしていますが、資金の追加はしていません。
リーマンショック並みの暴落が来た場合はキャッシュフローの赤字は安全資産から賄い株価の回復を待ちます。

また年齢が上がるにつれて円資産の割合を増やしていきます。
60歳50%、70歳60%、そこから65%までという感じです。
余命が少なくなるとともに円安リスクが徐々に減ると考えるからですが、突然円が暴落することもあると思うので65%ぐらいの円資産になればあとは維持するつもりです。
またキャッシュも年齢とともに徐々に増やして株の暴落リスクに対する備えを増やします。

以上が私が何となく思っている投資方針です。
他の投資家のポートフォリオなどは参考にしていません。
どの程度正しいのかどうかも当然よく分かりません。
ただリスク許容度だけは常に意識しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/06/17 12:20 ] 資産運用 | TB(0) | CM(4)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方