人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

アーリーリタイアと世間体

アーリーリタイアのデメリットとして世間体が気になったり、社会的な信頼がないことを上げる人がたまにいます。
いい年して独身であることと似ているかもしれません。
40歳になっても独身なんて何か問題があるのだろうという人も実際にいるようです。

いつも思うのですが、世間体が悪いとは具体的にはどういうことなのでしょうか。
よほどの田舎に住んでいるならもしかすると周りにいつも陰口を言われるのかもしれません。
しかし、普通に暮らしていて非難されたりするようなことがあるのでしょうか。
あるいは馬鹿にした視線でも感じるのでしょうか。
何か自分を委縮させてしまうようなことが起きているのでしょうか。

世間体を感じてしまう人は自分の中で何らかのコンプレックスを持っているだけなのではないかと思います。
自分の中で世間を作り上げてしまい、自分の内部で作り上げただけの視線を気にしているのではないでしょうか。
ネットのような特殊な空間で肥大した妄想を抱えてしまうタイプの人は世間に過剰な意識を持っているタイプが多いように思えます。
世間は自分やその周りの小さな世界で成り立っているのはなく、もっと大きなもので、そのもっと大きなものはちっぽけな自分のことなんか心にとめないと考えられないのでしょうか。

あるいは多数派に所属しないと不安になるという人もいるかもしれません。
もしそうなら何事も多数の人のやり方を真似るしかありません。
結婚して家族を養い定年まで働けばよいのです。
それが幸せなのですから。
しかし、これも世間というよりは個人の問題だと思います。
なぜならこの世間というのもその人自身が作り出した世間でしかないからです。

自分は仕事ができないとかコミュ障だからリタイアを目指したのであり、それは仕事から逃げたことだと考える人もいるかもしれません。
しかし、リタイアできた努力は全く別物でそれ自体は素晴らしいことですし、その仕事を辞めたということは仕事のコンプレックスはもう必要ないはずです。
仕事をする必要がないのですから、する必要のないことにコンプレックスを持つことは無意味です。
これも世間体というより自分自身の問題でしょう。

もちろん個々の人で非難めいたことが実際に言う人はいるかもしれません。
でもこれは世間というよりは他人に嫌味を言いたがる人のパーソナリティの問題です。
自分には合わない面倒な人という扱いで何の問題もないです。

私は世間体を気にするどころか、勝ち組だと思ってしまっています。
面白くもなく意義を見出せないことをできるだけやらずに、自分がやりたいことをできる充実した生活を手に入れることができたのですから。
もちろん働いている人を馬鹿にすることはありません。
いやいやで働いているのは辛いだろうけど立派なことだし、働くことに意義を見出している人は尊敬できます。

世間などというものは存在しません。
都合の良いときにでっちあげられて利用されるような代物であり、個人が気にすべきものではありません。
世間を持ち出す人がいれば、それはその人個人の主張以外の何物でもなく、その人は決して世間ではありません。

そういえば先日北海道の彼女の実家に遊びに行き、両親ともあいました。
40歳をこえてフリーターをしているおっさんが堂々と遊びに行ってしまいましたが、私がフリーターであることをどう感じているのでしょうか。
私自身は何にも気にしていませんでしたが、よくよく考えると「世間一般の」人である両親は娘の恋人がフリーターとはと心配しているかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/04/21 17:01 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(24)

アーリーリタイアと恋愛

世の中のアラフォー男性や女性はどの程度結婚したいとか恋人が欲しいと思っているのでしょうか。
私も私の周りの人も30代前半ぐらいからそういうことに興味がなくなっている人が多いような気がします。
婚活に励んでいる人もいますが、独身の半分にも満たないように思えます。
もちろん相手を探しているそぶりを見せないという人もいるでしょうが。

私も彼女がいないときに積極的に探していたのは30歳ぐらいまでです。
基本的に1人が好きだし、他人に対する依存心みたいなのがありません。
結婚したいと思ったことがないし、子供が欲しいと思ったこともありません。
現在もそうです。

