人生の暇つぶし

2016年にリタイアしました。アーリーリタイアや資産運用、旅、読書などのネタを徒然なるままに書き綴ります。

2018年11月のお奨め本

2018年11月に読んだ本の中でお奨めのものを紹介します。

・AIとBIはいかに人間を変えるのか (波頭 亮)

今後社会的にインパクトを与えるであろうAIと近年議論が途切れないベーシックインカムについての基本的な考え方とこれらが社会にどのような影響を与えるかを解説しています。

AIによって想定される労働力の過剰と仕事をしなくても生存を保証するベーシックインカムがセットで議論されることが多くなっているようなので本書を手に取ってみました。
AIとベーシックインカムの基本が手っ取り早くわかるので基本的なことを知りたい人にはお薦めだと思います。

ただしやはり一般人向けということもあり議論が大雑把ですし、著者が期待しすぎているのかこれらを肯定的に捉えすぎの印象を受けました。
また歴史や経済からの見解を述べることがあるのですがこれらの議論が浅すぎて全体が軽い印象になっています。

私はベーシックインカムの基本的な考え方は賛成です。
社会保障はベーシックインカムのようにシンプルな方法以外は著者が言うように利権の温床と非効率を生み出すだけだからです。
けれども現在の時点では財政的に不可能で著者も資産課税と消費税の増税で賄う考えです。
要するに金持ちの負担を一気に上げるということです。
今はまだ効率的な生存権の保障というよりは富の在り方や格差の是正がベーシックインカムの議論の本質になってしまっているのではないでしょうか。
しかし、AIが本当に人類の仕事のほとんどを代替してくれる日が来たならベーシックインカムも夢ではなくなるのでしょう。



・大分岐―中国、ヨーロッパ、そして近代世界経済の形成―(K・ポメランツ)

西欧が資本主義と産業革命によって近代社会へと発展して他の世界とは決定的に差をつけたのはいつなのでしょうか。
そしてその原因は何なのでしょうか。

西欧が成功したその秘密を探ろうとすると産業革命だけではなく、様々な制度やあるいは心性にまで資本主義的な萌芽を求めると時代はどんどん遡っていくことになります。
ローマ時代、ギリシャ時代にまで遡ることになるかもしれません。

しかし、著者は西欧と中国やインドを比較すると18世紀までは両者の社会、経済がそれほど大きくは変わらず、技術や市場の発達など西欧が優れていた点もアジアが優れていた点もあるとします。
では何が西欧と残りの世界を分けたのでしょうか。

著者は西欧が生態環境の制約を突破することができたからだと主張しており、それが19世紀に入ったころだとしています。
それまでは西欧も残りの世界も食料生産や利用可能な材木の制約が経済、人口成長を阻んでいました。
しかし、西欧、特にイギリスは石炭を利用することができるようになり、そしてより重要なことですが、新世界から食料や材木の調達をできるようになったことが残りの世界との決定的な差となりました。
西欧だけが工業製品を輸出して、食料や材木を輸入するという生態環境の制約を突破したのです。
産業革命を推し進めるには工場で働く労働者、食料や材木の輸入、工業品を売る市場がなければ不可能だったでしょう。
中国や日本にはできなかったことですが、西欧がこのような運に恵まれなければ中国や日本が先に近代化する可能性もあったということになります。

これらの議論を様々な資料を駆使して議論しています。
具体例を通して生態環境の制約がどれほど影響を与えるかがよく分かります。
専門書で事例が多いため冗長に感じるかもしれませんが興味がある人にはぜひ読んで欲しい力作です。




・ナイスヴィル 影が消える町 (カーステン・ストラウド )

ナイスヴィルという町で少年が忽然と姿を消しますが、封印された墓で発見されます。
もともとナイスヴィルは失踪者が異常に多い町だったのですが、それから銀行強盗や失踪、殺人事件が次々と起こります。
失踪した少年を引き受けた弁護士のケイトと夫である刑事のニックはナイスヴィルの不吉な影に翻弄されていきます。

