人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

私のリタイアの地元での噂

私の地元はいわゆる新興住宅地で真面目な人たちばかりです。
親世代は一流大学を卒業して一流企業を定年まで勤め上げ、一戸建ての家を建てて、子供にも一流大学を卒業させて一流企業に入社させて、そして孫を可愛がって幸せに死んでいくような人たちです。

それはそれで真面目に人生を送り素晴らしいことなのですが、逆に言うとそれ以外の人生を知らないですし中々受け入れられない人が多いようです。
私が中学の頃に親が子供の性格、希望することなどを書いて学校に提出することがあったのですが、子供には公務員になってほしいと書いてあったのを見てそれだけは有り得んやろと大うけしたことがあります。
まあ、その後キャリアの試験勉強をしたこともあるのですが。

そんな地元では私が仕事もしないでフラフラ暮らしているという噂が広まっています。
考えてみると私の地元での接点は年末などに会う友人だけなので、自分のことが地元で話題になったところで気も付きません。
けれど転職でさえ珍しい地域なので結構噂になっているようです。

私が転職を繰り返して名もないベンチャー企業に勤めたりしていたことで私は負け組とみなされ始めていたのですが、フリーターになったことで地元での母親世代の私の評判は可哀想な子で、その両親もかわいそうということになったようです。
特に隣の家と斜め前のおばさんはいちいち私が落ちぶれたことを確認したがるようです。
旧帝国大学の教授、大企業の課長さんの親からするとフリーターの息子を持つ私の母親は可哀想みたいです。
こんなこと書くと嫌なおばさんのように思えますが、実際はいい人たちです。

一方、私の友人たちはというとどちらかというと好意的な見方のようです。
転職を繰り返して色んな企業を経験したり、休暇を取ってバックパッカーをしたりしたあげく今は自由な生活を謳歌していると思っているようです。
もう私たちの世代でも一生同じ会社に勤めるとか、家族を持つことだけが幸せだという価値観は崩れてしまっています。
しかし、私の地元の友人たちはこのまま無事に同じ会社を勤め上げることができそうですし、家族を持つ人が多いです。
価値観が変わってきたと言っても、何とかその価値観を維持できる世代、境遇でもあります。
そのちょうど狭間のところですでにそのような価値観から逃れてしまっているタイプと両方のタイプが混在しているのでしょう。
仲の良い幼馴染は転職を繰り返したり派遣で工場行ったりとしていますが、人生楽しそうです。
一方で別の幼馴染で某トヨタでいかに出世しているかを散々きかされて適当によいしょするのにたまに疲れる人もいます。

ところで最近、働かない息子の噂を聞きつけて私の実家に新興宗教の勧誘がやってきました。
働かない息子を持ち人生に悩んでいる母親はかもになると思ったようで、息子さんのことで色々と悩みがあると思いますが、一度私たちの勉強会に来て悩みを語り合いませんかといわれたそうです。
こんなにも母親を悩ませるなんて私はなんて親不孝な息子なんでしょう!

私の母親は70歳をこえても色んな趣味や旅行で忙しく、残念ながら息子のことはほとんど興味がないようです。
息子どころか孫にもあまり興味がないのではないかとすら見えます。
逆にゴルフしか趣味がない父親は孫を可愛がることが生き甲斐みたいですが。

こうなると彼女の実家近辺でも噂になっていないか心配ですね。
田舎なので私が彼女の実家に遊びに行った時は確実に噂を立てられているはずです。
さすがにフリーターということまで知られているかどうかわかりませんが。
ちなみに彼女の両親からしても私は異端というか不思議な存在のようです。
アーリーリタイアとかバックパッカーとか投資とかすべて意味不明なことのようです。
はじめはお金目当てで近づいたのではないかという疑いがあったようですが(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2019/10/19 17:22 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(2)

