人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

抵当権抹消手続き体験記

住宅ローンを完済して抵当権抹消手続きを自分で行ったのでその体験記を書いてみます。
実際に抵当権抹消手続きを行うことにならない限り興味を持たないようなことですが。

住宅ローンを完済すると抵当権の抹消手続きをする必要があります。
債務がなくなった時点で抵当権の効力も無くなっているので手続きをしなくても当面は問題ありません。
しかし、将来売却や相続を行うときには抹消手続きが必要となり、この場合は時間と費用がかかってしまうので住宅ローン完済と同時に手続きをしたほうが良いです。

私の場合は以下のような流れで抹消手続きを行いました。

まずは住宅ローンを完済すると抵当権抹消手続きについての連絡が来ます。
そこには自分または自分が委任する司法書士が手続きするか、銀行が依頼する司法書士に委任するかを選べとありました。
銀行に依頼するのが一番費用がかかるそうです。
自分で司法書士に依頼すると1万から2万ぐらいです。
自分で手続きするので保証会社に関係書類を送るよう返信します。
返信後に保証会社から抹消手続きの委任状と抵当権設定契約証書が送られてきました。

次に登記申請書をもらいに法務局に行きました。
ネットでも手に入りますが、家の近くに法務局があったので確認などもしたいので直接行きました。
するとまずは不動産の登記名義人の住所変更を先にする必要があることが分かりました。
大抵の人は不動産を購入時点では引っ越し前のはずなので以前の住所で登記していることになります。
なので最初に名義人の住所変更を行い、その後に抵当権抹消手続きをすることになります。
もちろん申請は同時で問題ありません。

また、登記する際の住所を表す地番と実際に利用している住所は全く違うことも判明しました。
職員の人の教えられて初めて知りました。
地番は法務局やネットで調べることができます。
ただし、実際の登記簿の中身を見るには有料となります。
私はいい機会だからと思って法務局で登記事項証明書を申請しました。
600円かかりましたが、ネットで請求すると少し安くなります。
結果的には保証会社から抵当権設定契約証書にすべて書いてあったので不要だったのですが、人生で一回ぐらいはどのようなものかを見てもいいかと思います。

法務局で住所変更と抵当権抹消手続きの申請書を貰ったあとは、住所変更のための住民票をもらいに行きました。
あとは家で申請書2通と委任状を書きました。
特に難しいことはなく、住所を正しく地番で書くことぐらいです。

申請書が出来上がると再び法務局へ行きます。
まずは収入印紙2千円を2枚買いました。
申請には土地、建物でそれぞれ1000円かかるので2000円かかり、今回は住所変更と抵当権抹消手続きで4000円になります。
金券ショップで買えば少し安いと思います。
なぜか法務局の収入印紙販売コーナーは自販機ではなく人に頼みます。
雇用対策なのでしょうか。
あとは申請書に収入印紙を張り付けて提出するだけです。
自信がない人は無料で手続きの相談ができるコーナーがあります。
原則予約が必要ですが、空いていればその場で相談に乗ってくれるようです。

無事受付てもらえれば、後日に手続きが終了したことを証明する登記完了証をもらいに行きます。
それを保証会社に送付してすべての手続きが無事終了しました。

終わってみれば結構簡単にできました。
わざわざ司法書士に頼む必要はないと思います。
ただ簡単とは言え、慣れない作業なのでネットで調べたり時間は結構かかりました。
それほど大した作業でもないのにもう少し簡単にならないだろうかと疑問に思います。

抹消手続きぐらいであれば銀行から法務局に依頼してネット上で手続きを完結できないかと思います。
特に複雑なシステムでもないですし、法務局や銀行の作業の効率化や債務者の面倒を考えると十分ペイできるのではと思いました。
わざわざ債務者の同意も必要ないでしょうし、債権者が勝手に手続きをして終了したことだけ債務者に知らせればよいのではないでしょうか。
また登記申請書は始めから必要な事項を印刷して手に入れられればかなり便利になります。
地番をいちいち調べる必要がないですし、記入のわずらわしさも無くなります。
不動産情報の記入は結構多いし、慎重に書かないといけないので時間がかかります。