種類としてはホラー小説になると思いますが説明しにくいジャンルです。
不吉な事件が立て続けに起こり徐々にナイスヴィルの呪われたある一族の歴史が明らかになっていきます。
ハラハラドキドキのエンターテインメントというのもではなく、じわじわと来るという感じです。
この世界にはまれない人には文学小説のような退屈なものかもしれません。
文庫本6冊の長編です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2018/12/13 18:26 ] はじめに | TB(-) | CM(2)

受験参考書の思い出

受験シーズンですが、現在の高校三年生は120万人ほどだそうです。
私の学年は200万人ほどですのでえらく人が減ってしまいました。
私の時代は浪人生の割合が高かったですが、現在は浪人生の割合は大分少なくなって予備校も経営が大変だろうと思います。
人口が少なくなっているので当然競争率も低くなっているようで、母校の先生と話していると私の時代の阪大生が現在の京大生のレベルのような感覚だと言っていました。
国立はまだしも早稲田や慶応になると一般入試でもかなりレベルが低下したそうです。

それにしても私の世代は人が多すぎて小学校のクラスは60人ぐらいでしたし、大学受験も厳しくさらには就職氷河期でした。
なんともついていない世代です。

最近読んだ本で大学受験の現代文の問題を使って文章の解説をするというユニークな本を読みました。
そこで受験時代に使った参考書で面白いかったものを思い出しました。

1、思考訓練の場としての英文解釈(多田正行)

一部の難関校受験生に熱狂的に支持された参考書です。
この本を知っている人は通な人でしょう。
ハイレベルな問題とそれをとことん突き詰めていくというスタイルは快感を覚えてしまいました。
そして何より面白いのは今となっては化石となったマルクス主義的な罵倒するような文章です。
1973年の発行なので時代状況をよく表しています。
ここまでとことん考えることを要求する参考書は中々ないと思います。
英語がとにかく嫌いだった私ですがこの本だけは最後までやり通しました。
家にまだ置いてあるのでいつか読み直そうと思っています。
まだ買えるみたいです。



2、有坂誠人の現代文速解例の方法―試験で点がとれる (有坂誠人)

この本は選択式の問題を本文を読まずとも選択文だけから正解を得る方法を解説しています。
出題者は正解を作ってから誤答のバリエーションを作成します。
ではどのように誤答を作成するのかを出題者の心理を推測することにより本文を読まなくても正解が分かってしまうのです。
この本をマスターしておくと選択に迷ったときに絶大な効力を発揮します。

まさしく邪道の参考書です。
けれど受験というのはあくまでゲームと割り切るなら決められたルールのもとで合格を勝ち取るのもアリのはずです。
センター試験では選択に迷った時にはこの「例の方法」で答えを選んでいました。



3、大学への数学

これはかなり有名なので知っている人が多いでしょう。
理系の難関校を受験する人はかなりの人が使っていたのではないでしょうか。
私が利用していたのは雑誌ではなく別冊のようなものだったと思います。
私は文系ですが数学が一番得意でこの歯ごたえのある問題をよく解いていました。
今にして思えば理系を選べば良かったと思っています。
とにかく楽をしたくて勉強をしたくなくて全体的な勉強量が少ない文系を選んでしまいました。
理系の素養がしっかりとしていないと文系科目の理解が難しいなと思う今日この頃です。



そして最近読んだ本ですが、

4、哲学の誤読 ―入試現代文で哲学する! (入不二 基義)


大学入試の現代文の問題を4問解説しています。
出題文の著者は野矢茂樹・永井均・中島義道・大森荘蔵です。
全て時間に関わる内容です。
著者も時間についての本をいくつか出版しています。

短い出題文ですが丁寧に解説しており哲学の入門書としても読めます。
面白いのは出題者や模範解答のにも突っ込みを入れているところです。
模範解答では確かにきちんと理解できないなと思うところが多々ありました。
文章を丁寧に読むことを教えてくれると思います。
内容は受験生レベルなのでとても簡単です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

[ 2016/01/30 15:59 ] はじめに | TB(0) | CM(4)
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンクとコメントを頂いた方