久しぶりにできた彼女は6歳下で40歳が迫ってきているアラフォーなので、アラフォーの婚活ブログなんかを最近読んでいます。
株のニュースで婚活関連の事業をしている会社がよく出てきて盛り上がっているなとは思っていましたが、世の中婚活がこれほど一般化しているのかと驚いています。

東京では40歳女性でも未婚率が25%だそうです。
東京なら探せば見つかりそうな気もしますが、アラフォーともなると簡単に異性にときめくこともないでしょうし、条件から入る傾向が多いようで簡単にはいかないようです。
20代であれば例え相手が借金持ちとか非正規とかであっても付き合ったり、勢いで結婚する例も多いと思いますが、30歳を超えるとそうもいかないのでしょう。

アーリーリタイアをした人はどうなのでしょうか。
40歳でリタイアした男性だとすると対象の女性は35歳から40歳ぐらいでしょうか。
リタイアした男性が彼女ができることの利点は人との交流が維持できることだと思います。
私は人と接しなくても全く問題ないのですが、バイト先や彼女との関係も楽しいものだとも思っています。
やはりそれだけ人生が充実するのも確かでしょう。
ちなみに私は自称グルメでおっさんが一人で行きにくいようなフレンチやパンケーキの店などに彼女と行けるようになったのはとても助かっていて楽しいです。

デメリットは何でしょうか。
やはり結婚と子供を望まれたときでしょう。
40歳ぐらいまではそこそこ自然妊娠も可能性があるし、体外受精という手もあります。
子供が出来たら仕事に復帰しなければならない可能性がでてきます。
今さらフルタイムでしかも条件が以前より悪くなる可能性があるのに働くのは相当辛いでしょう。
リタイア人生が一気に崩壊です。
リタイアしてから付き合ったのなら結婚してもリタイア生活を相手が許容するかもしれません。
相当理解のある人なら子供ができたとしてもバイト程度で許してくれるかもしれませんね。

では女性側はリタイアして社会からドロップアウトした男性と付き合いたいと思うのでしょうか。
以外と需要はあるのではないかと思っています。
子供を欲しいと思っていなくて経済的に安定しており相手の年収や社会的地位にこだわらないタイプの女性です。
東京では30代後半の自立した女性なんていくらでもいます。
その中で彼氏を強く望んでいるわけでもないけどいたほうが人生楽しいなと思っているような人も一定割合でいるはずです。
リタイアしたと言えど経済的には問題なくて、旅行などの時間の融通がきく男性は意外と魅力的ではないでしょうか。
ただしそういう女性は恋人探しに切羽詰まっているわけでもなく余裕があるので、相手にある程度の頭のよさや性格の良さなどを求めるかもしれません。
私も含めてリタイアした人は少々性格が歪んでいたり、お金にこだわる人が多いと思うのでそのあたりは注意しないといけないと思います。

さて、彼女の友人はアラフォーフリーターなんてやめといたほうがいいの大合唱です(笑)
付き合うからにはちゃんと働くんだよねと言う人もいるそうです。
そんな気は全くありませんし、今のバイトを辞めたら完全リタイアするとも彼女には言っています。
私が金銭的に彼女に依存する可能性が高いと思われているのでしょうか。
あるいは社会人として中途半端な男はよくないということでしょうか。
社会の視線というのはまだまだ固定観念に縛られているようです。
彼女は私が自分の力で食べていけるなら問題ないそうです。

リタイアして時間ができると趣味関係や旅行などで出会いはけっこう転がっているのかもしれません。
今時のアラフォーはまだまだ若いですし恋人を作るのも悪くないリタイア人生だと思います。
私の場合はバイトもしているしちょっと時間のやりくりに苦労していますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/03/24 16:11 ] アーリーリタイア | TB(-) | CM(4)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方