アーリーリタイアが珍しくなくなってきた

去年ぐらいからアメリカのFIREと呼ばれる運動が記事などで見かけるようになってきました。
FIREとはFinancial Independence,Retire Earlyの略で、節約と投資により経済的自立を達成してアーリーリタイアを目指すというものです。
1992年に出版された「Your Money or Your Life」という人生の時間の重要さを説いた経済的自立の指南本が始まりのようです。
先日には日経にもFIREに関する記事が出ていました。

日本でもアーリーリタイアという生き方がかなり広まってきており、リタイアを目指す人が増えてきたと思います。
私がブログを書き始めたときと比べると、ブログ村のセミリタイアカテゴリに参加する人が大分増えました。
そして私も含めて実際にセミリタイアや完全リタイアを達成した人が続々と現れています。

日経の記事では以下のような記述があります。

つましい生活を受け入れるのは、2008年の金融危機を目撃し、経済的な豊かさに疑問を感じながら育った世代ならでの潮流といえる。

そうなのでしょうか?

私は単に先進国が経済的に豊かになったから選択肢が増えてきたというだけのことだと思えます。
一昔前では最低限の生活をするにも定年まで働きつづけないといけないという人がほとんどだったと思います。
しかし、現在ではそれほどお金がなくても豊かな生活が可能となっています。
スマホのようなとんでもない機械が月に1000円程度で使えますし、安くて高品質な服も手に入り、ファミレスや居酒屋で低コストでそれなりに美味しいものを食べることができます。
メルカリなどで中古品の売買が拡大していますし、カーシェアのようなシェア経済も広がっています。
LCCのおかげでアジアであれば旅行するのにもそれほどかかりません。
一方で投資に関わるコストは激減しており、若い人でも投資が簡単にできるようになりました。

30年前の年収1000万円のサラリーマンと現在の年収500万円のサラリーマンの生活のどちらが豊かと言えるのでしょうか。
豊かさを求める価値観に疑問を持ったからではなく、すでに現代の先進国では最大公約数的な豊かさが手に入ったと言えるのではないでしょうか。
これ以上の豊かさは社会的な承認願望やその人のこだわり、趣味的なレベルの消費なのではないでしょうか。
現代の10万程度の生活で十分豊かと思える人にはこれ以上働くよりは自由な時間が欲しいというのは自然なことです。
仕事が楽しいとか、相対的な豊かさを求めるのでないのなら、自由な時間を手に入れるためアーリーリタイアを目指す人が増えるのは当たり前です。

これまでの価値観に疑問を持つ若者が増えたのではなく、社会のほうの発展によって選択肢が増えたのだと思います。
また資本主義に疑問を持った云々というのにも私には違和感を感じてしまいます。
資本主義が達成した豊かさがアーリーリタイアという人生の選択肢をもたらしました。
共産主義のような他の体制によってこのような社会が到来したでしょうか。
現在の日本は社会主義国のように国家の役割を増大させようとしています。
この20年間ぐらいで経済は低成長ながらも順調にきたのに、国家の肥大化のおかげで税金や社会保障費の負担が大きくなり可処分所得は減少しています。
国家がここまで肥大化しなければもっと豊かになれたのではないかと思ってしまいます。
また、アーリーリタイアとは時間と労働を天秤にかけて効用を極大化しようとする行動でこれこそ資本(市場)主義ではないでしょうか。

ところで経済が発展したと言っても誰でもアーリーリタイアできるかと言えばそこまで豊かな社会は達成されていません。
アーリーリタイアを達成するには経済感覚があって、自ら考え行動できる人でないと不可能でしょう。
それでもこれからも紆余曲折はありながらも社会は豊かになっていく可能性が高いです。
AIやらIoT、ロボットなどが進歩するとますますアーリーリタイアのハードルが下がってくることと思います。
あと20年もすれば一部の人のものではなくて、もっと当たり前の選択肢としてアーリーリタイアがあるのかもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2019/01/20 13:50 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(7)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方