人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

アーリーリタイアのリスクについて

世の中にはリスクに鈍感な人がいますが、日本人は一般的にリスクに対する恐れが強いように見えます。
安全安心という言葉があちこちで叫ばれゼロリスクを求めるタイプの人が少なくありません。
しかしリスクを回避するためには必ずコストがかかり、そのコストがベネフィットを上回るリスクを常に意識する必要があります。

アーリーリタイアを目指す人はリタイア後に起きうるリスクをどのように想定するかに悩むと思います。
私自身も人より臆病ですし慎重です。
リタイアに必要としている以上の資産を形成してしまい、その分人生を無駄にしたなと思っています。
もういいやと何も考えずに行動に移してしまうことも多々あるのですが。

人が生活していくうえでリスクなど無数にあります。
というよりはリスクのない生活や選択なんて有り得ないでしょう。
ではリスクに対してどのように対処すればよいのでしょうか。

まずは人生最大のリスクを考えることです。
それはもちろん死んでしまうことです。
死は挽回できないリスクで死んでしまうとすべてを失ってしまいます。
自分に残された時間に気づくことは死のリスクに対処するうえで最も大切です。
安易に平均まで生きることができるだろうと考えても平均とは2分の1の確率でしかないです。

リタイアを目指す人にとっての死のリスクの対処はできるだけ早くリタイアすることに他なりません。
40歳になるともう人生は後半に入りますし老化も進んでいきます。
簡易生命表によると40歳男性が80歳まで生きる確率は6割しかありません。
10人に4人はあと40年も生きられないのです。

そうは言っても自分に残された時間が限られていることに気づくのは意外と難しいです。
私が意識し始めたのは2歳年下の後輩が32歳で突然死したときと、37歳で同級生が胃がんで胃を四分の三切除した時です。
また伯父二人が70歳で亡くなった時も残りの人生を考えるきっかけになりました。
70歳だと40歳から30年しかありません。

そして大切なことは年を取ればとるほど死ぬリスクが上がってくるので他のリスクが顕在化する確率は低下することです。
つまり他のリスクにかけるコストを少なくしていくべきだということです。
例えば現在35歳の人と45歳の人では日本の財政崩壊の影響を受ける確率もその影響度も異なります。


次にリスクの内容と顕在化した場合の対処法を把握することです。

アーリーリタイアをした場合のリスクとは何でしょうか。
ほとんどの人は想定以上のインフレ、増税、病気などによる生活費の増大や資産の減少により資産が足りなくなることだけではないでしょうか。
インフレや増税は見通すのが困難です。
しかし実際にインフレや増税が起きたときの対処法は考えられます。
それらにある程度の兆候はあるのでそれに合わせて対処することになります。
とすると情勢に合わせて節約をするとかバイトをするなどの対処である程度リスクに対応できます。
これからは人手不足で70歳でも働けという時代ですのでバイトを探すことは容易でしょう。
しかもある程度財産もあるはずなので生活費の増大分を稼げばいいだけです。
もちろんリスクが顕在化した以上お気楽な週3日のバイトというわけにはいかないかもしれませんが、それはリスクの顕在化なので受け入れる用意をしておくべきものでしょう。

孤独が寂しいとかすることがなくて暇などというリスクもあるかもしれませんが、これはリタイア前に考慮可能な問題ですし、そうなったとしてもいくらでも対処可能なのでリスクというほどでもないでしょう。

リスクといったところで例え顕在化しても対応できることがほとんどです。
対応可能なリスクであれば恐れるリスクではありません。
不思議なのはリスクが顕在化すれば人生終わりだというぐらいに考えている人が多いことです。
リスクが顕在化すれば対処すればよいのです。


