人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

インデックスファンドとアクティブファンド

先日ロイターで次のような記事を読みました。

ETFが招く資本市場の危機

記事ではインデックスファンドが個別株の価格形成に寄与しないフリーライダー問題を指摘しています。

価格形成にインデックスファンドが寄与しないことはなにも問題ないと私は考えています。
インデックスファンドは他の資産に対する株式市場の価格形成がその役割です。
個別株の価格形成は個別株投資をする人がいくらでもいるので問題ありません。
これだけインデックスファンドの存在が大きくなっても毎日ニュースで個別株は上下しています。
ではもし本当に価格形成にゆがみが出るほどインデックスファンドの影響が大きくなればどうなるか。
高確率で儲ける機会が訪れたということなので投資する人が群がり価格が調整されるので問題ないでしょう。
結局市場がきちんと調整機能を果たしてくれて歪みは解消されます。
市場への自由な投資が保障されていれば何の問題もありません。

さらにはインデックスファンドの隆盛がアクティブファンドを過剰なリスクテイクに追い込み大幅な調整を引き起こす可能性があるとまで記事は指摘しています。

他人の商品が優れているのでこちらは一か八かの勝負に出ざるを得ないがそれは俺たちが悪いのではなく他人が悪いのだと言っており無茶苦茶な論理です。
コストに見合ったリターンを出せばよいだけの話です。
それができないのなら市場の歪みを発見する能力がないということなので普通の会社と同じように淘汰されればよいのです。
アクティブファンドのリターンの平均は市場全体と一致するのかもしれませんが、それは能力のないファンドも含んでの話です。
そもそもヘッジファンドではなく普通のアクティブファンドがそれほど過剰なリスクを取れるのか疑問ですが。

では現在のようなインデックスの隆盛が示すようにインデックス投資が良いのでしょうか。
どちらが良いとは言えないと思います。
インデックス投資は市場が成長し続けると考えて市場全体へ投資するものだし、アクティブ投資は市場の成長以上にリターンを求めるもので全く異なるものです。
異なるものは比較することができず自分のスタイルに合ったものを選ぶしかありません。
持家と賃貸のどちらがいいかということと同じです。

一つ言えるのはアクティブファンドへの投資はマニアックになるということです。
アクティブファンドの平均の成績はインデックスファンドにコスト差の分だけ負けると言いますがそもそもアクティブファンドへの期待は市場平均以上のリターンでありコスト差の比較は意味がありません。
大きなリターンを得るための必要コストですから。
そうするとアクティブファンドの投資方針という曖昧なものやマネージャーの能力を評価するということになります。
しかしバフェットのような有名人ならまだしも普通のファンドマネージャーを一般の人が評価できるでしょうか。
自分で個別株を評価するほうがよっぽど簡単だと思います。
多くのファンドマネージャーの中から選ぶなんてよほどマニアックな人だと思います。

数年投資をすれば自分に合った投資スタイルが分かるようになります。
短期売買で稼ぐ能力があればインデックスなんてしないほうがいいし、そんな能力がなかったり、そもそも何も考えたくない、リスクを抑えて市場平均のリターンでいいならインデックスのほうがいいでしょう。
自分の資産がどれだけで、どれだけのリターンを望むのかという問題と、自分に合った投資スタイルという投資手法の問題からおのずと答えが導かれます。

私の場合は日本株では短期売買で散々損失を出しておりこのスタイルは向いていません。
しかし中長期投資を基本として銘柄を入れ替えていくスタイルでは結構稼げています。
経済や業界、企業の動向を追いかけるのが好きで個別株の選択はある程度できるようです。
私の場合は日本株についてはインデックス投資は向いていないということです。
また外国株は個別企業の判断が私には難しいので最初からインデックスのみです。

どの投資手法が優れているかという議論は意味がありません。
それぞれの投資手法の特性を理解することが重要です。
そして自分自身の資産状況、人生設計、性格、能力の理解から答えを導くことが重要なのだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/05/20 12:30 ] 資産運用 | TB(0) | CM(0)

そういえばリフレ派はどこへ行ったのか

悲惨な市場環境が続いています。
大型株の値幅が連日5%を超えるのが普通って一体何なんだと思います。
オーバーシュートを起こさせて利益を得ることがまかり通る市場はカジノであって資本市場ではないでしょう。
それにしてもこのような不安定な相場になるのは来年ぐらいかなと思っていましたが、世界経済がそこまで悪くないのにここまで荒れるとは思いませんでした。
週末のダウが16204ドル、CMEの日経先物が16555円、去年の1月に日経がダウを抜いてから再びダウに逆転されそうになってきました。
日本株の弱さが目立ちます。

私が去年何となく手を出してしまった信用の取引の損失は600万となってしまいました。
月曜日にはさらに損失が拡大しそうです。
10年ぐらい前に信用取引で500万の損失を出して手を出していなかったのにも関わらず何故再び手を出してしまったのだろうと後悔の日々です。
リタイア計画に影響が出るレベルではないのだからと日々自分を慰めています。
余分な税金を30万も国に取られるし信用で損失を出すしで今年はふて寝でもしていたいです。

ところで最近リフレ派という言葉をとんと見かけなくなりました。
アベノミクスが始まった当時はオーソドックスなエコノミストは緩和したところでそう簡単に2%も上がらないし副作用が大きくなる可能性があるという意見が多かったように思います。
私も同様に思っていました。
期待インフレ率に働きかけることがそんな簡単にいくわけがないですし、少々実質利率が下がったところで投資に結びつくはずがありません。
理屈としては考えられるが、あまりにも勝ち目が薄い博打のような印象を受けていました。

そしてやはり大半の人が予想した通り2%には達していません。
原油価格の下落のせいにしていますが、その分購買力が上がっているはずですし円安によるコストプッシュもあるはずです。
国の経済が成長する確かな方法などありません。
あるとすれば地道に競争環境を整えることや制度やそのほかの不確実性を失くしていくことぐらいです。
安倍さんのとりまきのリフレ派がとことん緩和すれば問題は解決すると言い続けたことで肝心の労働市場や社会保障改革を怠ったのではないでしょうか。
この罪は重いと思います。

私自身は今でも黒田さんの緩和はマイナス面のほうが大きかったと思っています。
緩和がなかったとしても緩やかに円安株高が進んでいたと思いますし、緩やかなほうが良かったと思います。
そして問題はこれまでの過度な緩和の副作用はまだそれほど現れていないということです。
今の大荒れの相場にもげんなりしますが、来年後半ぐらいからのほうが私はよっぽど怖いです。

ますます社会主義色を強める日本経済は一体どうなることやら。
それより私のこの信用の含み損をどうしようかと迷っています。
いくらなんでもそろそろ反転するのではないか、3月の配当、優待取りも出てくるのではないかとという期待ともう全て損切りしてすっきりしたいという気持ちで揺れ動いています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/02/06 11:07 ] 資産運用 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方