人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

リタイアのタイミング

アーリーリタイアを思い立った時に、リタイアする時期はどのように決める人が多いのでしょうか。
リタイア達成の条件は金銭面が当然大きいですし、残りの寿命や仕事がどれだけきついかなどの要因もありますが、最後は決断力だと思います。

私は20代から漠然とアーリーリタイアして海外移住を考えていましたが、本気で取り組んだのは30半ばごろです。
その時に立てた目標は45歳頃です。
何となくあと10年ほどなら体力、精神力もあるだろうし、住宅ローンも終了する頃だし、それなりに資産が形成されていると予想していたからです。
大抵の人は資産がまだ少ない段階では漠然とした目標を決めているだけだと思います。
他には仕事が嫌で嫌でしょうがなくて資産条件を緩めてでもリタイア時期を早めにする人もいるでしょう。
途中で資産運用に失敗してリタイア時期を延期さざるを得ないという人もいるでしょう。
また、年を取るにつれてリタイア後の生活レベルのイメージが変わって資産条件が大きく変わる人もいると思います。

私は若いころ願望のあった海外移住であれば30後半でリタイア可能な資産は達成していました。
しかし、30代半ばぐらいから一気に海外熱が冷めてしまって海外に行きたいとは思わなくなりました。
ビザや住むところ、食事、病気、日本との移動とか、そういう若いときは何ともなかったようなことがとてつもなく面倒になってきたのです。
今では図書館があって食事が美味しい日本の生活が最高に楽しいです。

40歳になる前には日本でもリタイア可能な資産を達成していましたが、それでもしばらくはだらだらとフルタイムの仕事をしていました。
これはリタイアの決断をしなければいけないほどのことがなかったからだと思います。
人生の時間は確実に奪われていきますが、仕事が辛いわけでもないとリタイアを決断するのは難しいものがありました。
嫌になったらいつでも辞められるという状況でだらだらと仕事をしてそれなりの収入があるという環境を手放すのは難しいのではないでしょうか。

一旦フルタイムの仕事を辞めてしまうと何らかの理由で仕事をする場合には当然待遇は相当下がります。
仕事をしなければならないとしても足りない分働くだけでいいのでそういうことは気にしなくていいはずなのですが、どうしても時給が下がると損しているし効率が悪いと思ってしまいます。

安定したフルタイムの収入があれば少々の贅沢を楽しんでも問題ありませんし、資産が増える分将来の不安は少なくなります。
しかし、そんなことをしていると人生の期限は確実に近づいてきます。
健康寿命を考えると40歳男性なら30年ぐらいしか残されていません。
どこかで決断しないと後悔することになります。

なのでリタイアの決断をするのに背中を押してくれる何かが必要なのかもしれません。
仕事が辛くでしょうがないときは条件がある程度整えば決断するしかないので簡単でしょう。

私の場合はそのようなものがなかったのでだらだらとリタイア時期を延ばしたのだと思います。
けれど老化が始まって年齢を実感するようになってそろそろリタイアしたほうがいいという気持ちは年々高まっていました。
そこで長めのプロジェクトが終わるタイミングでリタイアすることに決めてしまいました。
再び長いプロジェクトに入ってしまうと、やめるのに気を使ってしまうかもしれないとも思いました。
結局、リタイアに十分な資産を築いてから3年ほど余分に働いてしまいました。
リタイアの決断は難しく感じる人も多いと思いますが、無理やりでもリタイアするタイミングは決めてしまったほうがいいと思います。

そして現在、週3日、1日6時間のバイトを続けています。
(海外の友人の仕事も手伝っていたのですが、最近いったん終了しました。)
この週3のバイトは責任がたいしてあるわけでもなく、仕事しやすい環境で気分よく働かせてもらっています。
時給もかなりいいほうだと思います。

しかし、大した労働時間ではないと言っても通勤時間などで週に25時間を失っていることも確かです。
最近の生活は時間が足りないためこの25時間が惜しい気持ちが強くなっています。
とはいえ、バイト代があることによって生活費が大分上がってもキャッシュフローの黒字を維持できている安心感はかなりあります。
今の生活レベルでもバイトする必要はないけど、辞めるのが少し勿体ないのではという感覚が再び出てきました。
再びリタイアの決断を後押してしてくれる何かが必要になってきたようです。

