人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2017年10月のお奨め本

2017年10月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・デイヴィッド・ヒューム:哲学から歴史へ(ニコラス・フィリップソン)

ヒュームの伝記的要素を含んだ解説書です。
ヒュームと言えば人間本性論を記した偉大な哲学家というイメージですが、本書では歴史家としてのヒュームを描いています。

ヒュームは国民の政治的な習性、宗教、党派主義といった視点と人間本性論の下地により画期的なイングランド史をあらわしました。
当時の党派的な歴史ではなく人間学的な歴史を目指したのです。
当時の政治や社会は超越した理念や抽象的な議論で対立したり、物事がを決めることができないことをヒュームは嘆いてますが、このような政治状況の原因を辿り、読者に提示して、読者に歴史から学ぶことを望んだのでしょう。
それにしても彼の宗教嫌いは徹底しており、スコットランド教会とも対立していますが、18世紀にはここまで教会を攻撃することができたのかと不思議にも思います。

人間本性論は全く売れなかったそうですが、イングランド史は売れまくってかなり裕福になりました。
またイングランド史は100年ほど売れましたが、19世紀後半に絶版となり近年にようやく再販されたそうです。
少々読みにくいですが、ヒュームの新たな印象を与えてくれた本でした。




・人物で語る物理入門 (米沢 富美子)

古代からの重要な物理学者を取り上げてその人物の業績とエピソードで物理学の歴史をたどります。

レベルとしては高校生ぐらいなので読むのは難しくありません。
こういう本は画期的な業績を成し遂げた学者がどのような人だったのかというエピソードが面白いです。
アインシュタインのような一般人が想像する天才もいますが、真面目な常識人の天才のほうが多いのは当たり前の話です。
私達はどうしてもといっちゃってる天才を期待するものです。

自分の業績を不当に評価されたり、他人に横取りされたりした学者、女性として男性社会の偏見の中で実績を上げた学者、人間嫌いの学者、あらゆる人に好かれた学者、当たり前ですが、天才たちにもそれぞれの個性と人生があるのだなあと少し身近に感じられます。

高校生や物理学の歴史を楽しく復習したい人におすすめです。




・ザ・カルテル (ドン・ウィンズロウ)

前作「犬の力」でメキシコの麻薬王アダン・バレーラを捕らえた麻薬取締局のアート・ケラーはバレーラの脱獄を知ります。
メキシコの麻薬戦争が激化して多くの犠牲者が出る中で、再びケラーとバレーラの戦いが始まります。

前作に続いてスケールの大きなハードボイルドです。
本書ではケラーとバレーラの役どころが少し薄くなっており、バレーラが復帰したことによる麻薬商たちの新たな勢力争いが主眼となっています。
また前作で死んだバレーラの弟ラウルのような他の登場人物に際立った個性が欲しいかなと思います。
前作よりはパワーダウンしているような印象でしたが、やはり面白く読み始めると止まらないです。
そしてケラーとバレーラの長い戦いにも決着がつきます。

50年以上続く麻薬戦争は描いた本書を読んでいると本当に救いがないように思えてしまいます。
そして当たり前の話ですが、結局はアメリカで麻薬を買う人間がいるからこの戦争は終わらないのです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/11/05 20:01 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(2)

2017年9月のお奨め本

2017年9月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・20世紀日本の歴史学(永原 慶二)

明治以降日本の歴史学の系譜をたどります。
実証主義的な政治史に始まり、マルクス主義歴史学や社会構造史を丹念に追っていきます。
国家が望む歴史、歴史教育と実証主義による歴史を求める学者との関係などの明治以来の政治、社会と歴史学者との関係も興味深いです。

史学史という非常に大きなテーマに真正面に取り組んだ著者の仕事は素晴らしいと思います。
このようなテーマで書くと必ず批判的なところが出てくるものですし、完成度の高さを期待するのは難しいものですが、21世紀となりあえてこのような本を執筆したのは勇気があることです。

教科書問題のように戦後の歴史問題に対しても言及がありますが、私には学者が陥りがちな部分最適の真実や正義が少し気になりました。




・イスラーム神学(松山 洋平)

イスラム神学の入門書としてははじめてのまとまったもので力作だと思います。
イスラム神学の歴史の概要が第一部で第二部では代表的なイスラム神学の古典を詳細に解説しています。

イスラム神学を知りたいのならまずはこれを読めばいいと思います。
しかし、正直言ってイスラムの信仰を知りたいという人でなければ恐ろしく退屈な本でもあります。
クルアーンは被造物なのか、神の玉座とは比喩なのかそのままの意味で受け取るのか、審判の詳細、天使、預言者、人、ジンの序列など。
一般の日本人が読むと本当にどうでもいいとしか思えないと思います。
クルアーンが永遠てなんやねん、ムハンマドの創作やろと思ってしまうでしょう。
クルアーンやハディースなんてものを真理の源泉とする発想は理解の範疇を超えるものです。
しかしイスラムの信仰の世界を知りたいなら退屈でも一度ぐらいは読んでおいたほうがいいとも思います。

イスラム神学の概要の説明と最後の付録にあるイスラムがマイノリティである地域でのイスラム法学のありかたについての章はとても興味深く、退屈にならないと章です。



・山魔の如き嗤うもの (三津田 信三)

地方の郷木家の四男晴美は通過儀礼として山に入り、途中で忌み山と恐れられる山に迷い込んでしまいます。
逃げるようにさまよった晴美は家族で住んでいるらしい山の一軒家を見つけます。
しかし朝起きてみると一家全員が消えてしまっていました。
その後に晴美は精神を病み、刀城言耶は晴美の体験の謎を解ことうしますが、そこから連続殺人が始まります。

いつもの怪異譚にあふれるおどろおどろしい刀城言耶ワールドです。
やや強引な展開と最後のどんでん返しに疑問も残りましたが、この世界に引き込まれると一気に読み終わってしまいます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/10/07 11:54 ] 今月のお奨め本 | TB(-) | CM(4)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方