次にリスクを回避するためのコストを考える必要があります。

上で述べたように想定以上の生活費の増大程度であればリスクが顕在化したとしても対処可能な問題だと思います。
しかしあらかじめそのリスク分の資産を積み上げておくとすでにリスクに対処できているのでリスクではなくなります。
リタイアに必要な資産を5000万円と見積もり、想定以上の生活費の増大に備えて実際には6000万円の資産を形成すれば1000万円分の生活費増大分のリスクを組み込んだことになります。
しかしここであくまで想定外のリスクに対して1000万円を積み上げるコストが掛かっています。
もし1000万円の積み上げに3年かかったとすると残りの人生の1割弱をコストとしてしまっているということです。

リスクが顕在化した場合の対処コストとリスクを予防的に解消するコストの比較考量はしっかりとする必要があります。
もし想定外のことが発生して残り20年で1000万円の生活費が増大したとすると1年では50万円です。
節約とバイトでどうにとでもなる金額ではないでしょうか。
それと比較して40歳頃の3年の人生はとても貴重だと思います。

国家でも個人でもリスクの顕在化する確率とそのコストとリスク回避のためのコストの比較考量はとても大切です。
しかし国家でも個人でもリスクが潜在的な時には顕在化の確率と顕在化した場合のコストを過大視しがちで、リスク回避のためのコストも青天井になりがちです。
大切なのはリスク回避をある程度行いがらも国家や個人がベネフィットの最大化を目指すことです。

そうは言ってもリスクの顕在化する確率が分からないし、そもそも何が起こるかわからないというリスクもあるじゃないかと言われるかもしれません。
上で想定外の生活費の増大と書きましたが、生活費の増大の程度と確率の予測はほとんど不可能でしょう。
私は現在想定されるレベルでの対処で問題ないと思います。
例えば私は年金は70歳支給で現状の7割程度もらえると思っていますが、当たらずとも遠からずというところでしょう。
しかしリスクへの対処として現状の4割支給を想定しています。
このレベルでの漠然とした予想で構わないと思いますし、そもそも考えても正確に予想できるはずがありません。

しかしこのレベルであれば現状の社会情勢などから予想可能なのでリスクへの対処がある程度可能になります。
それ以上のリスクの対処となるともうどうしようもありません。
例えばハイパーインフレ、北朝鮮との戦争リスク、富士山の噴火や関東での壊滅的な大地震、隕石の落下などです。
これは誰もが回避不可能なリスクです。
平均的な日本人が回避不可能なリスクは誰もが同じなので考える必要はないと思います。
それらを回避するのは無限大のコストだからです。
世の中がカオスになっているのに自分だけは平穏無事に変わりなく暮らすのは望みすぎでしょう。

リスクは常識的な範囲、世の中の人が対処するレベル程度の対応で十分だと思います。
リスクを過剰に回避することで失われる利益を考えることのほうが大事です。
それでもやっぱりアーリーリタイアはリスクがあると考える人はリタイアから得られるベネフィットより働き続けることによる得られる安心感のベネフィットが高いのでリタイアしないことが正しい選択ということです。
しかし心配しなくてもほとんどのリスクは顕在化する前に死んでしまう可能性のほうが高いでしょうし、例え顕在化してもじきに死んでしまうのだからそれ程悩む必要もありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/02/18 16:16 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(10)

様々なアーリーリタイア

アーリーリタイアもだいぶ認知度が上がってきたように思います。
しかし世間的にはまだまだメジャーではないので十把一絡げのような扱いです。
ブログなども見ても一つのカテゴリーでくくれるような同質性はありません。

アーリーリタイアをグループ分けするときにはどのような指標、判断基準があるのでしょうか。

1、40歳リタイアの場合の資産額

・8000万円以上
これだけあれば大分余裕の持ったリタイアではないでしょうか。
月に20万以上の生活ができますし、大抵のことには対応できそうな資産額です。
20年間で平均400万円貯めればいいので総合商社などの給与水準の高い会社であれば十分可能な額です。
資産運用がうまくいけば高所得者でなくても十分可能でしょう。
実際に8000万以上の資産の人はブログなどを見てもそれなりにいるようです。
しかし考えてみるとこれだけの資産を形成しないとリタイアしないということは慎重すぎるか、ある程度の生活を望んでいるかということです。
リタイアの意識がそこまでは強くないから資産を増やし過ぎたと言えるのかもしれません。

