人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

残された人生の時間は長いのか、短いのか

先日同い年の友人が会社で定年後の人生計画というようなセミナーに出席したそうです。
まだ定年まで時間がだいぶあるように思うのですが、早くもそのようなセミナーがあるとはびっくりです。
もしかすると暗に定年前に辞めろというサインを出しているのでしょうか。

セミナーでは定年後に残された人生の時間について話があったそうです。
定年後に残された人生はこれほど短いのかという反応があったのだろうと私は思いました。
健康寿命を考えると残された時間は本当に短いです。

ところが友人を含めた周りの反応はそんなに残された時間があるのか、
いったい何をして過ごせばいいんだろうかというような反応だったそうです。
趣味とかを見つけないとという感じでした。
友人はこれをきっかけにトレッキングを始めたいと言っています。
百名山を制覇するなどの目標を立てると一生の趣味になるのではとのことです。

長い人生を何をして過ごしていいか分からないという人はアーリーリタイアなんて考えられないのでしょう。
でもそれはそれで働くことに生きがいを感じて人生を歩めばいいだけのことです。
それもとても良い人生だと思います。

70歳まで現役の社会になるように政府は頑張っています。
財政が持たないのでそうせざるを得ないのですが、高齢でも働きたい人は働けるというのはいいことだと思います。
やることがないと言って家にいるよりはよっぽど健全です。
ただし若者を排除するような制度による身分保障ではなく、市場の価値に即した雇用が前提でないと困りますが。

私のようなアーリーリタイア志向の人は残された時間は足りないと感じていると思います。
私も残りの人生の時間を考えると短すぎて悲しくなります。
読みたい本はたかだか40年ほどでは読み切れないだろうし、huluのドラマ、アニメだけでも相当見たいものがあります。
最近北海道に旅行し、再び旅行をしたいなと思うようにもなっています。
いやただ単に毎日のんびり暮らしてちょっと美味しいものを食べてという平凡な日常でも飽きないです。

普通に会社に勤めて子供を育ててという人は人生の主目的は仕事と子育てになるのかもしれません。
もしそうだとすると教育を受けている準備期間と仕事と子育てという人生の主要な時間が終われば、やはり余りの時間となってしまうのでしょう。
人生の各ステージでそれぞれ生きる意味が違うのだろうなと思います。
意味が違うということは人生の強度みたいなものが異なるのでしょう。
余りの時間は子育てなどの外部からの強制による人生の意味付けというものがありません。
自分自身で生きる意味を見つけ出すというのは年を取ってからでは難しいのかもしれません。

私の場合は親に依存する子供の時と自立した大人の時の違いしかありません。
そしてそれはずっと自分の為だけの人生であり、人生の意味が仕事や家庭といった何らかの外部のものに影響されることはありませんでした。
人生に区切りがなくずっと同じ人生が続く感じです。
同じ時間が続いてもそれが当たり前と思っていたし、それが楽しいと思えるのでできるだけ長く人生が続いて欲しいと思えます。

時間というものは絶対的なものではなく相対的なものだとは思いますが、同い年でも残された時間の感覚は全く異なるものですね。
私のようなセミリタイア状態の人と会社員では1日、1月、1年の時間感覚も全く異なるのでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/08/12 12:47 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(7)

リタイア後の資産運用と生活費

今月でバイトが終了する予定でしたが、結局1か月の休みをもらってから再度働きます。
引き続き週3日1日6時間の労働です。
少し労働に時間がとられ過ぎですが、居心地が良く仕事も苦にもならないのでもう少し続けることにしました。

リタイア前に予定した資産運用と生活費の予定は以下でした。
住宅ローン、社会保障、税金関連を除いた生活費は18万円。
キャッシュインは日本株からのインカムゲインその他が手取で18万円。
生活費以外のキャッシュフローの赤字分は日本株からの取り崩していき、これを円資産が4割になるまで続ける。
円資産が4割にまでなると今度は70歳で円資産が6割になるように取り崩していく。
バイトをしている間にキャッシュフローが黒字になった場合はその分を外国資産のインデックス投資に回す。

バイトをする前の実際の生活費は17万円ほどでした。
最初は生活費を抑えていましたが途中から予算内であれば好きなだけ使うようにしました。
リタイア前に用意したキャッシュで賄えたので日本株の取り崩しはしていません。

バイトを始めてからはバイトの収入が月平均で35万ほどでインカムゲインを合わせると53万ほど。
想定以上のバイト収入となり、バイト先でよく飲みに行ったりして生活費は23万円ほどに上昇。
キャッシュフローの黒字分は外国株のインデックス投資に回しています。

やはりバイトが想定の3倍以上になったのが大きいです。
当初は普通のバイトを考えていましたが、誘いがあったために普通の仕事をしています。
仕事内容は正社員と変わらないです。
とは言え、調整ごとなどに巻き込まれないし、面倒な会議もないので楽です。
どれぐらい続けるかは迷っています。
首になるのが一番何も考えなくていいのですが。

投資に費やす時間は意識的に減らしています。
休みの日にストックボイスはあまり見ないようにしていますし、株価のチェックは1日1回だけにしています。
日経新聞やビジネス誌、マネー誌には目を通すようにしています。

リタイア時期を延ばしたおかげで資産にはかなり余裕ができています。
住宅ローンもあと2年です。
リタイア時期を延ばした分若いときの時間を失っていますが、金銭的な余裕は漠然とした不安感を抑えてくれるのも事実です。
かなり安全圏に入っているので生活費は無理に抑えないようにし、投資に費やす時間も抑えて生活を楽しむつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/06/10 16:22 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(7)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方