バイトが首になるとか分かりやすいものがあればいいのですが。
あとは50歳のきりのいい数字のときとか。
これでは完全リタイアが遅すぎますが。
週3のセミリタイアなのでフルタイムの仕事よりは相当自分の時間があることだし、気が向いたらでいいとは思っているのですが。
しかし、気が向いたらのタイミングでは遅くなりすぎそうにも思うので、完全リタイア条件を資産や年齢で決めておこうかと悩んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/06/24 18:43 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(7)

アーリーリタイアと世間体

アーリーリタイアのデメリットとして世間体が気になったり、社会的な信頼がないことを上げる人がたまにいます。
いい年して独身であることと似ているかもしれません。
40歳になっても独身なんて何か問題があるのだろうという人も実際にいるようです。

いつも思うのですが、世間体が悪いとは具体的にはどういうことなのでしょうか。
よほどの田舎に住んでいるならもしかすると周りにいつも陰口を言われるのかもしれません。
しかし、普通に暮らしていて非難されたりするようなことがあるのでしょうか。
あるいは馬鹿にした視線でも感じるのでしょうか。
何か自分を委縮させてしまうようなことが起きているのでしょうか。

世間体を感じてしまう人は自分の中で何らかのコンプレックスを持っているだけなのではないかと思います。
自分の中で世間を作り上げてしまい、自分の内部で作り上げただけの視線を気にしているのではないでしょうか。
ネットのような特殊な空間で肥大した妄想を抱えてしまうタイプの人は世間に過剰な意識を持っているタイプが多いように思えます。
世間は自分やその周りの小さな世界で成り立っているのはなく、もっと大きなもので、そのもっと大きなものはちっぽけな自分のことなんか心にとめないと考えられないのでしょうか。

あるいは多数派に所属しないと不安になるという人もいるかもしれません。
もしそうなら何事も多数の人のやり方を真似るしかありません。
結婚して家族を養い定年まで働けばよいのです。
それが幸せなのですから。
しかし、これも世間というよりは個人の問題だと思います。
なぜならこの世間というのもその人自身が作り出した世間でしかないからです。

自分は仕事ができないとかコミュ障だからリタイアを目指したのであり、それは仕事から逃げたことだと考える人もいるかもしれません。
しかし、リタイアできた努力は全く別物でそれ自体は素晴らしいことですし、その仕事を辞めたということは仕事のコンプレックスはもう必要ないはずです。
仕事をする必要がないのですから、する必要のないことにコンプレックスを持つことは無意味です。
これも世間体というより自分自身の問題でしょう。

もちろん個々の人で非難めいたことが実際に言う人はいるかもしれません。
でもこれは世間というよりは他人に嫌味を言いたがる人のパーソナリティの問題です。
自分には合わない面倒な人という扱いで何の問題もないです。

私は世間体を気にするどころか、勝ち組だと思ってしまっています。
面白くもなく意義を見出せないことをできるだけやらずに、自分がやりたいことをできる充実した生活を手に入れることができたのですから。
もちろん働いている人を馬鹿にすることはありません。
いやいやで働いているのは辛いだろうけど立派なことだし、働くことに意義を見出している人は尊敬できます。

世間などというものは存在しません。
都合の良いときにでっちあげられて利用されるような代物であり、個人が気にすべきものではありません。
世間を持ち出す人がいれば、それはその人個人の主張以外の何物でもなく、その人は決して世間ではありません。

そういえば先日北海道の彼女の実家に遊びに行き、両親ともあいました。
40歳をこえてフリーターをしているおっさんが堂々と遊びに行ってしまいましたが、私がフリーターであることをどう感じているのでしょうか。
私自身は何にも気にしていませんでしたが、よくよく考えると「世間一般の」人である両親は娘の恋人がフリーターとはと心配しているかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/04/21 17:01 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(26)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方