・5000万円
これぐらいが若干余裕のあるリタイアという感じで理想ではないでしょうか。
それほど節約に励まなくても逃げ切れるかなと思います。
簡単な額ではないですが、平均的な収入プラス副業か資産運用で何とかなる額だと思います。
実際にリタイアした人たちもこの層が多いのではないでしょうか。

・3000万円以下
以前リタイアに必要な金額を試算した記事を書きましたが、その時の額が3000万円強でした。
私は3000万円でも十分リタイア可能だと思っています。
きちんと節約すれば簡単なバイト程度で十分やっていけますし、大抵の事には対応できると思います。
そもそも世間一般の人でこれほど資産を持っている人は少ないですからね。
3000万であれば20年間、平均150万の貯金でいいので高所得でなくても十分現実的です。

2、資産形成の方法

・給与所得
資産形成の基本ですが、収入によって資産形成に回せる額は当然異なります。
平均150万ぐらい回せればリタイアの達成確率はかなり高まると思います。

・資産運用
実際にリタイアに踏み切るほどの資産形成をした人は資産運用がうまくいった人が多いようです。
アベノミクスに乗れた人は一気に資産を増やしたことでしょう。
リタイアできるかどうかの肝は資産運用であることが事実でしょうが、アベノミクスのような幸運に乗れるかどうかは運しだいです。
リスクもあるしマイナスにはならなくてもほとんど儲からないということもあるでしょう。
もちろん資産運用がうまくてアベノミクスに関係なく稼げる人には問題ないでしょうが。

・副業
仕事を持っていてのバイトは難しいかもしれませんが、アフィリエイト、ミステリーショッパー、ポイントサイトであればしている人が多いでしょう。
これらはリタイア後の収入になるのでリタイア前に収入源として確立してしまうと大きな支えとなってくれると思います。
10万ぐらいの副業収入がある人もいるようです。
私はこの類のことは面倒で仕方ないので結局このサイトにアドセンスをはっただけで終わりました。
年間でも2回の飲み代ぐらいしかアフィリエイト収入がありません。
月に1万以上も稼ぐのはすごいなと感心します。

3、リタイア達成年齢

多くの人がリタイア達成の目標を40歳程度としているようです。
大学卒だと20年弱働くことになりますしキリのいい年齢ではないでしょうか。
大抵の人は40歳頃から好奇心が減り、老化を感じます。
人生の残された時間を意識し始めるころなので45歳ぐらいまでにはリタイアしないと現役でのリタイアという感じがしなくなります。
逆に30歳ぐらいでのアーリーリタイアはそもそも現役で働いていた期間が短すぎてリタイアとは言えないのではないかと思います。
私の理想としては35歳ぐらいです。
35歳ぐらいで社会や組織の仕組み、働くということについてある程度理解できたように思います。

4、所得階層

リタイアといえば昔は高収入か株で一発当てた人がするものというイメージがありました。
しかし今では高所得層だけでなく低所得層もリタイアを目指す人が増えています。
ただ所得階層によってリタイアに対する考え方や思考方法はだいぶ異なると思います。
高所得であれば自分に自信を持っている人がいるかもしれませんし、仕事がきつすぎて疲弊している人もいるでしょう。
低所得であれば自分を負け組と思っている人もいるかもしれませんが、今時の若い人は収入-生活費が大事という考えの人が多いようですし、低所得でも生活の楽しみ方も資産形成の仕方も分かっている人がいるでしょう。