久しぶりに何だか面倒な書類手続きをしましたが、もう平成も終わったのだからこのぐらいのことはネットで30分ぐらいで全て手続きが終わるぐらいになってほしいものです。
エストニアであればやはりネットですぐにできるのでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2019/05/26 18:16 ] 雑感 | TB(-) | CM(4)

祝!住宅ローン完済

先日めでたく住宅ローンを完済しました。
15年にわたる長い道のりで、ローンを組んだ時にははるか遠い未来と思っていたのにとうとう15年の月日が流れました。

私自身は賃貸派ですが、15年前に勤務先が東京になったのをきっかけに勢いでワンルームマンションを購入しました。
賃貸を探していたのですが家賃が結構高く、ワンルームマンション投資も考えて探して、どう考えてもマンションの価格が家賃と比較して安すぎると思い購入に踏み切りました。
当時は5年ほど住んでから人に貸すつもりでしたが、結局東京から離れることもなく、マンションを買った場所が便利で気に入ってしまい15年間住み続けてしまいました。
当時は土地や人件費、資材費すべてが安いために結果的に底値に近かったようで現在でも買値以上に売ることが出来るようです。
運がよかったですが、それでも住宅を保有することの面倒やマンション特有のリスク、住む場所が固定されることを考えるとやはり私は賃貸派です。

マンションのローンですが納得いかないことばかりでした。
何といっても何故保証会社との契約が必須なのかです。
保証会社といっても銀行のグループ会社なのでグループ全体で考えると単に手数料を取っているだけにしか思えませんでした。
金利についてもそうですが、保証会社にしてもなぜ個々のリスクに応じることができないのでしょうか。
公務員や一部上場企業の社員はローン審査が通りやすいという程度はありますが、保証会社か連帯保証人を選ぶとか、保証料や金利を信用度に応じて変動することはできないのでしょうか。
私の場合はローン金額も低く、当時の収入を考えると15年で払えなくなる確率は相当低いものだったはずです。
さらには親を連帯保証人にさせてくれれば親の資産を考えるととりっぱぐれることもほぼないレベルでした。
返済能力は人によって違うのだから返済能力が高い人がなぜ返済能力の低い人のコストを負わなければいけないのかさっぱり理解できませんでした。
ちなみに銀行員の友人は保証会社無しで住宅ローンを契約していましたので、専門知識や交渉で何とかなるのかもしれません。

また、私が契約した当時は優遇金利競争がそれほどではなくそれほど優遇してもらえませんでした。
そのこと自体は問題ないのですが、問題は日銀の異次元緩和によりマイナス金利なるまで金利が低下してきたにも関わらずずっと住宅ローンの金利が2.475%で固定されていることです。
私の場合はここから優遇金利の0.5%が引かれていました。
実際の調達金利は知りませんが、私のような返済能力が高い人に対する貸し付けとしてはぼろもうけでしょう。
さらに悲しいことに住宅ローンを組んできちんと返済してきたのに、ATMの時間外手数料の優遇さえ受けられていません。

住宅ローンが何故下がらないのかというと基準となる短期プライムレートが下がっていないからです。
銀行が横並びで短プラを下げないのですが、利ザヤが減るのを避けたいからでしょう。
また、現在の住宅ローンは優遇金利がもの凄いことになっているので結局は十分金利は低いです。
割を食っているのは私のようにローン金額を少なくて借り換えメリットがない人たちだけです。
それでも本来の基準金利ではなく優遇金利で調節するというのも理解できません。

と文句を言ったところで仕方がなく嫌なら全額返済をさっさとすればよかったわけで、全額返済する資金で株を買ったほうが金利以上に稼げると思っていたので仕方ありません。

15年前と金融業界もだいぶ変化してきており、フィンテックもこれから本格的に私たちの生活を変えていくと思います。
メルカリなんかも個人ローンに進出してくるのでしょうが、お金を貸すのは銀行や消費者金融に限られなくなってきています。
ローンのオーダーメイド化も進むかもしれません。
亀のような歩みだった金融業界もどんどん変わっていってくれることを期待したいです。

抵当権抹消手続きについても書こうと思っていたのですが長くなったので、来月に書きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2019/04/23 16:26 ] 雑感 | TB(-) | CM(2)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方