人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

たばこの税金は下げたらどうか

この20年ぐらいで喫煙者のマナーが劇的に改善したと思います。
今では受動喫煙はほとんどなくなりました。
私は非喫煙者なのでたばこの匂いがかなり気になるほうです。
しかしここまで分煙や喫煙者のマナー向上が徹底されるとこれからは喫煙者の権利を尊重すべきであろうと考えています。

私は自由を尊重するので喫煙者がたばこを吸う自由ももちろん尊重します。
自分がたばこを吸わないからといって喫煙者の権利を侵害しようとは思いません。
自分は非喫煙者だから喫煙者から税金を巻き上げろと言う気持ちは全くありません。
自分の懐が痛まないのなら、国民や金持ちからお金を巻き上げればいいじゃんという発想と同じです。
少しでも攻撃できるところがあれば自由を奪ってしまえという非寛容な雰囲気は私には息苦しい社会です。

たばこによる社会的コストが発生する場合はある程度の費用負担を課すのは当たり前のことです。
しかしことあるごとにたばこ税を上げようとするのは弱い者いじめのようでどうかと思います。

受動喫煙防止のためと言いますが現在受動喫煙なんてほとんどないように思います。
歩きたばこをしている人はだいぶ減ったし、喫煙所の側を通るときぐらいではないでしょうか。
5分以上の受動喫煙はほとんどないのになぜ税金を上げる必要があるのか分かりません。

喫煙者数を減らすためというのもありますが、そんなものは本人の自由だと思います。
たかだか10年の寿命が縮まるぐらいは問題ないという人は少なくないでしょう。
人生の最後の10年なんて大したこともできないでしょうし。
ある程度の知識の普及は必要でもたばこ程度の健康被害であれば個人の自由で喫煙すればよいのです。

喫煙者には医療費がかかるという問題もあります。
しかし社会的費用がかかるかといって非寛容になりすぎるのもどうかと思います。
人が生きる以上は様々なことで費用は掛かります。
ただ本当のところは医療コストはそれほど大きなものなのでしょうか。
私の叔父二人はヘビースモーカーで肺がんで70歳で亡くなりました。
70歳以降の医療費、年金、介護費などのもろもろの高齢者のための負担、相続税、それにたばこ税を合わせると亡くなるまでの医療費をはるかに上回っていたと思います。
また当然スナック菓子、ケーキ類、清涼飲料、ファストフード店、居酒屋などにも税金をかけないと公平性に欠けます。
PCやスマホも長時間の利用は体への負担が大きいので通信税も必要です。

私は喫煙者にイラッとすることはほとんどなくなりました。
酔っ払いや歩きスマホにイラッとすることのほうが多くなっています。
もちろん歩きたばこをしている人にはイラッとします。
しかし一部のマナー違反に目くじらを立てて喫煙者はダメだと言うほど非寛容な人間ではないつもりです。

それにしても人は他人を攻撃するのが好きです。
特に反論がしにくい他人を叩くのは楽しくて仕方がないのでしょう。
沖縄で「土人」発言があったそうですが、反論できない相手に全精力を傾けて攻撃するのは気持ちのいいものです。
しかし人間は完ぺきではないですし、そのために寛容はとても大切です。
正しい俺たちが迷惑をかける奴や悪いやつらを叩き潰すという発想は0か1かを求める窮屈で貧困な発想だと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/10/29 12:01 ] どうでもいいこと | TB(-) | CM(10)

1人でスタバに入れない人

1人でスタバやマクドに入れないという人に何度かあったことがあります。
スーパーでさえ行くのが嫌でできるだけ保存の効くものを買いだめしている人もいました。
最近はネットスーパーが充実してきたし、アマゾンでもいろいろなものが買えるのでそんな人にはいい時代になってきています。

1人で焼肉店に行けるか、女性一人で吉野家に行けるかなどとよく言われます。
逆手にとっておひとり様用の焼肉店、しゃぶしゃぶ店などが出てきています。
店に入ってから最後まで誰とも会うことのないラーメン店をニュースで見たこともあります。
ひとりカラオケも完全に市民権を得たのではないでしょうか。

何故恥ずかしいのかというとそれはターゲットとされている客層に自分が当てはまらないと考えることが大きいと思います。
昔の吉野家は男性をターゲットとして、女性は入りにくかったと思います。
ファミレスもその名の通り昔はファミリー向けで1人客を想定していなかったのではないでしょうか。
1人客をターゲットとしていない店に1人で滞在するのは普通は居心地の悪さを感じるでしょう。

私も1人で居酒屋に入れないし、フランス料理などの店には入れないです。
フランス料理は男の友人と入る勇気ももちろんないので女友達と飲む機会を利用してフランス料理を食べに行くようにしています。
ドレスコードのある店にもいけないです。

しかしスタバやマクド、吉野家は1人客が主要なターゲットです。
これらの店に入れないのは注文することに対する恐怖感や、見知らぬ集団の中で空間を共有することへの恐れなどがあるのかもしれません。
あるいはどのようにみられるかという自意識過剰があるのかもしれません。

私はスタバに入るなどは全く躊躇しませんが、かなり自意識過剰な人間なので気持ちは分かります。
何かをするためには恥をかかないように相当の下調べをしておかないと不安になります。

昔、クラブの大会で選手宣誓をするときは恥ずかしさのあまりきちんと宣誓できたのかさえ分かりませんでした。
仕事でプレゼンやセミナーの講師をする機会が多かったときは毎回不安感や恥ずかしさでいっぱいでした。
ネットで下調べは完了しているのですがいまだにコンビニコーヒーを買う勇気を持てません。
電車の中でゲームをしたり、漫画を読むなんて恥ずかしくてできません。
人に質問するときは下らない質問ではないかと思ってしまい、ぎりぎりまで自分で解決しようとします。
聞くは一時の恥と言いますが、相手が一生覚えていたら一生の恥だと考えてしまうのです。
一方で聞かなくてもいつかは知る機会があるはずです。
私は子供の頃の恥で今でも鮮明に覚えていることが多くあります。
そして思い出すたびに落ち込んでいます。
私以外はそんなことがあったことを誰も覚えていないにも関わらず。

ただ大抵のことはどれも一度経験してしまえば何でもないことです。
プレゼンなんかも数をこなすと少しずつ慣れてきます。
それでも仕事でもない限りはその小さな一歩を踏み出すのは難しいことです。

一方で自意識なんて全くないのではないかという人もいます。
人にどう思われるかを気にもかけないし、気づきもしないのはある意味羨ましいです。
こういうタイプの人はうまく嵌まると成功するタイプだと思います。
そうでない場合はかなりめんどくさくなりますが。

学生時代の友人でファミレスや定食屋で注文の時に必ず大盛りは無料かと聞く友人がいました。
私などはメニューで確認して無料だったら大盛りを頼みますが、友人は気にせずにとりあえず無料かどうかを確認するのです。
メニューに記載がなくても無料の可能性があるのだから聞くのだと言っていましたが、私にはとても聞けなかったです。
しかし確かにメニューに記載がなくても大盛りを無料にしてくれる店はかなりありました。
学生が行くような店が多かったからかもしれませんが。

最近行きつけの寿司屋を一つ増やすことができました。
存在を知ってから3年ほどでようやく勇気をもって入ることができました。
また一歩大人になることができました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2015/06/20 12:54 ] どうでもいいこと | TB(0) | CM(3)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方