5、リタイア後の収入

リタイア後にもバイトやアフィリエイト収入がある人は多いようです。
資産がぎりぎりでやらざるを得ない人も多いと思います。
リタイアを早めたいならばリタイア後の収入を考える必要があります。
ちょっとした刺激や生活のリズムのためにバイトをする人もいます。
リタイアしたんだからもう仕事に時間を取られたくないという人、世間と交わったり刺激を少し受けたいという人、資金的に収入が必要という人がいるのでしょう。
私は現在1日6時間、週3日のバイトをしていますが、結構楽しくやっています。
ただ週3日がぎりぎりです。それ以上だと時間を取られ過ぎになります。
理想は1日5時間、週2日のバイトですね。

6、生活レベル

当たり前ですが生活レベルを下げれば下げるほどリタイアの達成は近くなります。
アーリーリタイアを目指す人の生活はやはり堅実です。
月の生活費が10万から15万程度が多いようです。
アーリーリタイアの中では特殊な層になるかもしれませんが、小屋暮らしの人たちは月5万程度のようです。
生活レベルに関しては節約層、超節約層があるだけで、それほど多様性はないかもしれません。
私は昔から気分によって生活レベルの上下が激しくリタイア後は生活費はかなり落ちていたのですが、今年から跳ね上がっています。
バイト収入が当初の想定よりかなり多くなったので気分が大きくなっているようです。

7、リタイアの理由

・仕事をするのが嫌だから
ブログを読んでいるとこのタイプが多数派のようです。
さらに分けると仕事がうまくできなかったりコミュ障タイプの人がいます。
働く場所に自分の居場所を作ることができないのは確かに辛いと思います。
また働くことを美徳とする社会や会社の風潮を嫌う人に分かれると思います。
少々意識過剰のような気もしますが自分の感覚と一致しないところにいることのしんどさは分かります。

・自分の時間が欲しいから
それほど仕事が嫌いとか辛いというわけでないけれども有限な人生を考えると仕事に費やす時間は最小限にしたいというタイプです。
私もこのタイプで仕事がそれほど嫌だとは思ったことがないですし、仕事から多くのものを得ました。
特に自分でビジネスを作り上げてそれをうまく軌道に乗せることができたときの喜びは格別だと思います。
それでも私は歴史や哲学、生物学、古生物学、宗教学の知識が深まっていくほうが喜びがありますし、ミステリを読んでいるときの幸福感は何物にも代えがたいです。
バックパッカーで世界を見ることの驚きと喜びは残念ながら無くなってしまいましたが。

・ただ何となく
少数派かもしれませんが、気づけばリタイアできるだけの資産ができたので会社を辞めたという人が意外といるようです。

8、社会との距離感

もしかするとこれが一番特徴的なのかもしれません。
リタイアする理由に重なりますが、社会からの疎外感や違和感を感じる人とそうでない人に分かれるように思います。
リタイアブログにはルサンチマンを抱えていてそれの反動、答えとしてリタイアがあるように思えることが多いです。
私自身は何だかんだ言っても今の日本はかなりうまくいっていると思っていますし、この時代に生まれてラッキーだったと思っています。
社会にはあまり興味を持っていないですが、今の日本社会には感謝したくなります。

9、リタイア後の生活スタイル

これは引きこもり派とアクティブ派に分かれると思います。
旅行、趣味、バイト、友人との飲み会などと外に出るのが楽しいタイプとひたすら引きこもるタイプです。
私はバイトはしていますが、断然引きこもり派です。
引きこもっていてもやることが沢山あるのでいつも時間が足りない感があります。
これについては引きこもり派のほうが多い印象があります。
ただアクティブと言っても仕事をしていないわけですから、定期的に外へ出かけるという程度だと思います。
そうすると世間一般からすると引きこもりの部類になるのかもしれません。

思いつくままに書いてみましたが、これらを調べてリタイア志望者、達成者の分布状況を見ると面白かもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2017/02/11 15:40 ] アーリーリタイア | TB(0) | CM(9)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方